CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス):RPA海外動向 > 第2回 自動化では不十分 ~必要なのは超自動化(ハイパーオートメーション)~

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

CTC教育サービスはコラム「RPA海外動向 > 第2回 自動化では不十分 ~必要なのは超自動化(ハイパーオートメーション)~」を公開しました。
###

ますます多くの組織が、コストの削減や効率化を実現するためにあらゆる種類のビジネスプロセスを自動化しようとしている中、ハイパーオートメーションが多くのケースにとって優先事項になると考えられています。

ハイパーオートメーションはプロセスオートメーションと同じ技術をいくつか活用しています。その中心となるのはロボットによる業務自動化(RPA)ですが、ほかにも人工知能(AI)、機械学習、プロセスマイニング、データ分析などの高度な自動化ツールを統合しています。 

これらの技術はそれぞれ、プロセスとワークフローを自動化して組織の能力を強化するように作られています。これらの技術が連携することで、自動化をまったく新しいレベルに引き上げる「ハイパーオートメーション」が実現します。この戦略を企業内でエンドツーエンドで適用すると、従来の自動化よりもはるかに大きな影響力を持つ方法でプロセスを改善することができます。

エンドツーエンドのハイパーオートメーションのプラットフォームは、自動化のライフサイクルのあらゆるフェーズをサポートしています。企業は、AIなどのツールを活用してあらゆる部門のプロセスを把握、分析、優先順位付けすることで、組織全体の自動化を迅速にスケールアップさせることができます。

この続きは以下をご覧ください

https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/noda4/noda402.html

サウジアラビアの電力部門が世界規模の最大かつ最も包括的な改革を実施

TOPへ戻る

Smart Protection、オンライン模造品からブランドを守る1000万ユーロのラウンドを完了

RECOMMENDおすすめの記事