ブルガリを纏い、セレーナ・ゴメスが第72回カンヌ国際映画祭に登場

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

2019年5月13日、フランスのカンヌで開催された第72回カンヌ国際映画祭のオープニングセレモニーに歌手であり、女優のセレーナ・ゴメスがブルガリを纏い、登場しました。

ブルガリを纏い、セレーナ・ゴメスが第72回カンヌ国際映画祭に登場
ブルガリを纏い、セレーナ・ゴメスが第72回カンヌ国際映画祭に登場

開幕式のオープニング作品として上映された、ジム・ジャームッシュ監督の映画「The Dead Don't Die(原題)」のワールドプレミアにセレーナが纏ったのは、2019年6月に発表となるブルガリの新ハイジュエリーコレクション「CINEMAGIA」のネックレスとリングでした。ブルガリが「映画と女優」と築いた蜜月の関係に着想を得た「CINEMAGIA」コレクションは、建築・絵画・彫刻・音楽・舞踏・文学に次ぐ第7の芸術と評される「映画」への称賛を表し、映画の世界さながらに、見る者を夢と現実の狭間へ誘います。

レッドカーペットに舞い降りたセレーナ・ゴメスにさらなる煌めきを添えたのは、アール・デコにインスピレーションを得た幾何学的なデザインの総ダイヤモンドネックレス、センターにブリリアントカットを施した5カラットのダイヤモンドをあしらったリング、ダイヤモンドのスタッズピアスでした。

お問い合わせ先:ブルガリ ジャパン 03-6362-0100  https://www.bulgari.com/ja-jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

フォトシネマ朗読劇「天使がいた三十日」がいよいよ開演!悲劇の主人公と、犬のマリーが紡ぐ感動の物語に来場者の多くが涙。

トップへ戻る

大光電機、全国5カ所で照明器具展示会を開催 「DAIKO ADVANCE STAGE 2019」新製品発表会 ~「『場』をつくる光」をテーマに~

RECOMMENDおすすめの記事