ペンタセキュリティ、有限会社IT.FとCloudbricパートナー契約を締結 地域密着型ビジネスモデルにて地方のお客様の高ニーズに対応し、 シェア拡大を加速化

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

IoT・クラウド・ブロックチェーンセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳・貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、韓国本社、ヒューストン/米国法人)は、有限会社IT.F(以下、IT.F)とクラウド型Webアプリケーションファイアウォールのサービス、通称、クラウド型WAFサービス、Cloudbric(クラウドブリック)の日本国内における販売代理店契約を2019年8月1日に締結した事を明らかにした。

昨今、企業のビジネスを脅かすWebサイトへの不正アクセスおよび改ざんによる情報漏えい事故が多発している中、セキュリティ予算の不足、専門家の不在、その複雑さ等の企業ならではの事情により、セキュリティ対策に踏み切れない企業が多く存在している。
このような背景にてサービスとして簡単に始められ、既存システムを改修せずに簡単に導入し、セキュリティのスペシャリストによるマネジッドサービスを受けられるクラウド型WAFサービスは、Webセキュリティに悩みを持つ企業からのニーズが非常に高くなっているのが事実である。

Cloudbricは、現在18カ国28カ所のIDCを基盤に1万以上のグローバルの企業にサービスを展開しており、各企業に対し独立した環境を提供し、それぞれの環境に完全にカスタマイズされたポリシーでセキュリティを実現するエンタープライズ・サービスとして、セキュリティリテラシーの高いお客様の中でその名が知られている。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000200448&id=bodyimage1

ペンタセキュリティは、これまで関東を中心にお客様のニーズに応えてきたが、急増する地方のお客様のニーズにも応えるべく、地域密着型ビジネスを創出したという。
長年お客様と寄り添い、信頼関係を築いてきた地方の企業と手を組むことで、より満足できる、安心できるセキュリティサービスの提供を目指している。

IT.Fは、高崎市を中心にWebサイト制作ビジネスを展開してきた企業として、地方の企業においての課題やニーズを把握し安全なWebビジネスを実現できる手助けとして、Webサイトを守るCloudbricを提案することとなった。

両社は、セキュリティの必然性における啓蒙活動の一環として、セミナーおよび相談会等を通し、お客様への積極的なアプローチを行う予定である。
また、各社の強みを活かし、新たな相乗効果を生み出しつつ、お客様に対し、より安全且つ高度なWebセキュリティサービスをお届けすることに注力していくと意気込みを示した。

【ペンタセキュリティシステムズ株式会社】
会社名:Penta Security Systems K.K.(ペンタセキュリティシステムズ)
代表者:陳 貞喜(ジン ジョンヒ)
所在地:〒160-0004 東京都新宿区四谷4-3-20 いちご四谷四丁目ビル3F
TEL:03-5361-8201
事業内容:ソフトウエア(セキュリティソリューション)の開発・販売
ホームページ:http://www.pentasecurity.co.jp/

【有限会社IT.F】
会社名:有限会社IT.F(アイティエフ)
代表者:佐藤文彦
所在地:〒370-0801 群馬県高崎市上並榎町 479-4原人社ビル2F
TEL:027-370-8411
事業内容:ホームページの作成・管理、ネットワーク関連機器・用品の販売など
ホームページ:http://www.itfnet.co.jp/

配信元企業:Penta Security Systems K.K.
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

バストの総合医療・ナグモクリニックが『再建用インプラント』の無償提供をはじめる!

トップへ戻る

鍋島・七田も!佐賀地酒飲み比べフェア  1.佐賀酒全種60分飲み放題¥500!2.佐賀酒飲み放題付きジビエしゃぶしゃぶ新コース開始!3.スパークリング佐賀酒プレゼント!     佐賀酒づくしの3大フェア開催

RECOMMENDおすすめの記事