「営業コンサル視点のWebマーケティング」で急成長中のアドリヴが、企業として根本的な間違いを反省、事業ドメインを変更

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

ADlive株式会社(アドリヴ:本社 東京都新宿区新宿 代表取締役社長CEO 縣 将貴)は、2019年4月から企業としての
役割や価値を明確にするため事業ドメインを変更いたします。

■変更点
これまでウェブ広告代理事業やサイト制作及び改善をコア事業としておりましたが、今後につきましては下記の
通り変更となります。

「営業コンサル視点のWebマーケティング」で急成長中のアドリヴが、企業として根本的な間違いを反省、事業ドメインを変更

 ※SMB・・・Small・Medium・Business、LAB・・・Local Area・Business
 ※HRE・・・Human Resources Excavation

■背景
これまで掲げていた事業内容は、本当は業務内容(事業の中で発生する仕事の一部)や職務内容(会社の個々の
社員が担当する仕事の一部)でしかありませんでした。
現在、全国に広告代理、広告制作、SPなどの広告業だけで約25,000社、ウェブ制作で2,000社以上の法人企業が
存在すると言われる市場で、アドリヴが何をするのか、やりたい会社なのかが不明確であり、その違いもわかり
づらいのではと考え変更に至りました。

事業内容の変更により、広告代理やサイト制作及び改善、営業コンサルティングをやめるのではなく、主たる
業務範囲として、一層の強化と拡大を目指していきます。
この度、新たに事業とする『中小・地域企業向けマーケティング支援事業』、『人材発掘マーケティング
事業』、『デジタル活用推進事業』の3本柱は、中小企業に迫る重要課題として発表された 1)生産性の向上
2)深刻な人材不足 3)円滑な事業承継「中小企業庁/商工会議所発表資料より」をベースとして、それぞれの
課題解決に向けたものとしております。

■今後の展望
アドリヴは「ネット活用のいちばん身近なパートナー」を目指し、未だ一部の限られた企業だけで進むITシフトや
デジタル活用による恩恵格差と情報格差の低減、企業収益へ直ぐに影響しないIT投資ではなく、まずは、重要課題
の解決へ直結する「マーケティング」と「採用」部分のデジタルアプローチによる成功体験を創出しながら中小・
地域企業の事業活性化へ貢献してまいります。

「営業コンサル視点のWebマーケティング」で急成長中のアドリヴが、企業として根本的な間違いを反省、事業ドメインを変更
▼ADlive株式会社 会社概要
名称 :アドリヴ株式会社
所在地:東京都新宿区新宿6−28−8 ラ・ベルティ新宿5階
代表者:縣 将貴
設立 :2011年10月
資本金:289,992,640円
URL :https://adlive.asia/

〈本件に関するお問い合わせ〉
ADlive株式会社
広報担当:田野倉
事業推進室:蔡
TEL 03-6273-9010
FAX 03-6273-9012

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

日本フェンシング史上初!ジュニア女子フルーレ団体 世界選手権準優勝

トップへ戻る

NHK大分放送局とJ:COM大分ケーブルテレコムが初の共同制作『APU×おおいた』 4月25日(木)放送開始

RECOMMENDおすすめの記事

Recommended by Outbrain