徳島県が「withコロナ時代のランニング講座」の受講者を募集!

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

徳島県は、withコロナの状況下においても、マラソンの「競技としての素晴らしさ」や「ランナーとしての走る喜び」「健康づくりとしてのマラソン」を守っていくために、徳島県民を対象とした「withコロナ時代のランニング講座」を開講するにあたり、受講生を募集いたします。
公式WEBサイト: https://tokushima.run

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/230268/LL_img_230268_1.jpg
公式WEBサイトイメージ画像

新型コロナウイルス感染拡大に伴い「新しい生活様式」が求められる今、徳島県においても「新しい生活様式」を取り入れたスポーツ活動が徐々に再開しはじめています。

徳島県は四国最大規模のマラソン大会「とくしまマラソン」の開催地であり、県民にも広く愛されている競技である「マラソン」「ランニング」も、本格的な再開を待ち望まれています。

そこで「新しい生活様式」「スマートライフ」を取り入れ、withコロナ時代においてもマラソンランナー人口の裾野拡大や走ることによる健康づくりを衰えさせないため、このたび「withコロナ時代のランニング講座」を開講いたします。

「withコロナ時代のランニング講座」開講にあたり、2つの講座の受講生を募集いたします。

必ず訪れる「ランニングイベントが再開できる日」に向け、その日、その時間、その走りをより充実したものにするために、一緒に学びましょう

〈応募要項〉公式WEBサイト: https://tokushima.run

〈応募要項〉
講座(1)
講座名 :withコロナ時代の新しいランニング講座
定員 :50名(先着順)
講義方法:オンライン座学+実技(会場:あすたむらんど徳島)
対象 :・初フルマラソン完走を目指す方
・フルマラソン完走の目標タイム6時間以内の方
受講費 :無料
(オンライン視聴やアプリの利用に通信費が必要となる場合は受講者負担)

講座(2)
講座名 :新時代のランニングサポーター養成講座
定員 :30名(先着順)
講義方法:オンライン座学+実技(会場:あすたむらんど徳島)
対象 :・フルマラソン完走経験(※必須)があり、より専門的な知識を学びたい方
・ランニングイベント等でリーダーとして活動したい方
受講費 :無料
(オンライン視聴やアプリの利用に通信費が必要となる場合は受講者負担)

※各講座の詳細は、公式サイト公式サイト( https://tokushima.run )でご確認ください。

〈参加条件〉
以下のすべての条件を満たす方
●徳島県民の方
●18歳以上(高校生を除く)で健康状態に問題のない方
※新型コロナウイルス感染症により重篤化が懸念される基礎疾患をお持ちの方やご高齢の方はお控えください。
●インターネット接続環境があり、スマートフォン(iPhoneまたはAndroid)を現在ご利用の方
●主催者が提示する「新しい生活様式」「とくしまスマートライフ宣言」に対応したランニングスタイルを実践して頂ける方
●オンライン視聴及び講義の各回終了後、アンケートにご回答頂ける方
●講座(2)の受講申込を希望する場合は、フルマラソン完走経験がある方。

〈開講期間/講座(1)(2)とも〉
2020年11月8日(日)~2021年2月21日(日)

〈受講申込受付期間〉
2020年10月19日(月)9:30~10月30日(金)17:00
※先着順のため、定員に達し次第、受付終了となります。

〈受講申込方法〉
公式サイト( https://tokushima.run )の各講座申込フォームよりお申込みください。

〈講座詳細〉
公式サイト( https://tokushima.run )にて各コース詳細をご確認ください。

〈受講に関するお問い合わせ〉
公式サイトお問い合わせフォームまたはメールアドレス( info@tokushima.run )より、お問い合わせください。

〈主催〉
徳島県/withコロナ時代のランニング講座事務局
メールアドレス: info@tokushima.run

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press

『エルツティン(ARZTIN)』の「ナノファイバーマスク」が10月17日(土)発売の美ST12月号の特別付録として登場。10月20日(火)20時からはエルツティン公式アカウントにてインスタライブ配信。

TOPへ戻る

沖縄県にて、全国で初めて観光客にも陽性者との接触可能性が通知されるLINEコロナお知らせシステム「RICCA」導入 ソーシャルデータバンクがシステム構築支援

RECOMMENDおすすめの記事