アリババクラウド、ユビタスとの戦略的連携を発表 パブリッククラウドゲームソリューションをグローバル展開

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

アリババクラウドと株式会社ユビタス(本社:東京都港区、CEO:郭栄昌/Wesley Kuo、以下「ユビタス」)は本日(2019/9/26)、アリババ雲栖年度大会でパブリッククラウドを使ったクラウドゲームソリューションを公式に発表いたします。GDKクラウド化キットの活用により、世界各国のゲーム業者は自社のゲームを迅速にアリババクラウドのプラットフォームに配信することができるようになります。ストリーミングを利用して高品質なゲーム体験を簡単に提供し、世界中でクロスプラットフォームによる増収を図ることが可能になります。

ユビタスは2012年よりクラウドゲーム業界のトップ企業であり、日本最大規模のGPUクラウドプラットフォームサービス提供者でもあります。長年積み重ねてきたGPU仮想化及び低遅延ストリーミング技術によって、ゲーム業界にビジネスモデルを二種類提供してまいります。一つはクラウドゲームプラットフォーム技術の使用許諾をゲーム会社に与えて、同社自身のゲーム提供を可能にするモデルです。もう一つはユビタスのGPU-as-a-Service(GaaS)プラットフォームを通して、ゲーム会社のクラウドゲーム運営プラットフォームの管理に協力する他に、海外のパートナーと連携し、更なる市場開拓・展開を支援することです。
アリババクラウドとの深い連携により、ユビタスはアジア市場からグローバル市場へ展開し、世界中の顧客にアイデアと価値を提供してまいります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/194360/LL_img_194360_1.jpg
郭CEOが雲栖大会にて講演

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/194360/img_194360_2.jpg
(左)アリババクラウド 孫磊副総裁/(右)ユビタス 郭CEO

■アリババクラウドを率先して採用し、スケール可能なGPUパブリッククラウドサービスを導入
アリババクラウドとの統合を通じ、ユビタスはGPUパブリッククラウドゲームソリューションを提供してまいります。他のパブリッククラウドに比べて配信準備に要する時間を半減できるだけでなく、世界中の主要なゲーム市場での迅速な展開と即時なスケーラビリティも確保できるようになります。アリババクラウドのElastic GPU service、Object Storage、Quick BIなどの関連製品サービスの活用により、サービス品質やユーザー体験の向上を図ります。ユビタス自社のGPUクラウド技術とアリババクラウドのインフラを統合することにより、サービスを中国からグローバルに拡大します。

■ユビタスCEO郭栄昌のコメント:
「ユビタスはお客様のゲームタイトルを迅速にリリースすることに注力してまいりました。ユビタスはアリババクラウドチームの丁寧で迅速なサポート力を高く評価しました。今日は雲栖大会で、パブリッククラウドを使ったクラウドゲームソリューションのグローバル展開を、アリババクラウドとの共同発表ができ、とても光栄です。アリババクラウドの協力により、即時なスケーラビリティを持つGPUや迅速な製品アップデートの提供ができるようになることで、サービスをグローバル市場へ展開いたします。このソリューションを通して、弊社のプラットフォームは信頼性や拡張性が一層高まり、強力で競争力のあるものとなることと思います。
さらにアリババとの戦略パートナー関係は、5Gネットワークが展開される際に、ユビタスに重要な成長機会をもたらすことになるでしょう。」

【ユビタスについて】
ユビタスはGPU仮想化技術とクラウドストリーム・プラットフォームの先進企業です。スマートフォン、タブレット、ゲーム専用機、スマートTV、パソコンなどあらゆる端末やネットワーク、プラットフォームにまたがるアプリケーション配信を実現し、高品位のアプリケーションをいつでもどこでも利用できる技術とサービスの開発提供を行っています。
全面的なGDK(ゲーム開発キット)を通じ、新規参入時の迅速展開のためのソリューションを提供し、クラウドゲームに興味を持つ中国や海外ゲーム会社支援すると共に、世界各国の通信キャリア・オンラインサービス事業者・ゲーム事業者と協同でクラウドゲーム事業を展開しています。
https://www.ubitus.net

【アリババクラウドについて】
アリババ・グループ・ホールディング(ティッカーコード:BABA)傘下の業務部門として、アリババクラウドは総合的・全面的なグローバルクラウドコンピューティングサービスの提供により、グローバル顧客のオンライン業務やアリババグループ自社の電子商取引エコシステムの開発を展開します。2017年1月、アリババクラウドは国際オリンピック委員会の公式クラウドサービスパートナーになりました。
最新のクラウド技術やセキュリティシステムの改善や開発により、アリババクラウドはビジョン実現のために努力しています。お客様がいつでもどこでも簡単にビジネスを行えるよう支援することを望んでまいります。
https://jp.alibabacloud.com/

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press

日本をまもるために必要なのは、志と学問だ! 気鋭の憲政史研究者による注目の書

トップへ戻る

『不登校生の出席認定説明会&自発的に勉強する子の育て方講座』9月24日(火)、25日(水)に不登校生の保護者206人へ説明会を開催

RECOMMENDおすすめの記事