子どもの足 スマホで簡単計測

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

最新技術で新ビジネス創出をサポートするソフトウェア開発のテックファーム株式会社(所在地:東京都新宿区、代表:代表取締役社長 千原信悟、以下:テックファーム)は、株式会社丸紅フットウェア(以下:丸紅フットウェア)が手掛ける子ども靴ブランド「IFME(R)」(イフミー)の価値向上のため、AR(拡張現実)技術を活用して子どもの足をスマートフォンで手軽に計測できるアプリを開発しました。成長が早い子どもの足を定期的に測定するよう促し、正しい靴選びをサポートします。本アプリは、10月9日よりApp Storeで無料提供されます。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/195473/img_195473_1.png

■ 子どもの足は定期的な測定が必要
足に合っていない靴は、歩き方や運動量、さらには足の健康にまで影響を及ぼし、足指の変形や痛みなどを引き起こします。特に子どもの足は成長が早いので、定期的にサイズを測定し、足と靴が合っているかを確かめることが必要です。
しかしこれまでは、店舗へ行くか自宅でメジャーなどを使うかして測定しなければなりませんでした。アプリで手軽に測定できるようにすることで、計測に対するハードルを下げ、定期的な測定を促します。

■ AR技術を活用、子どもの足に特化
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/195473/img_195473_2.png
本アプリは、iPhone搭載のAR機能「ARKit」を活用し、スマートフォンのカメラで撮影すると足のサイズを計測するものです。精度を高めるため比較対象物としてA4用紙を使い、3D空間で距離を測ります。
スマートフォンによる計測では、同じように比較対象物を置き“画像処理”によって比較計算する方法もあります。しかしこの場合、真上から撮影する必要があるため子どもの足には不向きです。ARを活用すれば、親などの大人が子どもの横側から撮影しても、足のサイズを算出できます。
さらに、本アプリでは子どもがじっと立っていられない場合も想定し、撮影時間がなるべく短くなるよう位置の微調整を撮影後に行えるようにしました。計測の記録はアプリ上でグラフ表示され、足の成長を可視化することができます。また、3か月に1回、計測を促すリマインドがPUSHメッセージで届きます。

■ ブランド価値向上に技術で貢献
丸紅フットウェアが手掛ける「IFME(R)」は、“子どもたちの健やかな足を育む”をコンセプトにした子ども靴ブランドです。テックファームはこのブランドコンセプトを最新技術でサポートするため、ARを活用して本アプリを開発しました。本アプリは、10月9日よりApp Storeで無料提供されます。

■ テックファームについて
1998年にインターネット関連のソフトウェア開発及びコンサルティングを主たる事業としてスタート。社名の由来は、創業者がシリコンバレーで活躍する弁護士の高いプロ意識と専門知識に感銘を受け、「テクノロジーにおけるローファーム(弁護士事務所)になる」という発想から。ドコモ「iモード」のシステム開発をはじめとして、モバイルの発展と共に成長。業界を問わず蓄積してきたソフトウェア開発の経験・ノウハウを自社のソリューションとしても昇華させている。2015年に持ち株会社制へ移行。
グループ会社は、カジノ施設向けモバイル決済ソリューション開発のPrism Solutions Inc.、自動車アフターマーケット向けソリューション開発の株式会社EBE、農水産物の輸出支援を手掛ける株式会社We Agri、AI・データサイエンスのスタートアップ企業である株式会社ギャラクシーズと、それらを統括するテックファームホールディングス株式会社。

<所在地>
東京都新宿区西新宿3丁目20番2号 東京オペラシティタワー23F
<代表者>
代表取締役社長 千原 信悟
<資本金>
100,000,000円(2019年9月末)
<URL>
https://www.techfirm.co.jp/

※ 記載の商品名、サービス名及び会社名は、各社の商標または登録商標です。

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press

長年築いた「キャリア」と「自分の思い」で「自分らしいセカンドキャリア」をビジネス化!

トップへ戻る

広島で初の大規模芸術祭「ひろしまトリエンナーレ2020 in BINGO」を開催

RECOMMENDおすすめの記事