144Lab、TEKTELIC社と販売代理店契約を締結

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

株式会社144Lab(以下 144Lab、本社:東京都新宿区、代表取締役:金本 茂)は、TEKTELIC Communications Inc.(以下 TEKTELIC社、本社:カナダ・カルガリー市)と販売代理店契約を締結しました。
TEKTELIC社はIoT向けLoRaWANゲートウェイとセンサーのリーディングカンパニーです。TEKTELIC社のKONAゲートウェイ製品群はキャリアグレードの信頼性と拡張性を備えており、日本・アジア向けLoRaWAN規格であるAS923にも対応しています。これまでにヨーロッパやカナダにおいてスマートシティ、スマートビル、アセットトラッキング、スマートアグリカルチャーなど多岐にわたる分野で採用されています。この度、144LabはTEKTELIC社と日本国内における販売代理店契約を締結しました。今後144Labは日本国内販売代理店として、日本市場へのTEKTELIC社製品の営業展開を行っていきます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/191264/LL_img_191264_1.png
144Labは日本市場においてTEKTELIC社製品の営業展開を行っていきます。

144Lab代表取締役の金本 茂は以下のように述べています。
「この度TEKTELIC社の日本向けLoRaWAN製品の販売代理店となることを非常に光栄に思います。TEKTELIC社のリーダーシップ・チームの通信市場における豊富な経験と、世界のLoRaWAN市場で積み重ねたノウハウを、TEKTELIC社製品を通じて日本のお客様に提供できることを楽しみにしております。」

144Labでは2019年1月よりフランスInsightSiP社モジュールの取扱いを開始し、IoTデバイスの試作・設計・受託開発を強化してきました。この度TEKTELIC社のゲートウェイ製品が取扱いラインナップに加わることにより、デバイスからゲートウェイ、ネットワークを統合したエンドツーエンドでのソリューション開発が可能になります。

【株式会社144Labについて】
144Labはグループ会社を通じて科学を日常的に使える道具のひとつにすることを目指して活動しています。144Labはグループ持株会社として、144Labグループの商品開発・技術開発を行うとともに、IoT製品の開発を試作・技術検証からお手伝いする受託開発事業を行っています。
子会社であるスイッチサイエンスはウェブショップを運営し、電子工作のための素材を設計、製造、輸入、販売する事業を行っています。また、2017年に設立したスイッチエデュケーションは、すべての子供にSTEM教育を実践することを目的に、必要な基板、部材、カリキュラムを開発販売し、それらを使った学びの場を提供しています。

【商標について】
LoRaWANは、LoRa Alliance(R)の登録商標です。
LoRa Allianceは、LoRa Allianceの登録商標です。

【リンクなど】
TEKTELIC社 : https://tektelic.com/
LoRaWAN : https://lora-alliance.org/about-lorawan
InsightSiPと契約締結のニュースリリース(PDF): https://144lab.com/news/2019/20190122.pdf
株式会社144Lab: https://144lab.com/

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press

伝統的な逸品から現代的なデザインまで百花繚乱! 江戸切子 5作家グラスフェア

トップへ戻る

賞金総額1億円の「SUZUKA 10 HOURS」!最もレースを盛り上げたチーム「Team of the Day」に100万円を贈呈

RECOMMENDおすすめの記事