「The Exhibition Of HOMEFUL −New Home, New Hope.−」が「東京カルチャーリサーチ」にて開催

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

株式会社ツドイは、六本木ヒルズ展望台 東京シティビューがプロデュースする昨年オープンした六本木ヒルズ森タワー52階の小展示スペース「東京カルチャーリサーチ」にて、2019年6月29日(土)から9月1日(日)まで開催する「The Exhibition Of HOMEFUL −New Home, New Hope.−」の企画・制作を編集者・もてスリムと共に手掛けます。

「The Exhibition Of HOMEFUL −New Home, New Hope.−」が「東京カルチャーリサーチ」にて開催

本展は、もてスリムが提唱する「ホームフル(HOMEFUL)」の概念を軸とし、#1 HOMELESSON、#2 HOMENESS、#3 HOME PARTYと3回にわたり開催します。「ホームフル」とは、シェアリングエコノミーが普及し、働き方・暮らし方が変わったことで「家」や「ホーム」が分散し遍在する状況を表す概念。この概念を通じて「家」や「ホーム」のあり方を見直し、社会のシステムやコミュニティが大きく変わっていくなかで人々がよりよく生きていける可能性を探求していきます。

#1 HOMELESSONでは、もてスリムがWEBサイト「トーチ」内で綴る連載「ホームフル・ドリフティング」をもとに、テキストや選書、プレイリストをまとめた「カード」を制作。会場に置かれたカード自動販売機によってホームフルの概念を理解できるアトラクションを実施します。さらに、#2 HOMENESSでは、思想/建築/デザインを架橋しながら批評活動を展開するメディア・プロジェクトのレトリカ(Rhetorica)、#3 HOME PARTYでは、劇作家・演出家の三浦直之が主宰を務める劇団ロロと連携し、展示やイベントを行います。
会場は、六本木ヒルズ森タワー52階の「THE SUN & THE MOON」内約17m²の小展示スペース「東京カルチャーリサーチ」。「東京カルチャーリサーチ」は、絶え間なく変化する東京のカルチャーシーンを発見・研究し、その紹介をする場所です。東京が生み出すカルチャーの中でも、特にマンガ、ゲーム、アニメ、メディアアート等を深く掘り下げ、「東京シティビュー」としての独自リサーチとセレクションに基づき「東京の文化的特異点」を感じる作品を不定期で展示していきます。
展望台から見える東京の都市は、日々少しずつ変化しています。その変化は人の歴史そのものです。六本木ヒルズ展望台 東京シティビューでは、この東京という都市の内部で毎日生み出され消費されていく「何か」を「東京カルチャー」としてすくい取り、不定期の小展示という形で今後紹介していきます。

▶︎statement
わたしたちは、新しい「ホーム」を探さなければいけない。

従来の社会をつくり上げていたシステムやコミュニティも機能不全を起こしていて、この世界はますます生きづらくなっているからだ。わたしたちは「ホーム」を見失いつつある。かつては「家」こそが「ホーム」だったが、果たしていまあなたの住む「家」はあなたの「ホーム」だろうか。わたしたちの「ホーム」はいまどこにあるのだろうか。

一方で、テクノロジーの進歩や働き方・暮らし方の変化によって「家」の機能はあちこちに分散しつつある。ひとつの家だけに住む必要はないし、好きなときに好きな場所で寝泊まりできる日も近いかもしれない。ならば、それに合わせて「ホーム」もアップデートされねばならない。家が分散し遍在する、「ホームフル」の時代に合わせた新しいホームが必要なのだ。

平成が終わりオリンピックを控えた2019年。都市の風景は様変わりし、わたしたちとホームをめぐる状況もさらに変化してゆくことだろう。だからこそわたしたちはホームについて考え直し、暮らし方を再発明する必要がある。わたしたちがみずからの居場所を見つけ出し、みずからのやり方で心地よく生きていくために。

