薬剤師以外のものでも一部の薬剤師業務が可能に!2020年調剤報酬改定を踏まえた薬局経営の次の一手を考える!第3回薬局マネジメント3.0セミナーを5月11日から東京、大阪で開催!

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

薬局経営コンサルティング業のPHB Design株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役:狭間 研至)は、中・小規模チェーン薬局の経営者や経営幹部を対象とした、対人業務・在宅医療を中心としたビジネスモデルへの転換・安定した運用のための、非薬剤師やICTを活用した業務効率化のノウハウおよび薬局経営戦略の立案に役立つ知見を提供する講座を2019年5月11日(土)を皮切りに、2019年9月21日まで東京、大阪各4回シリーズで開催いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/181799/LL_img_181799_1.png
トップ画像

■非薬剤師でも一部の薬剤師業務が可能に
2015年に厚生労働省から、患者のための薬局ビジョンが示されました。これは、地域包括ケアシステムの実現にむけて、薬局、薬剤師はどうあるべきかという国の方針を示したものです。しかし、対物から対人へという画期的な変更を含むこのビジョンを実現しようとすると、薬局や薬剤師のあり方が変わるだけで無く、業務・教育・経営マネジメントも大きく変わることになりますが、採算性と労務管理の観点から、なかなか容易ではありません。
一方、業界としては2019年3月15日には薬剤師に服用後のフォローを義務づける薬機法改正が閣議決定されただけでなく、同年4月2日、厚生労働省が「調剤業務のあり方について」という通知を好評し、薬剤師の指示に基づき、業務手順書の作成・研修の実施を前提とした非薬剤師が行える調剤業務に関する方向性が示されるなど、大きな変化が起こっています。この結果、薬局・薬剤師は対人業務のさらなる充実化を迫られ、2020年の調剤報酬改定ではこれまで以上の影響があると考えられます。
(厚生労働省 調剤業務のあり方について(平成31年4月2日 薬生総発0402第1号 厚生労働省医薬・生活衛生局総務課長通知))
https://www.mhlw.go.jp/content/000498352.pdf

当社グループ会社ファルメディコが運営する調剤薬局ハザマ薬局では、地域医療のあり方を変えたい想いから、10年以上前より対人業務・在宅療養声援業務中心の経営にシフトし、非薬剤師を活用した薬局業務の効率化、人材育成に取り組んでまいりました。
さらにはICTの活用、居宅療養管理指導の徹底等も合わせて、対人業務・在宅医療に特化した薬局でも収益を上げることのできる薬局を築いて参りました。

これまでのハザマ薬局で培った非薬剤師、ICT等を活用した、対人業務・在宅医療中心薬局の経営ノウハウを提供するため、2017年に開催された第1回のセミナー開催以降、好評を博してきましたが、今回の法改正や局長通知などの流れもあり、薬局経営のコンサルティングを担う当社が3回目となる講座を開催することとしました。

■第3回薬局マネジメント3.0セミナー概要
<開催日程 ※各全4回シリーズ>
・第1回:「薬局・薬剤師をとりまく現状を知る」
大阪 :2019年5月11日(土)13:00~18:00
東京 :2019年6月1日(土)13:00~18:00
・第2回:「これからの経営戦略を練り直す」
大阪 :2019年6月15日(土)13:00~18:00
東京 :2019年6月29日(土)13:00~18:00
・第3回:「新しい薬局を作るためのアクションを起こす」
大阪 :2019年7月6日(土)13:00~18:00
東京 :2019年8月3日(土)13:00~18:00
・第4回:「自分と薬局にイノベーションをもたらす」
大阪 :2019年8月10日(土)13:00~18:00
東京 :2019年9月21日(土)13:00~18:00
※参加できない日程につきましては、後日動画コンテンツとして提供いたします、また別の社員の方の代行参加も可能です。

<開催場所>
大阪:ファルメディコ株式会社本社研修室
〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋1-9-5 山西屋・西孫ビル2F
東京:AP品川アネックス Dルーム
〒108-0074 東京都港区高輪3丁目23-17 品川センタービルディング1F

<講師>
狭間 研至(PHB Design株式会社 代表取締役社長、ファルメディコ株式会社 ハザマ薬局 代表取締役社長)

<参加対象>
在宅医療・対人業務中心の薬局経営にシフトしたい、取り組んでいるがノウハウがない、採算性を上げたい、非薬剤師を活用した経営ノウハウを学びたい薬局の経営者・幹部の方

<参加費>
4回シリーズ(16万円(税別)/1人)

<定員>
30名

<お申込み特典>
『薬局マネジメント3.0』(評言社/狭間 研至 著) 特製牛革調バインダー

<お支払い方法>
銀行振込

<お申し込みページ>
https://phbdesign.jp/pm3.0/

■狭間 研至プロフィール
門前薬局全盛の時代から在宅療養支援に特化した薬局、ハザマ薬局を経営。そこで培った在宅療養支援薬局の経営ノウハウである「ハザマメソッド」を確立。2014年に在宅療養支援薬局経営者を支援するため、PHB Design株式会社を設立。現在まで50社以上の薬局経営支援に関わっている。医師、医学博士。

PHB Design株式会社 代表取締役社長/ファルメディコ株式会社 代表取締役社長/一般社団法人日本在宅薬学会 理事長/医療法人嘉健会 思温病院 理事長/熊本大学薬学部・熊本大学大学院薬学教育部 臨床教授/京都薬科大学 客員教授、医師、医学博士

<著書>
薬局マネジメント3.0(評言社)/薬局が変われば地域医療が変わる(じほう)/薬剤師のためのバイタルサイン(南山堂)/薬局3.0(薬事日報社)/外科医、薬局に帰る(薬局新聞社)/がんにならないのは、どっち?(泰文堂)など

共著 臨床調剤学(南山堂)/薬物治療学(化学同人)/スマホ、タブレットが変える 新IT医療革命(アスキー新書)/ITが医療を変える(アスキー・メディアワークス)など

■会社概要
商号 : PHB Design株式会社
代表者 : 代表取締役社長 狭間 研至
所在地 : 〒530-0041 大阪市北区天神橋1-9-5 山西屋・西孫ビル3F
設立 : 2014年10月
事業内容: 薬局を始めとするヘルスケア事業・経営に関するコンサルティング業務
資本金 : 2,350万円
URL : https://phbdesign.jp/

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press

スイス生まれの腕時計ブランド「Tendence(テンデンス)」から上品なネイビー&ローズゴールドカラーの日本限定新作カラーウォッチが4月20日に発売いたします!

トップへ戻る

ネットプロテクションズのカードレススマホ決済「atone」がGWに開催する食の祭典「dancyu祭 2019」で導入決定2019年4月27日(土)・4月28日(日)開催

RECOMMENDおすすめの記事