「Office 365」の丸ごとバックアップと移行サポートをパッケージにした「クラウドバックアップ」の提供を開始

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

NTTコミュニケーションズ(以下 NTT Com)は、統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」の追加メニューとして、「Office 365」のデータバックアップサービス「クラウドバックアップ」(以下 本サービス)の提供を、2019年4月18日より開始します。

1.背景
「Office 365」を利用されている企業においては、コンプライアンスや監査対応を目的として、「Office 365」のオプション機能であるメールデータのバックアップ・アーカイブサービスの利用が浸透しています。
また近年では、個人情報の適切な保管やBCP対策などへの関心の高まりを受け、メール以外のデータなどについても、バックアップを行いたいというニーズが増えてきています。これを踏まえNTT Comは、米国において「Office 365」のデータバックアップサービス提供実績が豊富なSkyKick, Inc.と協業し、同社サービスを活用した「クラウドバックアップ」の提供を開始します。

2.概要
「クラウドバックアップ」は、「Office 365」における主要サービスのデータを自動でバックアップ(※1)し、万が一ファイルを消失した際には専用のポータルサイトから迅速に復元ができるサービスです。
また、新たに「Office 365」の利用を始められるお客さま向けに、バックアップ機能に加え、メールデータの移行や導入サポートサービスをセットにした「移行サポートパック」もご用意しており、これから「Office 365」を利用したクラウド環境を構築されるお客さまのスムーズな導入を支援します。

3. 特長
(1) 「Office 365」を丸ごとバックアップし、様々なケースに対応
「Exchange Online」のメールデータや予定表、連絡先情報だけでなく、「Office 365」の主要サービスであるストレージサービス「SharePoint Online」および「OneDrive for Business」、統合コミュニケーションツール「Microsoft Teams」(※2)に保存しているファイルを全てバックアップすることができます。
重要なデータを契約期間内は無期限・容量無制限で保管することができ、アーカイブとしての利用はもちろん、退職によるアカウント削除で消えてしまったデータの復元や、マルウェア感染やその他予期せぬ原因で消失したファイルの復元など、「Office 365」のみでは対処が難しい様々なケースでご活用いただけます。

(2) 安心しておまかせいただける、移行・導入サポート
2020年に控える「Office 2010」と「Windows 7」のサポート提供の終了や働き方改革の推進などに向けて、これから「Office 365」を導入されるお客さまに対して、「移行サポートパック」がセットになったプランも提供します。リモートにて、メール移行要件のヒアリング、移行設計、専用移行ツール設定、移行状況のモニタリングなどのサポートを行うほか、移行先となる「Office 365」の初期設定サポート、管理者および利用者向けのトレーニングなども行います。

(3) バックアップは自動、復元はワンクリックのストレスフリーな使い勝手
ご利用開始後すぐに、自動でバックアップを開始します。またアカウント(ユーザー)が追加された際には自動的にアカウントを検出してバックアップを開始するなど、管理稼働のかからない仕様となっています。ファイルを復元する際は、専用のポータルサイトにて対象のメールやファイル、フォルダ、アカウントなど、復元したい単位に応じたデータを検索し、ワンクリックで元の場所へ復元することが可能です。
<専用ポータルサイトの画面イメージ>
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/182321/img_182321_1.png
4. 提供開始日
2019年4月18日

5. 利用料金(税抜)・お申し込み方法
【料金例1】
「Office 365」各サービスのバックアップを行い、移行サポートを付ける場合。
[1]「Office 365 Business Essentials」(※3)ライセンス
[2] クラウドバックアップ・移行サポートパック(Suite)(※4)
[1]+[2] 合計の料金:初期費用 31万円から 月額料金960円/ID

【料金例2】
「Exchange Online」のみのバックアップを行い、移行サポートを付けない場合。
[1]「Exchange Online Business」(※5)ライセンス
[2] クラウドバックアップ・ライト(Exchange Online)(※6)
[1]+[2] 合計の料金:初期費用 なし 月額料金410円/ID

料金の詳細、およびお申し込み方法については、NTT Com営業担当者までお問い合わせください。

6. パートナー企業からのコメント
■日本マイクロソフト株式会社 執行役員 常務 パートナー事業本部長 高橋 美波 氏
日本マイクロソフトはこの度のNTTコミュニケーションズ様のOffice 365のバックアップ、移行・導入サポートのパッケージサービス「クラウドバックアップ」の提供開始を歓迎いたします。
2020年の Office 2010 と Windows 7 のサポート提供の終了に際し、本サービスによって更に強化されたMicrosoft 365、Office 365を通して、中堅中小のお客様を中心にオフィス環境のクラウド化が加速することを期待しております。
NTTコミュニケーションズ様との密接な連携の上にSkyKick様も加わっていただくことで、3社でより一層、日本企業の働き方改革をご支援してまいります。

■SkyKick, Inc. 共同経営責任者 Todd Schwartz氏、同 Evan Richman氏
SkyKick, Inc.は、NTTコミュニケーションズ様のOffice 365データバックアップサービス「クラウドバックアップ」発表を心より歓迎いたします。この度ご提供いただく本サービスは、お客様が安全にOffice 365へデータ移行いただき、また、移行後も安心してOffice 365をお使いいただける、グローバルで豊富な提供実績を持つMigration SuiteとCloud Backupを組み合わせたソリューションパッケージです。シンプルなカスタマーエクスペリエンスにより、クラウドへのデータ移行作業の効率を大幅に向上し、またクラウドのデータロスに伴うデータ復元の作業負担や生産性の低下を防ぎ、お客様・パートナー様の「働き方改革」に貢献します。
SkyKickはクラウド・ソリューション・プロバイダーとして、NTTコミュニケーションズ様をはじめとするマイクロソフト・パートナー様のマネージドサービス拡充を最大限ご支援し、日本市場のデジタルトランスフォーメーションを推進してまいります。

【関連リンク】
Office 365 (NTT Com Webサイト内)
https://www.ntt.com/business/services/application/mail-groupware/office365.html

※1:1日最大6回までバックアップを行います。
※2:チャットやファイル共有、オンライン会議機能を有するOffice 365 のチャットベースのワークスペース。「チャット」データについては現時点ではバックアップ対象外です。
※3:「Office Online」、「Exchange Online」、「SharePoint Online」、「OneDrive for Business、Microsoft Teams」などがご利用いただけるパッケージプランです。ご利用ID数は最大300IDまでです。
※4:バックアップ対象は、「Exchange Online」、「SharePoint Online」、「OneDrive for Business、Microsoft Teams」です。初期費用は移行サポート要件により変動します。
※5:「Exchange Online」のNTT Comオリジナルプラン(メールボックス容量15GB)です。
※6:「Exchange Online Business」をご利用の場合にご利用いただけるプランです。バックアップ対象は、「Exchange Online」です。

*Microsoft, Office 365、Windows、SharePoint、OneDriveは、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。

* Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。
*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press

大阪メトロで新発見!沿線ぶらり歩き ~大阪人も知らなかった地下のナゾSP~

トップへ戻る

アジア最大級のLGBTQ+の祭典「東京レインボープライド2019」を応援!アダストリアからレインボーグッズを発売

RECOMMENDおすすめの記事