台湾のバッグブランド、ORIBAGUからスポーツミックスの流行を取入れた新作バッグをリリース

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

台湾のバッグブランド、ORIBAGU(会社名:25TOGO DESIGN STUDIO、本社:台湾台北市大安区、代表:何 孟修)のバッグがスポーツミックスの流行に乗り売れています。この度、新作バッグをリリースしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/216733/LL_img_216733_1.jpg
デニムイメージ
■空前の台湾ブーム、今のトレンドはファッション
台湾ブームが止まりません。台湾スイーツのタピオカ人気や卒業旅行人気第一位だったり、アイドルグループtwiceのツウィや、台湾を拠点に活動し総再生回数約3.8億回の人気youtuberの三原JAPAN、台湾のガールズグループ のメンバーで女優やモデルとしても活動しているPuff Kuoなどが人気で、東京の真ん中日本橋に台湾カルチャー専門店ができるなど、日本でも若者の間で台湾ブームが来ています。

また、台湾ブームはファッションにも広がっています。雑誌では台湾のファッション特集が取り上げられていたり、旅行情報では台湾の人気セレクトショップや個性派ショップまで紹介されています。そんな台湾の今のブームはスポーツミックススタイル、日本でも台湾のスポーツミックスが注目されています。

■流行のスポーツミックスを台湾流にアレンジ
スポーツミックスとは街着や普段着にスポーツテイストを取り入れたスタイル。今や、ファストファッションから高級ブランドもデザインに採用しています。また、インフルエンサーや芸能人もスポーツミックスのコーディネートをSNSにアップし、それを見てファンも真似しています。

台湾のバッグブランド、ORIBAGUでもこのスポーツミックススタイルを採用。さらに、折り紙でアニマルモチーフを個性的に表現、おしゃれに敏感な若者が個性を出せるバッグとして大人気となりました。台湾国内では台北・台中・高雄という歴史ある建造物と開発が進む、日本で言うところの渋谷に店舗を構え、数年の間に3店舗出店と急拡大しています。インスピレーションの元となる折り紙は、日本独自のものかと思いきや台湾でも文化的に幼少期に遊ぶアイテムの1つです。

ORIBAGUでは既存の「デザイン」という概念よりも、もっと身近に感じられるデザイナーグッズに触れてもらいたいという思いから、子供の持つ無限の想像力と大人の感性を合わせた、小さな頃から誰もが親しんできた折り紙をインスパイアしました。

■SNSで話題に!流行の中にも個性的なデザイン
ORIBAGUの主な購入者は20代のファッションに敏感で、流行の中にも個性を出したい若者。彼らはファッションに関する情報はInstagramなどのSNSでキャッチしています。そこで昨年、台湾インフルエンサーとのコラボ・フラミンゴクラッチバッグを開発しSNSで発信したところインフルエンサーになりたい若者の間で話題沸騰、完売が相次ぎました。

これまで、折り紙の折り目で動物のリアリティや立体感をバッグで表現するために多くの種類の動物で試行錯誤してきました。 その中でも一番人気の狼バッグは発表から半年以上経ちますが、10カ月連続前月比100%増となっておりORIBAGU定番で最も売れている人気商品です。

現在、ORIBAGUは台湾国内だけでなく、アメリカ・韓国、日本では原宿ラフォーレや大阪、札幌などでもポップアップショップを展開。この度発売された新作の折り紙サコッシュバッグは初めてのスカルモチーフで、話題となっています。

■ORIBAGU スカル_サコッシュ 商品概要
https://oribagu.jp/collections/sacoche
定価 : 5,300円(税抜)
素材 : ポリエステル、牛革、メッシュ生地
サイズ: 高さ19cm×幅25.5cm×マチ2cm
生産国: 台湾
重量 : 本体260g

■会社概要
会社名 : 25TOGO DESIGN STUDIO
代表 : 何 孟修
本社 : 台湾台北市大安区安和路一段90巷20号
事業内容: 折り紙バッグ製造販売
URL : https://oribagu.jp/

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press

都市部の水害対策に、水を入れるだけで使える水のう袋『水のう君II』を新発売。(サンプルプレゼント企画実施中)

TOPへ戻る

dotData、AI モデルをコンテナ化しリアルタイム予測を実現する「 dotData Stream 」を提供開始

RECOMMENDおすすめの記事