IvantiがMobileIronとPulse Secureを買収し、あらゆる場所の企業のすべてのデバイスにインテリジェントで安全なエクスペリエンスを提供いたします

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

ユタ州ソルトレイクシティ、カリフォルニア州マウンテンビュー、カリフォルニア州サンノゼ – 2020年12月1日 – ITおよびセキュリティ運用を自動化してクラウドからエッジまで検出、管理、防御、サービスを提供するIvanti, Inc. は、モバイル中心の統合エンドポイント管理ソリューションの大手プロバイダーであるMobileIronと、セキュアアクセスとモバイルセキュリティソリューションの大手プロバイダーであるPulse Secure LLCの買収を終了したと発表いたしました。この企業統合により、Clearlake Capital Group, L.P.およびTA Associatesが支援するIvantiの、統合エンドポイント管理(UEM)、ゼロトラストセキュリティ、およびITサービスマネジメント(ITSM)のグローバルマーケットリーダーとしての地位がより確かものになりました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/237476/LL_img_237476_1.png
ブランドイメージ

Ivantiの会長兼CEOであるJim Schaperは次のように述べています。「MobileIronチームとPulse SecureチームをIvantiファミリーに迎えることを大変嬉しく思います。当社のインテリジェントエクスペリエンスプラットフォームは、あらゆるユーザーがどこでどのように作業しても、ハイパーオートメーションとセキュア接続を通じてビジネスを強化します。これにより、お客様は、データ侵害のリスクを軽減し、従業員のエクスペリエンスを向上させながら、より自由にコラボレーションとイノベーションを行うことができます。 私たちの前には大きなチャンスがあり、将来にとても興奮しています。」

MobileIronとPulse SecureをIvantiポートフォリオに組み込むことで、従業員、ITインフラストラクチャ、および顧客がどこにでもいるあらゆる企業で、プロアクティブかつ自律的に自己修復、自己防御、およびセルフサービスのデバイスを実現できるようになります。より良いユーザーエクスペリエンスと結果をご提供いたします。ゼロトラストセキュリティとコンテキスト自動化により、Ivantiのソリューションは、リモートインフラストラクチャ、デバイス、および人々全体でIT接続をよりスマートかつ安全にします。Ivantiは、すべてのデバイスで包括的なレベルのエンドツーエンドのカバレッジを提供する独自の立場にあります。

お客様は、クラウドからエッジまでのすべてのデバイスの状態、セキュリティ、およびパフォーマンスに関するリアルタイムのインテリジェンスの恩恵を受け、ビジネスに影響を与える前に脆弱性をプロアクティブに検出して修正できるようになります。顧客は、デバイスの検出と管理、コンテキスト自動化による安全なゼロトラストアクセスの実装、およびパーソナライズされた従業員エクスペリエンスの提供が可能になり、運用時間、コスト、およびサービス品質が向上して生産性が上昇いたします。

■買収ハイライト
●MobileIronとの契約条件に基づき、IvantiはMobileIron普通株式の発行済み株式すべてを総額約8億7,200万ドルで取得しました。MobileIronの株主は、1株あたり7.05ドルの現金を受け取りました。これは、2020年9月24日現在の影響を受けていない終値の27%のプレミアムに相当します。

●MobileIronの株主は、2020年11月24日の特別株主総会で買収を承認しました。投票された株式の91%以上が買収に賛成しました。

●Pulse Secureは、Siris Capital Group, LLCの関連会社から買収されました。Pulse Secure買収条件は開示されていません。

■Ivantiについて
Ivantiは、自動化を通じてすべてのIT接続をリモートインフラストラクチャ、デバイス、および人々全体でよりスマートかつ安全にする業界初のインテリジェントエクスペリエンスプラットフォームを提供し、エンタープライズセキュリティを再定義いたします。Ivantiは、PCやモバイルデバイスから仮想デスクトップインフラストラクチャやデータセンターに至るまで、あらゆる企業のクラウドからエッジまでIT資産を検出、管理、防御、およびサービスし、パーソナライズされた従業員エクスペリエンスを提供します。あらゆる場所の企業で、企業データはデバイスやサーバー間を自由に流れ、どこでどのように仕事をしていても、労働者の生産性を高めます。
Ivantiはユタ州ソルトレイクシティに本社を置き、世界中にオフィスを構えています。詳細については、 https://www.ivanti.co.jp/ にアクセスし、@GoIvanti( https://twitter.com/goivanti )をフォローしてください。

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press

産学連携で双方向授業支援システム「Lectures」を開発!「講義の見える化」を目指し、次世代のオンライン授業をサポート -- 大阪電気通信大学

TOPへ戻る

<スパムおにぎり>ポークたまごおにぎりカフェ池袋西口店新型コロナウイルス感染拡大防止につき22時以降の4名以上の同時入店規制について

RECOMMENDおすすめの記事