【グランドプリンスホテル高輪】フランスの2ツ星レストランシェフを招聘し「Pascal Bardetの特選料理」を2日間限定で開催

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

グランドプリンスホテル高輪(東京都港区高輪3-13-1 総支配人:山本誠)は、「フランス料理 ル・トリアノン」にて、フランスの2017年度版ミシュランで2ツ星を獲得した「Le Gindreau(ル ジャンドロ)」のオーナーシェフ、パスカル・バルデ氏を招聘し2019年6月27日(木)、28日(金)の2日間限定で特選料理をご提供いたします。

Pascal Bardet氏

パスカル・バルデ氏は、フランス料理界の巨匠アラン・デュカス氏に長きにわたり師事し、モナコの3ツ星レストラン「Louis XV(ルイ キャーンズ) 」でエグゼクティブシェフとして活躍したのち、2013年に現レストランのオーナーシェフに就任しました。

「フランス料理 ル・トリアノン」は、広大な庭園を望むロケーションで、1971年のオープン以来、伝統的なメニューを引き継ぎながら歴代の料理長の想いを繋いでいるレストランです。今回の招聘イベントでは、パスカル・バルデ氏の手により、フランスの旬の食材を使いシンプルながら素材の持つ力強さを熟練のテクニックによって引き出す極上のスペシャルコースをお楽しみいただけます。

~「Pascal Bardetの特選料理」概要~

場所:「フランス料理 ル・トリアノン」 グランドプリンスホテル高輪 1F

ランチ:11:30A.M.~3:00P.M.(L.O.2:30P.M.)
    1名さま ¥14,000

ディナー:5:30P.M.~10:00P.M.(L.O.9:00P.M.)
     1名さま ¥23,000

ご予約・お問合せ:TEL:03-3447-1139(9:30A.M.~8:00P.M.※土・休日は7:30P.M.まで)

フランス料理 ル・トリアノン

~MENU~

ウェルカム アミューズブーシェ

シェフのイマジネーションの一皿

フランス ヴォージュ産 鶉のシュープレームとキャスタン社のフォアグラのポワレ
黒トリュフのミジョテ

グリーンアスパラとモリーユ茸のファルス

*ソールのルーロー サフランの香り

*フランス リムーザン産 仔羊背肉のロティ 季節の野菜添え
      ※ランチは*いずれかのみ

フォンダンショコラ ル・ジャンドロスタイル

パイナップルとバナナのクロック ココナッツのソルベを添えて
                     ※ディナーのみ

ミニャルディーズ、コーヒー

イメージ

~パスカル・バルデ氏プロフィール~
1975年フランス南西部のロット県フィジャック生まれ。
1994年から18年間、フランス料理界の巨匠アラン・デュカス氏のキッチンで修業し、2007年から2011年まで、デュカス氏傘下のモナコの3ツ星レストラン「Louis XV(ルイ・キャーンズ)」にてエグゼクティブシェフを任される。2013年にバルデ夫妻の地元に近い、サン=メダールにあるレストラン「Le Gindreau」をオーナーシェフより譲り受け、2017年にミシュランの2ツ星を獲得した。「料理の世界では、固定したものは何もない。愛される料理を作るにはテクニックと経験の両方を駆使する必要がある」と語る。

Le Gindreau

※料金には、消費税が含まれております。別途会計時にサービス料10%を加算させていただきます。
※仕入れの状況やシェフのインスピレーションにより、食材・メニューに変更がある場合がございます。
※特定原材料 7 品目食物アレルギー(えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生)のあるお客さまは、係にお申し出ください。
※上記内容はリリース時点(5月27日)の情報であり、変更になる場合がございます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『プロメア』

トップへ戻る

梅田1丁目1番地計画 (大阪神ビルディング及び新阪急ビルの建替計画)大阪梅田ツインタワーズ・サウスII期部分の新築工事に6月1日から着手します~オフィスゾーンとカンファレンスゾーンが2022年春に開業~

RECOMMENDおすすめの記事