3分では作れない!?新感覚のプラモデル「カップヌードル」が誕生!『BEST HIT CHRONICLE 1/1 カップヌードル』「カップヌードル」の誕生日である2020年9月18日(金)に発売

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

株式会社BANDAI SPIRITS(代表取締役社長:福田祐介、本社:東京都港区)は、日清食品株式会社(代表取締役社長:安藤徳隆、本社:東京都新宿区)が販売している「カップヌードル」を組み立てるという新感覚を体験できるプラモデル『BEST HIT CHRONICLE 1/1 カップヌードル』(2,420円・税10%込/2,200円・税抜)を、「カップヌードル」の誕生日である2020年9月18日(金)に日本国内で発売し、以降海外でも順次発売予定です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/214185/img_214185_1.jpg

■ 『BESTHITCHRONICLE1/1カップヌードル』誕生の背景
『BEST HIT CHRONICLE』は、昭和・平成の世に出た各企業の「ヒットプロダクト」を、BANDAI SPIRITSのプラモデル工場「バンダイホビーセンター」による令和の最新技術などでキット化する2019年(令和元年)に誕生したブランドです。
本商品は、およそ半世紀にわたり世界中の人々のお腹を満たし、20世紀最大の発明とも言われる「カップヌードル」をキット化することで、慣れ親しんだ食品を今度は自らの手で“組み立てる”という新感覚を提供し、「カップヌードル」というプロダクトをより知ってもらうと共に、プラモデルの進化、作ることの楽しさを、多くの方々に体験していただきたいという想いから日清食品とのコラボレーションが実現しました。
幼いころから何気なく食べてきた食品を、自らの手で“組み立てる”ことで、「こんなにも考えられた構造をしていたのか!」と“新たな発見”につながる商品が『BEST HIT CHRONICLE 1/1 カップヌードル』です。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/214185/img_214185_3.jpg
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/214185/img_214185_5.jpg
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/214185/img_214185_6.jpg

なお、6月2日(火)より本商品のPVを公開中です。
(URL:https://bandai-hobby.net/site/besthit_chronicle/

■ 『BESTHITCHRONICLE1/1カップヌードル』商品概要
“本物”へのこだわりは、麺塊を実際に3Dスキャンすることで形状を再現。お湯を注いだ麺が、自然とほぐれて均等に水分を吸収する、上部の密度が高く、下部の密度が低いという「カップヌードル」特有の「疎密麺塊構造」をも踏襲し、よりリアルな造形を実現しています。
具材についても麺塊と同じく3Dスキャンにて形状を再現。実際の商品同様「たまご」「エビ」「謎肉」を一つ一つ別形状にて設計してパーツ化。ネギは「バラン」を帯状にして付属することで、お好みの量・大きさで刻むことができます。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/214185/img_214185_7.jpg
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/214185/img_214185_8.jpg

カップの側面は取り外しが可能で、普段は見ることができない「中間保持構造」もお楽しみいただけます。
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/214185/img_214185_9.jpg

「CUP NOODLE」ロゴは、「カップ下地の白」「ロゴのフチの赤」「ロゴの文字の白」の3層構造で、パーツを重ね合わせていくことで組みあがる構造です。シールではなく成形色での色分けにこだわり、自らの手でロゴを組み立てていく新感覚を味わえます。
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/214185/img_214185_10.jpg

半世紀不変の慣れ親しんだカップデザイン。特徴的な金色の破線模様をもパーツ分割で再現。パーツが噛み合い破線模様が浮き出る構造です。
また、カップ内部には、内側のお湯の注ぎラインまでも再現しています。
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/214185/img_214185_11.jpg

注意表記、成分表記、アレルギー表記からお客様相談室の案内まで、「カップヌードル」のパッケージに印刷されたすべての文字を精密なモールド、フォントで再現しています。文字色再現用のシールも付属。また、塗料を流し込み“墨入れ”をする模型ならではの楽しみ方もできます。
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/214185/img_214185_12.jpg

表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/214185/table_214185_1.jpg

■ BANDAISPIRITSのプラモデル工場「バンダイホビーセンター」について
バンダイホビーセンターは、BANDAI SPIRITSのガンプラをはじめとしたプラモデルの生産拠点として2006年に静岡県静岡市葵区長沼にて竣工しました。バンダイホビーセンターでは、自社のオリジナル技術である1つの金型に4つの色、4つの異なる素材を同時に成形できる特別な成形機「4色射出成形機」を使うことで、単色成形では4枚になるランナーが多色成形では1枚になるなどプラモデルの作りやすさや組立後のカラーリング再現の追求を行うと共に、使用電力量の低減や使用材料の省資源化といった環境負荷低減も目指しています。
1980年より販売し、2020年に40周年を迎えたガンプラは、2019年4月に累計出荷数5億個を突破する人気商品となっています。
バンダイホビーセンターは、現在も多色成形技術を活用したさまざまな技術を生み出しプラモデルを進化させています。また、新工場を建設中で、2020年秋より稼働することでプラモデル生産能力の強化を図ります。
画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/214185/img_214185_14.jpg
画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/214185/img_214185_15.jpg
画像左)4色射出成形機(多色成形機)
画像右)多色成形機で4色成形したランナー

■ 「カップヌードル」について
1971年9月18日に誕生した世界初のカップ麺であり、インスタントラーメンのNo.1ブランド。2019年度の日本国内における売上は1,000億円を突破した。さまざまな知恵と革新的な発想を結集した日本発の「地球食」は、世界の80以上の国と地域で愛され、その累計販売数は450億食に上る。発売以来、味やパッケージデザインはほとんど変わらないが、「100年ブランド」を目指して常に進化を続けている。

(C)NISSIN FOOD PRODUCTS, CO., LTD.

※プレスリリースの内容は2020年6月2日現在のものであり、予告なく変更する場合があります。
※画像は開発中の設計データを使用したCGです。
※「プラモデル」はプラモデル工業協同組合の登録商標です。
※本商品は食べられません。※実際にお湯を注がないでください。

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press

北九州市:「グリーンエネルギーポートひびき」事業これまでの10年と今後の展開【JPIセミナー 7月9日(木)東京開催】

TOPへ戻る

セレクトショップ「ラブレス」 ラブレス×JUN INAGAWAコラボTシャツを「ラブレス青山」で6/6(土)発売

RECOMMENDおすすめの記事