溶接のテーマパークの「ベースオブ湘南」が神奈川県に2021年4月24日オープン

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

株式会社長田(おさだ)工業所(所在地:福井県坂井市、代表取締役:小林 輝之)は、株式会社コイズミ(所在地:神奈川県秦野市、代表取締役:小泉 学)と溶接体験事業「溶接のテーマパーク アイアンプラネット」のフランチャイズ契約を結び、株式会社コイズミが第3号店として2021年4月24日(土)から人数制限をした上で溶接体験を開始いたします。(予約受付は4月1日から開始)

本職の鉄工所が母体となって行う溶接体験事業のフランチャイズとしては昨年9月にオープンした静岡県沼津市の影山鉄工所、栃木県栃木市の株式会社八興製作所に続いて3社目の取り組みとなり、今後4~5号店は岐阜県と富山県にそれぞれ別の企業のオープンが決まっています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/254660/LL_img_254660_1.png
職人に手ほどきを受けている写真

■溶接のテーマパークとは
溶接のテーマパークとは、工場・プラント改修工事業を営む株式会社長田(おさだ)工業所(所在地:福井県坂井市、代表取締役:小林 輝之)が、自社の溶接加工工場を開放して、溶接や金属加工で遊べて学べるテーマパーク「アイアンプラネット」として6年前から取り組んでいる事業です。

この事業の鉄工所(自社)にとってのメリットは自社の技術のPRになること、地域にとってのメリットは地域活性に繋がること、一般利用者にとってのメリットは、普段なかなか接することのできない溶接DIYを本職の職人に教えてもらうことができることです。三方良しの事業として多くの利用者に愛されてきました。

アイアンプラネットHP(福井本所): https://iron-planet.net/

■アイアンプラネット基地オーナー(BASE-OWNER)制度とは
そんな長田工業所がこれまでに行ってきた「溶接体験事業による経営革新」の取り組みを体系化し、全国の人手不足やブランディング構築に悩む中小零細鉄工所に向け、経営革新支援として溶接体験事業の指導を2018年12月25日から行ってきました。

(当時のプレスリリース: https://www.atpress.ne.jp/news/173482 )

その後株式会社コイズミは、FC本部である長田工業所と顧問契約を結び、1年間の事業構築期間を経て、溶接体験フランチャイズ事業「溶接のテーマパーク アイアンプラネット ベースオブ湘南」としてオープンすることとなりました。本職の鉄工所が母体となって行う溶接体験事業のフランチャイズとしては全国で3社目となり、これまでにない盛り上がりを見せています。

アイアンプラネット ベースオブ湘南: https://iron-planet-shonan.net/

■小型溶接機メーカー「SUZUKID」が連携協定により全面後押し
先月プレスリリースさせていただいた( https://www.atpress.ne.jp/news/250017 )ように、この度、溶接のテーマパーク「アイアンプラネット」と小型溶接機メーカー「SUZUKID」が連携協定を締結しました。これにより、溶接体験に適した使用機械・消耗品の調達や、製品の使用方法と一般客への接客対応のレクチャーとワークショップメニューの考案ノウハウの提供をSUZUKIDスタッフが行うことで、よりきめ細やかな事業展開が見込めるようになりました。

■溶接のテーマパーク アイアンプラネット ベースオブ湘南の概要
運営会社である株式会社コイズミは、昭和36年に鉄骨加工業として「秦野鉄工株式会社」を創業し、時代の変革と数々の災害を経験して「株式会社コイズミ」と改名しました。
鉄骨を主体とした建設施工、耐震診断・補強、構造設計を通して人命の確保・建物の安全をはかり、地域に貢献する企業を目指しています。

今回溶接体験事業に取組もうと考えた理由は、この目まぐるしく変化する社会状況の中、中小零細企業としての自社技術のPR業界イメージの向上をメインに置きながら、近年の働き方改革、そして女性・高齢・外国人といった多様な人材の確保や自社従業員のワークエンゲージメントを高められるダイバーシティへの取組みに合致すると思ったからです。この溶接体験事業を通して地域貢献に寄与していきたいと思います。

秦野市は現在、特に人口の流出、人材不足等の課題に直面しています。子どもたちの職業体験のひとつとして利用していただき、ものづくりの楽しさを体験するオープンな場を提供することで、将来秦野市での就職に繋げてもらいたいと考えています。また近年の交通網の整備・進展という利便性と自然が豊富である地域性を活かした定住・アウトドアライフを、鉄を通じた他業種とのコラボレーション・イベント等で貢献していきたいです。

正式名称 : 溶接のテーマパーク アイアンプラネット ベースオブ湘南
事業母体 : 株式会社コイズミ
(所在地:神奈川県秦野市、代表取締役:小泉 学)
オープン日 : 2021年4月24日(土)予定
※新型コロナウイルス感染症の影響により変更の可能性あり
体験内容 : 溶接してスツールやシェルフなどを作っていただく。
体験時間は1~3時間、価格は2,200円~11,000円の予定。
営業時間 : 平日15:00~18:00、土曜 13:00~18:00(予約制)
定休日 : 日・夏季・年末年始
所在地(体験場所) : 神奈川県秦野市名古木16番地1 株式会社コイズミ内
お問い合わせ電話番号: 0463-81-1349
※お電話は株式会社コイズミにつながります。
公式HP(湘南) : https://iron-planet-shonan.net/

■アイアンプラネット基地オーナー(BASE-OWNER)制度の今後の展開
2020年9月に静岡県沼津市の株式会社影山鉄工所の第1号店( https://iron-planet.jp/ )がベースオブ沼津としてオープン後、先日第2号店として株式会社八興製作所(所在地:栃木県栃木市、代表取締役:江里口 俊介 http://www.iron-planet-tochigi.net/ )がベースオブ栃木としてオープンしました。そして第3号店は株式会社コイズミ(所在地:神奈川県秦野市、代表取締役:小泉 学)がベースオブ湘南として今回オープンしました。また、現在4~5店舗目の運営会社も岐阜、富山と決まっており、現在構築中で夏~秋のオープンを目指しています。

このベースオーナー制度(フランチャイズ)は1地域1店舗を目指しており、現在も溶接やものづくりの社会的な地位向上という志に賛同していただける全国の鉄工所を募っています。

ベースオーナー制度受付ページ: https://www.ironplanet-base.net

■会社概要
名称 : 株式会社長田(おさだ)工業所
代表取締役: 小林 輝之
設立 : 1991(平成3)年5月
所在地 : 福井県坂井市春江町西長田41-1-1
事業内容 : プラント設備、建築金物、鋼構造物、製缶、ステンレス加工
検査治具製作
URL : http://osadaindustry.com/

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press

雑誌『PECHE 002』発売

TOPへ戻る

リリー・フランキー脚本!「東京ラジオ」オリジナルラジオドラマ/「東京」 2021春 サヤカとトモヤ ~君の牛、再び~ 伊藤沙莉、森優作、大根仁、マキタスポーツら出演

RECOMMENDおすすめの記事