Honda、「ティム・ガイザー」がモトクロス世界選手権の最高峰クラスでチャンピオンを獲得

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

TOKYO, Aug 19, 2019 – ( JCN Newswire ) – 2019 FIM※モトクロス世界選手権の最高峰クラスMXGP(450ccクラス)において、株式会社ホンダ・レーシング(HRC)の契約ライダーで、Team HRC(チーム・エイチアールシー)に所属するティム・ガイザーが、シリーズチャンピオンを獲得しました。

ティム・ガイザーは、Hondaのワークスマシン「CRF450RW」を駆り、8月18日(日)にイタリアで開催された第15戦のレース1で5位でフィニッシュしチャンピオンに輝きました。チャンピオン決定後のレース2は安定した速さを見せ2位でゴールしました。

シーズンは3戦を残していますが、ランキング2位につける選手とのポイント差により、今シーズンのチャンピオンが決定しました。

ティム・ガイザーは、スロベニア出身のライダーで、2015年にMX2(250ccクラス)の世界チャンピオンを獲得。翌2016年には、最高峰のMXGPにステップアップして、ルーキーイヤーでチャンピオン獲得を果たしました。

今回、ティム・ガイザー自身にとっては、MXGPで2回目のチャンピオン獲得となりました。

ティム・ガイザーのコメント
「3度目のタイトル獲得ができて、素晴らしい気分です。この2年間は厳しい戦いでしたし、今季序盤も苦戦を強いられたので、それを乗り越えてチャンピオンに返り咲けたことは本当にうれしいです。Team HRCのみんなには本当に感謝しています。レース現場ではもちろん、日本からも、ここに至るまでいいときも悪いときもサポートしてくれました。私たちは本当の家族のような関係ですし、長い間一緒に戦ってこられて心から感謝しています。今季は、Honda CRF450RWと私自身を進化させていくため、全員で懸命に取り組み、成果を出せました。素晴らしいスタートが決まり、トラブルもなく、どんなコンディションでもマシンを快適に走らせることができたのです。また、母国スロベニアから多くのファンが来てくれたことも嬉しく思っています。前回チャンピオンを決めたときは米国でのレースでしたが、今回はここイタリア・イモラでたくさんのファンと喜びを分かち合うことができました。ファンとチームメンバー、そして私を支えてくれたすべての皆さんに、本当に感謝しています。」

株式会社ホンダ・レーシング 代表取締役社長 野村欣滋のコメント
「ティム・ガイザー選手と、チームスタッフ、そしてレース活動を支えてくれた多くのスポンサーとモトクロスファンに感謝いたします。2017年、2018年は、ガイザー選手とチームにとって、苦難のシーズンでした。それを乗り越え、今シーズンは圧倒的な強さでチャンピオン奪還を果たしてくれました。ワークスマシンCRF450RWの性能を高い次元で引き出してくれたことは、開発しているメンバーにも大きな喜びを与えてくれました。今後もホンダ・レーシングは、モータースポーツファンと感動を共有できるレース活動を目指し、取り組んでまいります。」

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2019/2190819b.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。

WizWe フジサンケイグループのジャパンインフォと共同で海外に住む外国人向けに日本語eラーニングの無料お試しキャンペーン第2弾をスタート

トップへ戻る

バルテス、ITエンジニアの集まる博多駅前に福岡オフィスを移転。同社の「テスト技術」研修を九州初開催

RECOMMENDおすすめの記事