VISION 100の広報大使に、和田アキ子さんを任命 「人生100年時代、ファン一人ひとりの笑顔をしっかり見ながら歌い続けたい」

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

~「目の愛護デー」で発表~

ノバルティス ファーマ株式会社(代表取締役社長:綱場一成)は、10月10日「目の愛護デー」に、100歳まで眼(“ビジョン”)の健康と人生における“ビジョン”を持ち続けよう、とシニアの方々にエールを贈る眼の健康に関する啓発活動「VISION 100」のスタートにあたり、広報大使に和田アキ子さんを任命しましたのでお知らせいたします。

第1部では、「VISION 100」についての説明後、綱場より和田アキ子さんに広報大使就任の任命状をお渡ししました。
VISION 100の広報大使に、和田アキ子さんを任命 「人生100年時代、ファン一人ひとりの笑顔をしっかり見ながら歌い続けたい」
続いて、和田アキ子さん、「VISION 100」の趣旨にご賛同いただいた東京女子医科大学 眼科 教授の飯田知弘先生、綱場の3人が登壇し、「VISION 100」を象徴する一文字を選んでいただきました。和田さんは「楽」、飯田先生は「瞳」、綱場は「創」を書いたものを紹介頂きました。

和田さんからは「人生100年時代に、歌を通して自分が楽しみ、そしてファンにも楽しんでもらいたい。一人ひとりの笑顔をしっかり見ながら歌い続ける自分でありたい」と見えることの重要性とご自身のビジョンを語って頂きました。
VISION 100の広報大使に、和田アキ子さんを任命 「人生100年時代、ファン一人ひとりの笑顔をしっかり見ながら歌い続けたい」
第2部では、東京女子医科大学 眼科 教授 飯田知弘先生から、「シニアが気を付けるべき眼の疾患 ~人生100年時代の眼を守る~」についてご講演いただきました。飯田先生は、次のように述べておられました。「加齢性眼疾患の代表的疾患の一つである加齢黄斑変性の治療において、継続的に治療を行うことがとても大切です。また、患者さんも病気の症状をきちんと把握して見え方に異変を感じたらすぐに専門医に相談して頂きたいと思います」。

最後に、視力の重要さを体験して頂く「ダイン・イン・ザ・ダーク(暗闇での食事)」を実施いたしました。

シニア層にとって、生涯にわたって目の健康を維持することは、健康寿命の延伸、要介護につながる認知症においても、極めて重要な役割を果たすと言われています。ノバルティス ファーマ 社長 綱場一成は、「100歳まで見える喜びを感じながら、豊かな人生を楽しめるよう社会に発信することが私たちの使命の一つと考えております。和田アキ子さんには、そのお人柄とパワーで、一人でも多くのシニア層にエールを贈っていただきたいと思います」と述べています。

VISION 100とは
「眼を守る正しい知識」、「加齢性眼疾患の予防と対処」、「眼の病気を抱える方々への適切なサポート」の普及をとおして、「人生100年時代にあたり、眼(ビジョン)の健康と人生におけるビジョンを持ち続けよう」というコンセプトの下、立ちあげられたプロジェクトです。眼の健康を維持する大切さについて啓発すると同時に、いつまでも健康で豊かで自分らしく生きる人生を送れるようシニア層にエールを贈る活動です。

ノバルティス ファーマ株式会社について
ノバルティス ファーマ株式会社は、スイス・バーゼル市に本拠を置く医薬品のグローバルリーディングカンパニー、ノバルティスの日本法人です。ノバルティスは、より充実したすこやかな毎日のために、これからの医薬品と医療の未来を描いています。ノバルティスは世界で約10万5千人の社員を擁しており、7億5千万人以上の患者さんに製品が届けられています。ノバルティスに関する詳細はホームページをご覧ください。
https://www.novartis.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

千葉科学大学で10月26日、人気映画「縄文にハマる人々」無料上映/時代の謎に専門家が迫るドキュメンタリー

トップへ戻る

ワントゥーテンと乃村工藝社、人の表情を読み取り空間にある感情の可視化を試みる「emograf」を共同制作

RECOMMENDおすすめの記事