BOSS-CON JAPAN:「SoC検定試験 for Arduino」を2020年1月に開始

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

一般社団法人BOSS-CON JAPAN(代表理事:吉政忠志、所在:東京都世田谷区、以下「BOSS-CON JAPAN」)は、日本SoC技術者育成協会を設立し、「SoC検定試験 for Arduino」を2020年1月より実施することを発表いたしました。太田智美氏を検定試験普及大使に迎えます。なお、本日より協賛会社の参加を受け付け開始いたします。
■SoC検定試験 for Arduino実施の背景

日本SoC技術者育成協会は今「はやり」の手法だけではなく、コンピュータサイエンス(情報工学)としての基礎を意識した、コンピュータ全般でできることを学ぶ機会を学生やコンピューターエンジニアの入門者に提供したいと考えています。そのためには、プログラミングやクラウドだけではなく、ハードウェアも含めた広い学習が必要になると考えています。マイコンボードを使うことで、ソフトウェアだけじゃなく、ハードウェアも含めた、広い意味でのコンピュータサイエンス(情報工学)としての基礎を学んでもらえると考え、教材に適したマイコンボード「Audiuno(アルデュイーノ)」を本学習の主教材とし、その学習の理解度を図る試験を開始することを発表いたします。この活動によりこれから始まるIoT時代に活躍する人材の育成に貢献していきたいと考えています。

■日本SoC技術者育成協会について

名称:日本SoC技術者育成協会(BOSS-CON JAPAN内)

設立趣旨:SoC(System-on-a-Chip)基礎技術を問う試験を学生や未経験者へ提供し、SoC技術者を広く育成いたします。

理事長:吉政忠志

副理事長:鵜川徹、永原篤

監事:吉田行男

検定試験普及大使:太田智美

Webサイト:https://www.SoC-ex.jp/

協賛会社の募集について:https://www.SoC-ex.jp/arduino-exam/

■SoC検定試験 for Arduino概要

試験名:SoC検定試験 for Arduino

出題数:40問(80問からランダム出題)

出題形式:選択問題

受験料金:1万円(税別) ※学割:設定予定

合格ライン:7割正解

試験会場:全国200か所のCBTソリューションズ試験センター(予定)

参考書籍:

書籍名:これ1冊でできる!Arduinoではじめる電子工作 超入門 改訂第3版

単行本: 256ページ

出版社: ソーテック社; B5変形版 (2018/6/16)

言語: 日本語

ISBN-10: 4800712106

ISBN-13: 978-4800712103

発売日: 2018/6/16

URL:https://www.amazon.co.jp/dp/4800712106/

タイやマレーシアからの生徒や帰国生が国際高専を体験

トップへ戻る

G20が順守する世界最大の諸課題をGlobal Governance Project製作のブリーフィングブックが概説

RECOMMENDおすすめの記事