わたしたちは、新しい「ホーム」を探さなければいけない。

それは新しい「希望」を探すことでもあるのだから。

▶︎開催概要
名称:The Exhibition Of HOMEFUL −New Home, New Hope.−
会期:
2019年6月29日(土)~7月18日(木)〈#1 HOMELESSON〉
2019年7月20日(土)~8月8日(木)〈#2 HOMENESS〉 featuring Rhetorica
2019年8月10日(土)~9月1日(日)〈#3 HOME PARTY〉 featuring LOLO
時間:10:00~22:00
会場:東京カルチャーリサーチ
(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
「THE SUN & THE MOON」内の小展示スペース(約17平方メートル )
入場料: 無料 ※ただし、展望台・森美術館の入館料(一般1800円他)が必要です。
一般問い合わせ: 03−6406−6652(東京シティビュー)
企画: 株式会社ツドイ、もてスリム、東京カルチャーリサーチ
協力: つむら工芸

▶︎profile
「The Exhibition Of HOMEFUL −New Home, New Hope.−」が「東京カルチャーリサーチ」にて開催
もてスリム|MOTESLIM
1989年東京生まれ。編集者。おとめ座。2016年より雑誌やウェブメディアを中心に編集者として活動。さまざまな名義を使い分けながら『WIRED』日本版、『VOGUE JAPAN』、『GINZA』、『QUICK JAPAN』などで執筆も行なうほか、武邑光裕『ベルリン、都市、未来』など書籍の編集も。現在は主に『STUDIO VOICE』の編集を担当するほか、「トーチweb」で連載「ホームフル・ドリフティング」執筆中。よく食べ、よく歩く。
http://motesl.im/

「The Exhibition Of HOMEFUL −New Home, New Hope.−」が「東京カルチャーリサーチ」にて開催
レトリカ|Rhetorica
思想/建築/デザインを架橋しながら批評活動を展開するメディア・プロジェクト。2012年の発足以来、完全自主出版のインディペンデント・マガジン『Rhetorica』、『RhetoricaJournal』、「Rhetorica.jp」の発行/運営を行う。所属メンバーは、慶應義塾大学アート・センターと共同実施の「都市のカルチュラル・ナラティヴ」プロジェクト、Maltine Records海外公演の支援、島根県津和野町における高校生向け下宿の運営など、多岐に渡る活動を行う。
http://rhetorica.jp/

「The Exhibition Of HOMEFUL −New Home, New Hope.−」が「東京カルチャーリサーチ」にて開催
ロロ|LOLO
劇作家・演出家の三浦直之が主宰を務める劇団。2009年結成。古今東西のポップカルチャーをサンプリングしながら既存の関係性から外れた異質な存在のボーイ・ミーツ・ガール=出会いを描き続ける作品が老若男女から支持されている。15年に始まった『いつ高』シリーズでは高校演劇活性化のための作品制作を行うなど、演劇の射程を広げるべく活動中。主な作品として『LOVE02』(12年)、『ハンサムな大悟』(15年)、『BGM』(17年)など。『ハンサムな大悟』は第60回岸田國士戯曲賞最終候補ノミネート。
http://loloweb.jp/

「The Exhibition Of HOMEFUL −New Home, New Hope.−」が「東京カルチャーリサーチ」にて開催
ツドイ
ツドイは「編集とイベント」を中核事業とする企画集団です。Webメディア、広告キャンペーン、展覧会、トークセッションなど、編集/イベントの技術とアイデアで種々の問題をごきげんに解決します。なお社名は、編集の「集」と、イベントをあらわす「集い」から取ったものです。
http://tsu-doi.jp/

「The Exhibition Of HOMEFUL −New Home, New Hope.−」が「東京カルチャーリサーチ」にて開催
東京カルチャーリサーチ
絶え間なく変化する東京のカルチャーシーンを発見・研究し、その紹介をする小展示スペース「東京カルチャーリサーチ」が52階展望台に隣接するTHE SUN & THE MOON内にオープンします。「東京カルチャーリサーチ」は、東京が生み出すカルチャーの中でも、特にマンガ、ゲーム、アニメ、メディアアート等を深く掘り下げ、「東京シティビュー」としての独自リサーチとセレクションに基づき「東京の文化的特異点」を感じる作品を不定期で展示していきます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

【北海道】ルスツリゾートに新施設『ルスツ温泉・・ことぶきの湯』がオープン

トップへ戻る

株式会社システムズ:■□ 無料セミナー 『DX推進/2025年の崖問題とWin7/Win2008サポート終了を見据えたモダナイゼーションによる解決シナリオとは?』を7/17に開催 □■

RECOMMENDおすすめの記事