LINEで温泉や観光地を紹介する「別府市観光アカウント」開設にむけ別府市民と全国のファンによるおすすめ観光ルートの募集を開始

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

LINE Fukuoka株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:落合 紀貴)は、別府市と締結した「地域協働事業に関する基本合意書」に基づいて、別府市の観光専用LINE公式アカウント「別府市観光アカウント」の開設に向け準備を進めています。2020年7月3日より、別府市民ならびに全国の別府ファンの皆さまからの「私がすすめる別府観光ルート」を募集することになりましたのでお知らせいたします。

■市民参加型の観光づくりに取り組む「別府市観光アカウント」
「別府市観光アカウント」は、別府市とLINE Fukuokaが協働して開設する別府観光のためのLINE公式アカウントです。
「LINE」で温泉や観光地を探したり、アクセス方法や営業時間を調べたりできるアカウントで、2020年9月のサービス開始を予定しています。

この「別府市観光アカウント」に、自治体や観光関係者だけでなく、市民や観光客のアイデアも取り入れるため、このたび、別府市民や全国の別府ファンの皆さまから「私がすすめる別府観光ルート」を募集します。
おすすめの温泉・観光施設・グルメ・アクティビティをはじめ、ユニークな別府での過ごし方、旅時間の楽しみ方を紹介していただき、「別府市観光アカウント」のコンテンツ作りに反映させていただきます。

地元の方々や観光客の皆さまのおすすめによってコンテンツが充実していく、市民参加型のアカウントを目指します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/217093/LL_img_217093_1.png
市民参加型の「別府市観光アカウント」
※アカウント画面はイメージです

■「私がすすめる別府観光ルート」応募要項
・対象
別府市民ならびに全国の別府ファンの皆さま

・応募内容
3時間・半日・1日のいずれかで回れる別府市のおすすめ観光スポット3カ所を一つのルートとして、おすすめポイントとともに応募用紙に記入してご応募ください。
お寄せいただいたものはそのまま画像化して掲載しますので、イラストや写真を添えていただくことも可能です。

・応募方法
応募用紙を専用Webページからダウンロードして記入し、郵送、Webページ、別府市役所などに設置する応募箱のいずれかからご応募ください。
くわしくは「私がすすめる別府観光ルート」特設ページをご覧ください。

・募集期間
第1期 2020年7月3日~2020年8月31日

・特設ページ
https://www.city.beppu.oita.jp/sangyou/kankou/line_routebosyu.html

湯めぐり、グルメ旅、アクティビティ、お土産、歴史散歩などジャンルは問いません。
「別府時間の楽しみ方を伝えたい」「別府の観光を応援したい」という皆さまからのご応募を心よりお待ちしています。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/217093/LL_img_217093_2.png
別府市とLINE Fukuokaによる協働事業

■別府市とLINE Fukuokaが取り組む「withコロナ時代」の観光スタイル
別府市との地域協働事業は、LINE Fukuokaが拠点のある福岡市で自治体や民間企業と連携して進めている未来志向のまちづくり(LINE SMART CITY FOR FUKUOKA)をモデルとしてスタートしたものです。
私たちが大切にしているコンセプトは「市民参加型スマートシティ」です。
別府市でも、市民の皆さまが自然とまちづくりに参画できる仕組みをつくり、市民生活はもちろん、日本有数の温泉のまちの観光を、別府に暮らす皆さまとともに、より豊かに便利にしていくことに取り組んでいます。

このたびの「私がすすめる別府観光ルート」の募集は、市民参加型の観光づくりの一環として企画したものですが、これに加えて、新型コロナウイルス感染症の影響で観光についても「密」を避ける必要がある中、地元や全国の皆さまから別府市での様々な過ごし方をご提案いただくことで、有名スポットだけに人が集まるのではない、より多様でユニークな観光スタイルをつくっていくことを目指しています。

今後は、9月のサービススタートに向けた準備を本格化するとともに、地元の観光関係者の皆さまと直接協議を行うなど、「withコロナ時代」を意識したサービスづくりに取り組んでまいります。

<ご参考 別府市とLINE Fukuoka株式会社の地域協働事業に関する基本合意 概要>
別府市とLINE Fukuokaは、互いの資源や魅力を活かし、LINEの福岡市におけるまちづくりの取り組み(LINE SMART CITY FOR FUKUOKA)をモデルとして、AIやFintechなどの先端技術を活用したより豊かで便利な未来志向のまちづくり事業に協働して取り組むことにより、別府市における市民サービス及び観光客満足度の向上、事務負担の軽減に資することを目的として、2020年2月25日、合意書を締結しました。

この合意に基づき、別府市観光アカウントを開設するほか、別府市LINE公式アカウント( http://nav.cx/1Nz3OIL )に日英対応の「ごみ分別案内」機能を追加するなど、アカウント利用者の拡大と利便性の向上に取り組んでいます。

合意書締結時のプレスリリース
https://linefukuoka.co.jp/ja/pr/news/2020/022511

<ご参考 自治体によるLINE公式アカウントの活用について>
LINE公式アカウントは、企業や店舗、自治体、個人などが、自らの公式アカウントを開設し、LINEを通して広く情報を発信できる仕組みです。LINE FukuokaのコーポレートサイトではLINE公式アカウント活用したスマートシティ化の事例 や、基本的な活用の方法について紹介しています。
https://linefukuoka.co.jp/ja/project/smartcityproject/introduction/

<会社概要>
社名 : LINE Fukuoka株式会社
本社所在地 : 福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル12F
代表者 : 代表取締役社長 落合 紀貴
資本金 : 490百万円(2018年1月時点)
設立日 : 2013年11月18日
主な事業内容 : LINEおよび関連サービスの開発・クリエイティブ・
運営・事業企画など
コーポレートサイト: https://linefukuoka.co.jp/ja/

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press

さくらホームが事業拡充に伴い6月27日(土)に神宮寺支店を新規オープン!

TOPへ戻る

TikTokで活躍する多様なクリエイターを紹介するウェブサイト「TikTok Creators Showcase」を公開

RECOMMENDおすすめの記事