先崎学さんの『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』文春オンラインでマンガ連載開始!

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

株式会社文藝春秋「コミック編集部」は、先崎学さんの『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』のコミカライズ作品(絵・河井克夫さん)を、7月7日(日)より文春オンライン(https://bunshun.jp/)で連載開始しました。毎週日曜日に更新予定です。
『月刊コミックビンゴ』休刊以来、文藝春秋に20年振りに復活したコミック編集部の第一弾の試みになります。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/187664/img_187664_1.jpg

第1話はこちらから読めます。
47歳の誕生日の翌日、僕の体に異変が起きた――マンガ『うつ病九段』第1話
https://bunshun.jp/articles/-/12558

◆『うつ病九段』のあらすじ
空前の藤井フィーバーに沸く将棋界。順風満帆な日々を送っていた羽生世代の棋士・先崎学は、ある日目覚めると「ほんのり頭が重い」ことに気づき……。
「精神的不調なんかじゃなくて、立派なうつ病」と診断され、治療のために入院。休場を余儀なくされた先崎学は、うつ病から回復できるのか?
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/187664/img_187664_2.jpg
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/187664/img_187664_3.jpg
作画を担当するのは、『ニャ夢ウェイ』(松尾スズキとの共著)、『久生十蘭漫画集 予言・姦』『女の生きかたシリーズ』などを手がけた河井克夫さんです。

◆先崎学さんのコメント
「私の書いた本がマンガ化されるということで大変嬉しく思います。原作者の私も新鮮な気持ちで読んでいます。深刻な話ではありますが、ぜひ気軽に作品に触れて欲しいです」

◆河井克夫さんのコメント
「原作はいわゆる闘病記ですが、すごく深刻な辛さが描かれるなか、そこはかとないユーモアが滲む文章で、その辺のバランスがうまく漫画になればいいなと思っております」

連載媒体の文春オンライン(https://bunshun.jp)は、週刊文春のスクープ記事などを主に、月間1億4800万PV(2019年5月実績値)を誇るWebメディアです。
原作『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』も好評発売中。マンガと一緒に、ぜひお楽しみください。

◆関連書籍(原作)
『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』
著者:先崎学
定価:本体1250円+税
※電子版は1099円(税込)(電子書店によって異なる場合がございます)
発売日:2018年7月13日
詳細URL:https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163908939
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/187664/img_187664_4.jpg

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press

プライムナンバー、シリーズAラウンドで約1.3億円の資金調達を実施。企業で課題のビッグデータ分析の“事前処理”を自動化する「 trocco(R)」で、2020年には海外進出を目指す。

トップへ戻る

【フジテレビ】アニメ『ワンピース』放送開始20周年を記念して 1~130話の無料配信が決定!

RECOMMENDおすすめの記事