気仙沼市内湾地区にて「百々音(ももね)まつり」を開催中!

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

画像 : https://newscast.jp/attachments/mbrei6L81f0DKgsUBZ56.jpg

画像 : https://newscast.jp/attachments/Knc2yLfVurblWf6hYUkb.jpg

画像 : https://newscast.jp/attachments/Mno47DEVR6DFVVLel0uJ.jpg

画像 : https://newscast.jp/attachments/HmfSZCALTdhCfiaPsfvc.jpg

画像 : https://newscast.jp/attachments/dP3zAoKeRLrJDHfhyGTW.jpg

東日本大震災で大きな津波被害を受けた宮城県気仙沼市の内湾地区では、新たな商業施設エリアの完成記念と、厄災厄除けの願いを込めて、本年度から約4000個の風鈴を飾る催し「百々音(ももね)まつり」を実施致します。流行り病や災いを振り払い、気仙沼市を訪れた方々の心に安らぎをもたらすようにと願いが込められた風鈴が、内湾地区に涼しげな音色を響かせています。夜間にはイルミネーション風鈴を夜11時まで開催しています。メディアの皆様には、機会がありましたら取材をして頂けます様、重ねてお願い申し上げます。
開催場所:宮城県気仙沼市南町海岸1-14ないわん施設内 迎 ムカエル他
開催期間:2020年7月中旬〜9月中旬
問い合わせ先:気仙沼地域開発株式会社 TEL:0226-48-5091
※弊社の理事である、宮城県気仙沼市「和レストラン唐や」(〒988-0056 宮城県気仙沼市上田中1丁目8−4/0226-24-1525)店主、吉田恵一が参画している気仙沼市内湾地区のまちづくり活動であるため、プレスリリースを致します。

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press

新型コロナウイルスに関連した患者の発生について

TOPへ戻る

文字に色がついて見える「共感覚」って?サイエンスライターの竹内薫さんも「とにかくユニーク!」と絶賛する現役女子大生の手記!

RECOMMENDおすすめの記事