オムロン ヘルスケア株式会社:労働寿命の高齢化に伴い、人材の流動化は止まるはず。

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

オムロン ヘルスケアは吉政忠志氏のコラム「労働寿命の高齢化に伴い、人材の流動化は止まるはず。」を公開しました。興味がある方はご覧ください。
###

少し前の話になるが、2019年1月3日の日経新聞朝刊に“衰えない肉体、寿命150歳 遠のく「死」問われる「生」“という記事が一面に掲載されていた。

医療技術の進歩やヘルスケアの浸透により、平均寿命は年々伸びており、世界的には毎年3か月平均寿命が延びているそうだ。日本でも50年後には平均寿命が100歳を超えると言われている。それに伴い労働寿命も延びていくはずだ。

一方で人材の流動性については、20年近く前までは、ゆりかごから墓場までと言われていたとおり、1社で勤め上げることが良しとされ、新卒で入社した会社をそのまま定年する人が多い時代だった。その後、日本企業文化や経営スタイルの欧米化が進み、人材は流動化してきた。IT業界などでは3年ごとに転職するようなエンジニアがいてもおかしくはない。

一方で今後、先進国を中心にAI(人工知能)化が進み、労働環境は大きく変わっていく。多くの仕事がAIに置き換わっていくかの如く、感じている読者の方も多いはずだ。その顕著なニュースとして私は以下の記事が印象に強く残っている。

(この続きは以下をご覧ください)

https://datahealthcare.omron.co.jp/series/yoshimasa201903

スキマ時間に体を動かそう!お気に入りのトレーナーを見つけて、オフィス、家、公園などでトレーニングができるサービス「mooves - ムーブス」が3月20日(水)より事前登録の受付を開始

トップへ戻る

保育ICT化支援事業を行う「Kids Diary」へのKOIF3号を通じた出資について

RECOMMENDおすすめの記事

Recommended by Outbrain