株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー:「Raspberri PiとArduinoの商標で注意したいこと」

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー(本社:東京都千代田区、代表者 鵜川 徹、以下「デジタル・ヒュージ・テクノロジー」)は吉政忠志氏のコラム「Raspberri PiとArduinoの商標で注意したいこと」を公開しました。
###

OSSという言葉は今更説明する必要はないかもしれません。OSSはOpen Source Softwareであり、プログラムの設計図と言われるソースが公開されているので、自由に改変ができるという理解でざっくり良いと思います。しかし、OSSのカテゴリの中に様々なライセンスがあり、改変したもの追加したものを必ずソース公開しなければいけないルールのものもありますし、公開しなくてもよいものもあります。それぞれのOSSの著作権者や管理団体がそのOSSにあったライセンスを採用しています。つまり、OSSのカテゴリの中のすべてが、完全自由のOSSではないということなのです。

一方でオープンソースハードウェアというカテゴリもあり、これ馳け傷が公開されたハードウェアということです。代表するオープンソースハードウェア中にRaspberri PiとArduinoというものがあります。今回たまたま、この二つの商標について触れることがあったので、簡単に紹介してみます。

(興味があるかたはご覧ください)

https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2019/09/raspberri-pi-arduino/

ワールド・ゴールド・カウンシルが責任ある金鉱採掘原則を立ち上げ

トップへ戻る

アートホテル大阪ベイタワー「SARAS(サラス) DELI & PASTRY」9/13(金)~10/31(木) ハロウィンイベント

RECOMMENDおすすめの記事