阪急うめだ本店にて「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」が今夏開催。700円で販売するアーリーバードチケットは5月11日数量限定発売

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

阪急うめだホールに未来の遊園地がやってくる!

「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」は、他者と共に世界を自由に創造することを楽しむ展示会です。2013年にスタートし、2019年3月には累計入場者数が1,000万人を突破しました。
今回は、大阪の中心地にある阪急うめだ本店、9F阪急うめだホールにて「お絵かき水族館」をはじめとした3作品と、描いた絵をその場で缶バッジにできる「缶バッジファクトリー」を開催します。
会期は7月18日(木)から8月21日(水)まで。

お絵かき水族館
「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」は、他者と共に世界を自由に創造することを楽しむ展示会です。2013年にスタートし、2019年3月には累計入場者数が1,000万人を突破しました。今回は、大阪の中心地にある阪急うめだ本店、9F阪急うめだホールにて「お絵かき水族館」をはじめとした3作品と、描いた絵をその場で缶バッジにできる「缶バッジファクトリー」を開催します。

会期は7月18日(木)から8月21日(水)まで。

また5月11日(土)から5月17日(金)の期間、「アーリーバードチケット」を販売開始。

使用期間は7月18日(木)から7月31日(水)のみ。大人・子ども共に700円で購入可能。枚数は500枚限定。「アーリーバードチケット」の購入はチケットぴあにて。

特設ページ:https://futurepark.teamlab.art/places/hankyuumeda

アーリーバードチケット:https://w.pia.jp/p/teamlab19sh/
(5月11日(土)10:00から)

前売券:https://w.pia.jp/t/futurepark-o/
(5月18日(土)10:00から)

【展示作品】

お絵かき水族館 / Sketch AquariumteamLab,2013-,Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi, teamLab
お絵かき水族館
作品:https://futurepark.teamlab.art/playinstallations/sketch_aquarium

この水族館は、みんなが描いた魚たちが泳ぐ水族館です。

紙に自由に魚の絵を描きます。すると、描いた絵に命が吹き込まれ、目の前の巨大な水族館で、みんなが描いた魚と共に泳ぎ出します。
泳いでいる魚は、触れることもでき、触れられた魚は、いっせいに逃げ出します。エサ袋に触ることによって、魚にエサをあげることもできます。

光のボールでオーケストラ / Ligtht Ball Orchestra
teamLab, 2013-, Interactive Installation, Sound: teamLab
光のボールでオーケストラ
作品:https://futurepark.teamlab.art/playinstallations/light_ball_orchestra

転がすと、色も音も変化する、光のボールによるオーケストラです。

頭上のボールは他のボールと連動しているため、触れると周囲のボールに影響を与え、空間全体の色が変わります。目の前のボールは、転がすと色が変わり、音が鳴ります。体験者は同じ空間で、身体全体を使いながら、大小さまざまなボールに触れることで、共同で空間の色を変化させながら、音楽を自由に奏でます。

まだ かみさまが いたるところに いたころの ものがたり / Story of the Time when Gods were Everywhere
まだ かみさまが いたるところに いたころの ものがたり
作品:https://futurepark.teamlab.art/playinstallations/stgse

象形文字に触れると、その文字がもつ世界が表れ、物語がはじまります。

壁に映し出された象形文字(山、木、鳥など)に触れると、その文字がもつ世界が表れ、物語が生まれます。ほかの体験者が呼び出した世界と、お互いに影響を与えながら物語を創っていきます。たとえば、木には鳥が止まり、羊は犬に気がつくと、びっくりして逃げていきます。また、動物には触ることができ、羊に近づくとダンスをし、馬に近づくと逃げていきます。

【ワ―クショップ】
缶バッジファクトリー
缶バッジファクトリー
「お絵かき水族館」で描いた絵を、缶バッジにして思い出にしよう!
世界にひとつだけの缶バッジがつくれる”缶バッジファクトリー”をイベント会場にて展開。

開催場所:展示会場出口付近
価格:500円(税込価格)
※売り切れ次第終了する可能性がございます。

【開催概要】
「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」

イベント詳細:

会期:2019年7月18日(木)~8月21日(水)
時間:金・土  10:00~21:00(入場は20:30まで)
上記以外 10:00~20:00(入場は19:30まで)
休館日:無し
会場:阪急うめだ本店・9F阪急うめだホール
アクセス:JR、阪急、阪神、地下鉄の大阪・梅田駅の最寄に隣接
当日入場料:
一般1,300円
中高生1,000円
子ども(3歳以上)700円
前売り入場料:
一般1,200円
中高生900円
子ども(3歳以上)600円
阪急阪神お得意様カード・各種ペルソナカード・エメラルドSTACIAカードのご提示で、御本人様に限り入場料から100円引き
注意事項:
※2歳以下無料
※障がい者手帳提示者本人1名無料。(付き添いの方1名まで無料)
※小学生以下は保護者(高校生以上)の同伴が必要です。
混雑状況に応じて、入場を規制させていただきます。時間に限りがありますので、予定人数を超えた場合、ご来場いただいてもご入場いただけない場合もございます。予めご了承下さい。
内容は急遽変更になる可能性がございます。

