バラクーダネットワークスジャパン株式会社:「詳細レポート:サイバー犯罪者がメールアカウントの乗っ取りをどのように使用しているか」(メールセキュリティ)

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

バラクーダネットワークスジャパンはコラム「詳細レポート:サイバー犯罪者がメールアカウントの乗っ取りをどのように使用しているか」を公開しました。興味がある方はご覧ください。
###

電子メールアカウントの乗っ取りは企業にとってますます大きな脅威となり、サイバー犯罪者はこれらのタイプの攻撃の使用方法を進化させています。攻撃者は、電子メールアカウントの乗っ取りによって侵害されたアカウントを頻繁に使用して、横方向のフィッシング攻撃を仕掛けています。

これらのタイプの脅威の詳細と攻撃者が検出を回避するために使用している最新の戦術を明らかにするために、Barracudaは最近、UC BerkleyおよびUC Davisの研究者と共同で詳細な研究レポートをリリースしました。

レポート、スピアフィッシング:トップ脅威とトレンドVol。2 –メールアカウントの乗っ取り:横方向のフィッシングに対する防御、これらの成長と進化する脅威、それらがどのようにステルスでより説得力があるか、およびビジネスを守るための重要な予防策に関する新しい詳細を明らかにします。

(この続きは以下をご覧ください)

https://www.barracuda.co.jp/how-cybercriminals-email-account-takeover/

ワールド・ゴールド・カウンシルが責任ある金鉱採掘原則を立ち上げ

トップへ戻る

アートホテル大阪ベイタワー「SARAS(サラス) DELI & PASTRY」9/13(金)~10/31(木) ハロウィンイベント

RECOMMENDおすすめの記事