「就職の福工大」実就職率95%超の快挙 [福岡工業大学]

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

細やか&質にこだわる就活支援で「九州私学1位」の実績

 福岡工業大学(福岡市東区)の2019年3月卒業生の就職実績は、就職率99.8%、実就職率95.1%で、昨シーズンに続き九州地区私立大学(文理両系統設置校部門)で1位となりました。「就職の福工大」と呼ばれる本学では、就職は教育の一環と考えて就職支援に取り組んでおり、中規模の地方私立大学ながら全国屈指の水準の「実就職率」を実現しています。

 実就職率とは、卒業生から大進学者を差し引いた就職者の割合です。大学生の就職は売り手市場が続いているため、一般的な就職率(就職希望者に対する就職者の割合。就職する意思のない学生を除外している)は高止まりの傾向にあります。このため、本学ではより実態を反映した数値「実就職率」にこだわって支援を行っています。実就職率95.1%は九州・沖縄地区の39大学が加盟する九州地区大学就職指導研究協議会の集計(4月18日時点)では、昨季に続き1位です。

 本学の就職支援の特徴の一つが、就職課による細やかで丁寧な指導です。
3学部9学科・大学院のそれぞれに学生の進路希望を実現する担当の専任職員を配置。
それぞれの職員が100人以上の学生全員と面談。顔と名前を覚え、就きたい仕事の分野などを理解し、学生たちの悩みを聞いたり、選考へのアドバイスを行って進路の確実な実現を目指しています。
 また、学生の進路の「質」にもこだわる指導を行っています。今シーズンの卒業生の上場企業・大手中堅企業(資本金3億円以上もしくは従業員数300人以上)への就職シェア率は70.6%。早期から就活への意識の高い学生に対して、外部のキャリア教育講師を用いた特別講座を実施するなど「トップアップ」対策も展開し、「第一志望内定率60%」も目指しています。

 さらに、教員も研究の傍ら積極的に企業訪問をしたり、研究内容を紹介する企業向け交流会を開くなど、学生の進路実現を自らのものと考えて取り組んでいます。教職協働で企業とのコネクションを作り、昨年度(平成30年度)は全国から年間約1100社を招いて大学単独の学内企業説明会も実施。教育の場面でも、入学時からのキャリア教育や地域や企業との課題解決型学習などを通して、学生が卒業後の将来について考える機会も多く作っていることが高い実就職率に結びついています。

 このほか、就活における重要なステークホルダーである学生の保護者からも協力を得るため、保護者対象の就職ガイダンスも学内で開いています。保護者に就活の独特なルールや企業の動向などを適切に理解して頂き、学生・大学・保護者が良好な関係を築き、一体となって学生の将来を考えていくことも目指しています。

本件に関するお問い合わせ
福岡工業大学 広報課:池田 
電話:092-606-0607 メール:ko-ikeda@fit.ac.jp
Mobile:080-3967-1476

【付帯情報】
・就職課の活動支援窓口
http://itm.news2u.net/items/output/165831/1
・大学が単独で開く説明会
http://itm.news2u.net/items/output/165831/2
・「トップアップ講座」のようす
http://itm.news2u.net/items/output/165831/3
・保護者対象の就活ガイダンス
http://itm.news2u.net/items/output/165831/4

News2uリリース詳細へ

価値あるものを次世代へ継承する『プラウド上原フォレスト』

トップへ戻る

「離職率11.8%低減!エンゲージメント向上事例公開セミナー」を開催

RECOMMENDおすすめの記事