共立女子大学が株式会社八社会と「お弁当商品(もち麦弁当)」を共同開発 — 2019年9月1日(日)より首都圏私鉄系スーパーマーケット7社で販売開始 —

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

共立女子大学(東京都千代田区/学長:川久保 清)と株式会社八社会(東京都渋谷区/代表取締役社長:塩路茂)は、商品開発・学術推進・人材交流および育成等を目的として2019年5月1日付で連携協力協定を締結。このたび、本協定に基づき本学の学生がお弁当商品を開発した。当商品は、家政学部 食物栄養学科の村上昌弘教授(本学 副学長)の監修のもと、家政学部 食物栄養学科の学生を中心とした公認学生団体「食で世界を笑顔にする会 くすくす」のメンバーが考案した健康弁当である。

【お弁当商品(もち麦弁当)の特長】
 2019年9月1日(日)より販売する2商品はともに、「もち麦」を使用。「もち麦」は穀類の中でも食物繊維の含有率が高く、特に水溶性の食物繊維が米や小麦に比べて多く含まれており、もちもちプチプチした食感と香り高い味わいが特長となっている。健康志向の高まりを受け、もち麦や玄米など高機能性米市場が拡大する中、「もち麦」は、そのけん引役であり、注目の食材であると言える。
 共立女子大学で開発にあたった「食で世界を笑顔にする会 くすくす」は、家政学部 食物栄養学科の学生を中心とした本学の公認学生団体。健康に配慮したメニューを考案し学内の学生食堂で提供する活動を通じて、食による健康の実現について学修、啓蒙を行っている。
 学生たちと株式会社八社会加盟各社、デリア食品(株)等が協働し、コンセプトの提案から試作に至るまで、約5ヶ月間をかけて商品開発に取り組んだ。本商品を皮切りに、今後も継続して共同開発に取り組む計画である。

【販売概要】
◆販売開始日
 2019年9月1日(日)
◆販売商品・販売価格
 (1)きのこソースと食べる 秋のグリルチキン弁当 458円(税抜)
 (2)ちょこっと×満足 もち麦おにぎり弁当 398円(税抜)
◆販売店舗
 (株)八社会に加盟 下記の首都圏私鉄系スーパー
 小田急商事、京王ストア、京成ストア、京急ストア、東急ストア、相鉄ローゼン、東武ストア 
※一部取扱わない店舗あり

【本件に関する取材申込・問い合わせ先】
 取材をご希望の場合は、下記連絡先へ、以下情報をご連絡願います。
 (1)貴社名・媒体名、(2)ご芳名
 共立女子大学・共立女子短期大学 社会連携センター 担当:大石裕理子
 住所 〒101-8437 東京都千代田区一ツ橋2-2-1
 電話番号 03-3237-2533
 メール  renkei.gr@kyoritsu-wu.ac.jp

【関連リンク】
●共立女子大学・共立女子短期大学ホームページ
 http://www.kyoritsu-wu.ac.jp/

【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

日本最大級のきものショー「第58回清鈴苑」が帝国ホテルで開催される。ゲストは8月29日(木)・30日(金):WASABI、31日(土):長谷川京子さん。

トップへ戻る

佐々木希が“オフィスの癒やし時計”に!?両腕を時計の長針・短針に見立てた各時間帯のストレッチを披露! カラダファクトリー、佐々木希「癒やし時計」動画を公開

RECOMMENDおすすめの記事