KCCSキャリアテック株式会社:「叱り方」と「ストレス対策が上手になる方法」について

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

KCCSキャリアテックは人気コラムニスト津村彰氏のコラム”「叱り方」と「ストレス対策が上手になる方法」について”を公開しました。
###

インフラエンジニアの津村です。

皆さんは、「叱る」と「怒る」の違いを、知っていますか?

今回は、「スキルアップに必要な叱り方」について考えてみます。

◆「叱る」と「怒る」の違い

実は、何かを学習するのに、怒りは必要ありません。

「間違えたら怒鳴られる/キレられる、だから・・・」という考えを持っている方は、実際多いようです。

しかし、それは怒ってる方が、ただ機嫌が悪いからではないでしょうか?

実際には、怒る/キレる必要の無い場合に、つい感情を一緒に吐き出してしまう方も多いです。

◆「叱る」って何?

本来の「叱る」には、実は怒りの感情は必要ないと思っています。

「Aという事があった。結果Bとなった。それに対し、Cという問題があり、Dという対策をして欲しい。」

これが、叱るのテンプレートです。

もちろん、Aの事象に至るまでに、相手にはきちんと何か言い分があります。

これを上手く引き出せる関係を築いていないと、嘘を言われてしまいます。

そうすると、問題Cも対策Dも、成立しなくなります。

(この続きは以下をご覧ください)

https://www.kcct.co.jp/careetec/column/2019/tumura/shikarikata-sutoresutaisaku.html

不動産賃貸仲介大手のハウスコム、東京証券取引所市場第一部への市場変更へ

トップへ戻る

【ミキモト コスメティックス】2019年 クリスマスコフレ_「真珠の初雪」

RECOMMENDおすすめの記事