三菱重工、ESG投資指標「Dow Jones Sustainability Index(DJSI)」における「Asia Pacific Index」の構成銘柄に3年連続で選定

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

TOKYO, Sept 17, 2019 – ( JCN Newswire ) – 三菱重工業は、世界の代表的なESG(環境・社会・ガバナンス)投資の指標である「Dow Jones Sustainability Index(DJSI)」における「Asia Pacific Index」の構成銘柄に、一昨年度以来3年連続で選定されました。

DJSIは、1999年に米国S&P Dow Jones Indices社とスイスの投資顧問会社RobecoSAM社が開発した指標で、世界の上場企業を経済・環境・社会の3側面から総合的に分析し、持続可能性に優れた企業を選定するものです。2019年は、アジア・太平洋地域の主要企業約600社のなかから、当社を含む148社(うち日本企業76社)が選定されました。

当社は、持続可能な社会の実現を目指して、自社および顧客における環境負荷の低減、女性の活躍推進、企業統治と情報開示の強化など、環境・社会・ガバナンスの各側面において様々な取り組みを積極的に進めてきました。そのことが評価されて、DJSIの選定に加え、世界最大の年金基金である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が採用しているESG指数である「FTSE Blossom Japan Index」ならびに「MSCI日本株女性活躍指数」の構成銘柄にも引き続き選ばれています。

当社は、今後も絶え間ない変革と卓越した製品・技術を通じて、人と地球の確かな未来、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhi.com/jp/news/story/19091702.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

日本フレスコボール協会(JFBA)公認地域クラブ、逗子フレスコボールクラブ(ZFC)が医療法人メディスタイルと「フレスコボール大会 WITH 海岸祭り」を共催

トップへ戻る

健康経営対応型ヘルシー間食サービス「snaccuru」が業界最多の決済対応サービス「OneQR」を導入。決済手段の拡充により売上げが約8倍増加!

RECOMMENDおすすめの記事