主催:阪急うめだ本店、竹田印刷株式会社

【「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」とは】
「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」とは、共創(共同的な創造性)のための教育的なプロジェクトであり、実験的な場です。これまで、台湾、タイ、中国、アメリカ、インドネシア、南アフリカ等の海外各地や日本各地で開催され、常設展も日本、イタリア、ドバイにて展開中。子どもから大人まで楽しめる展覧会で、2019年3月には国内・海外累計来場者数が1,000万人を達成しました。

なお、チームラボのアートと「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」が融合した展覧会は、2015年に東京・お台場での5ヶ月間の開催で約47万人が訪れました。2016年にアメリカで開催した際は、シリコンバレーで初めてアートが受け入れられたと評されています。2016年3月からは、シンガポールのマリーナベイ・サンズで常設展をオープン。同国の主要紙で第一面を飾るなど、世界各地で大絶賛されてきました。タイ、韓国、台湾、中国をはじめとする海外各地や、日本各地でも開催。

チームラボ 学ぶ!未来の遊園地
https://futurepark.teamlab.art/

共同で創造する「共創(きょうそう)」
https://www.teamlab.art/jp/concept/co-creation/

【チームラボ/teamLab】
アート集団。2001年から東京大学大学院生を中心に活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、デザイン、そして自然界の交差点を模索している、学際的なウルトラテクノロジスト集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。

チームラボは、アートによって、人間と自然、そして自分と世界との新しい関係を模索したいと思っている。デジタルテクノロジーは、物質からアートを解放し、境界を超えることを可能にした。私たちは、自分たちと自然の間に、そして、自分と世界との間に境界はないと考えている。お互いはお互いの中に存在している。全ては、長い長い時の、境界のない生命の連続性の上に危うく奇跡的に存在する。

47万人が訪れた「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」(2014年)、「ミラノ万博2015」日本館をはじめ、シリコンバレー、台北、ロンドン、パリ、ニューヨーク、中国、シンガポールなど国内外で常設展およびアート展を開催。東京・お台場に「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」を常設。2020年秋まで東京・豊洲に超巨大没入空間「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」を開催中。2019年3月23日からTANK Shanghai(中国・上海)にて、「teamLab: Universe of Water Particles in the Tank」開催。

チームラボの作品は、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(オーストラリア・シドニー)、南オーストラリア州立美術館(オーストラリア・アデレード)、サンフランシスコ・アジア美術館(サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(トルコ・イスタンブール)、ビクトリア国立美術館(オーストラリア・メルボルン)、アモス・レックス(ヘルシンキ・フィンランド)に永久収蔵されている。

チームラボ: http://teamlab.art/jp/
チームラボ 学ぶ!未来の遊園地: https://futurepark.teamlab.art/
Instagram: https://instagram.com/teamlab_news/
Facebook: https://www.facebook.com/teamLab.inc
twitter: https://twitter.com/teamLab_news
YouTube: https://www.youtube.com/c/teamLabART

【阪急うめだ本店】
阪急うめだ本店は大阪・梅田にあるターミナル百貨店。モノだけでなく、その背景にあるコト(文化的価値)を提案する「劇場型百貨店」として2012年にグランドオープン。
国内外を問わず広域からの集客を牽引するフラッグシップ店舗となっています。

【竹田印刷株式会社】
印刷事業を中心として半導体事業、物流事業、EC事業、イベント事業、販促プロモーションなど幅広くクライアントの課題解決につながる取組を行っている大正13年創業の印刷会社。本社は名古屋市昭和区。

「Hard+Soft+Heart」は、すべての社員がいつも胸に刻み続ける竹田印刷グループ共通の経営理念。
Hardも大切、Softも大切、そして最も大切なHeartを加えたこの経営理念を私たちは大切に守り続け、お客様満足度No.1企業を目指しています。

https://www.takeda-prn.co.jp/

●本件に関する報道関係者からのお問合せ先
竹田印刷株式会社 広報担当:花籠・矢野
電話:06-6947-6005 メールアドレス:kazuki_hanakago@takeda-prn.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』発売日が2019年9月6日(金)に決定! 発売日決定記念キャンペーン開催中!

トップへ戻る

【6/16開催】大阪城を目前に日本文化の粋を体感「大阪城大茶会」

RECOMMENDおすすめの記事