[締め切り迫る] 環境・自然・エコに関するキャッチコピー募集! 2020エコカレンダーを応募者全員プレゼント [日本テクノ株式会社]

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

電気に関する総合サービスを提供する日本テクノ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:馬本英一、以下、日本テクノ)は、2020年のエコカレンダーに掲載するキャッチコピーを募集しています。(応募締め切り:2019年5月24日必着)

キャッチコピーは、環境や自然、エコという広いテーマで、1人12案までご応募が可能です。必ずしも俳句や川柳になっている必要はなく、環境などへの思いがつまっていれば大丈夫です。(ただし、1案につき30文字程度まで)

毎日のように目にするカレンダーが、自身のキャッチコピーで作られていたら愛着がわくと思いませんか。そんなチャンスもあと10日余りです。
なお、団体でご応募いただいた場合でも、応募者全員にエコカレンダーをプレゼントします。エコカレンダー以外にも様々な賞品をご用意しています。奮ってご応募ください。
http://www.n-techno.co.jp/calendar_campaign/

【日本テクノのエコカレンダーとは】
エコカレンダーとは、環境・自然・エコをテーマにしたキャッチコピーを募集し、採用作品にイラストを添えて完成させる、応募者参加型の当社オリジナルカレンダーです。日本テクノでは「お客さまと一緒に環境保全活動をしたい」という思いから、2007年より制作しています。2019年版は3,409名の方から18,260作品をご応募いただきました。
また2018年版より、アートディレクターの福士昌明さんにイラストを描き下ろしていただいています。
※これまでの採用作品は以下URLよりご覧いただけます。
https://www.n-techno.co.jp/calendar_campaign/#anc02

【エコカレンダー5つのこだわり(2019年版)】
・VEGETABLE OIL INK:環境に配慮した植物油インキを使用しています。
・グリーン電力:印刷する際の電力量(3,100 kWh)は自然エネルギーでまかなわれています。
・FSC○R:環境配慮などの観点から厳しく管理された森林などの紙を使用しています。
・包装ゴミ削減:個別包装不要の製法を採り入れ、包装せずにそのままの状態で郵送しています。
・カーボンオフセット:7万2,000部の印刷をする際に発生する材料(用紙・インク)由来のCO2約26トンをオフセットしています。※
※日本テクノのエコカレンダーは、J-クレジット制度(国内排出削減量認証制度)から得られる、全国各地の削減事業者のクレジットを活用してカーボンオフセットしています。

【2020年 エコカレンダーキャッチコピー募集要項】
応募方法:WEB、FAX、ハガキのいずれかからご応募ください。
締切:2019年5月24日(金)
詳しくは、以下URLよりご覧ください。
https://www.n-techno.co.jp/calendar_campaign/

【会社概要】
本社所在地:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル53階
TEL:03-3349-1111(代表)  FAX:03-3349-1112
設立:1995年4月4日
代表者:代表取締役社長 馬本 英一
総顧客数:約58,000件(2019年5月1日現在)
従業員数:1,134名(2019年5月1日現在)
事業内容:電力小売事業、高圧電気設備保安管理・点検業務、キュービクル常時監視システム販売および電力コンサルティング、電気料金自動検針事業
URL:http://www.n-techno.co.jp

【このプレスリリースに関するお問い合わせ、取材申し込み先】
日本テクノ株式会社 広報室 後藤・櫻田・坂中
TEL:0120-308-498
E-mail : info@n-techno.co.jp

【付帯情報】
・応募者全員にもれなくプレゼント!
http://itm.news2u.net/items/output/165727/1

News2uリリース詳細へ

G123『ビビッドアーミー』にてイベント「八方美人」が開催!

トップへ戻る

株式会社Pearはネットショップ運用支援サービス「OMNI-CORE アシスタント」「Creator Lab」2つのサービスを開始

RECOMMENDおすすめの記事