「Asia Fashion Collection 7th」NYファッションウィーク出場の日本代表ブランド&「AFC U-18 2019」全国トップ3が決定

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

株式会社バンタン(本部:東京都渋谷区)と株式会社パルコ(本部:東京都渋谷区)が主催する、アジアの若手デザイナーを発掘・インキュベートするプロジェクト「Asia Fashion Collection 7th(アジアファッションコレクション、以下AFC)」の審査会が10月13日(日)に行われ、来年の2月に開催されるニューヨーク・ファッション・ウィーク(以下NYFW)に出場する権利を持つ日本代表の3ブランドが決定しました。また、中高生を対象としたファッションコンテスト『AFC U-18(エーエフシー ユーイチハチ)2019』の2次審査も行われ、全国トップ3の作品が決定しました。

≪AFCとは≫
バンタンとパルコが主催するAFCは、アジア各国機構(韓国・台湾・タイ)と連携してアジアの若手デザイナーを発掘・インキュベート(起業支援)するプロジェクトです。選出された各国代表の若手デザイナーは、制作費や技術面、渡航費などのサポートを受けながら、NYFWや国際的な展示会への出場権を獲得します。アジアのファッション産業の更なる発展を目的に始まり、今年で7回目。
2年前より中高生を対象としたファッションコンテスト『AFC U-18』も開催し、次世代のファッション人材の育成を行うと共に、日本の未来を担うファッションデザイナーの発掘と発信を行っています。
http://asiafashioncollection.com/

■AFC史上最年少の受賞者がNYステージに進出

「Asia Fashion Collection 7th」NYファッションウィーク出場の日本代表ブランド&「AFC U-18 2019」全国トップ3が決定
10月13日(日)に行われたのは、日本・韓国・台湾・タイの若手10ブランドのプレゼンテーション。各デザイナーが最新コレクションを日本で初めて披露する場となり、ブランドコンセプトやルックの詳細を発表しました。日本の7ブランドにとってはNYFWに出場する権利を持つ“日本代表”を決める最終審査を兼ねており、クリエイティブ面・市場性や時代性を考慮したビジネス面・ブランドの発信力などのコミュニケーション面といった3つの要素にて評価を実施。審査員は服を手に取りながらルックを確認しました。
日本代表に選ばれたのは、AFC史上最年少となる18歳のデザイナー宮下奈々の『aNANA tih sayim』と、竹中太将と伊藤来未の『ito』、そして片岡シキ・カーラの『KTOKA』。完成度の高さや将来性が評価されました。
すでにNYステージへの出場を決めていた韓国・台湾・タイの3ブランドと共に日本代表ブランドは今後、AFC実行委員会より制作費や技術面、渡航費等のサポートを受けながらNYFWに向けて2020FWコレクションの制作に取り掛かります。なお、当初予定されていたショー形式でのコレクション披露は、台風の影響で中止となりました。

【日本代表に選ばれたブランド】
『aNANA tih sayim(アナナ・ティ・シャイム)』
『ito(イト)』
『KTOKA(カトカ)』
【アジア代表のブランド】

韓国代表『VEGAN TIGER(ヴィーガン タイガー』
台湾代表『SEANNUNG(ショーンノン)』
タイ代表『CHALISA BRAND(チャリサブランド)』
■日本の将来を担う未来のデザイナーの卵トップ3
同時に開催している『AFC U-18 2019』の今年のテーマは、「2020 年あなたが着たいオリジナルスタイリング」。提出されたデザイン画20作の中から、SNSによる一般投票と審査員による審査を経て二次審査を通過したのは、細井玲寧(京丹波町立瑞穂中学校)、市野りお(愛知県立名古屋西高等学校)と黒田杏実(北海道芸術高等学校)。今後、来年2月に東京で行われる最終審査に向けて実際の服作りを開始し、“日本一の中高生デザイナー”という称号を目指します。

【二次審査通過作品】(デザイナー名/在籍校/作品名) ※順不同
細井玲寧(ほそい れな)/京丹波町立瑞穂中学校 『なれない人(アンニュイ)』
市野りお(いちの りお)/愛知県立名古屋西高等学校 『turn beautiful colors』
黒田杏実(くろだ あみ)/北海道芸術高等学校 『tacky fashion』
■実施概要
【「AFC 7th」審査会】
日時: 10月13日(日)
会場: バンタンデザイン研究所(東京都渋谷区恵比寿1-9-14)
審査基準:クリエイティビティ/ビジネス/コミュニケーション
審査員:
村上 要(WWD JAPAN.com編集長 / Editor in Chief OF WWD JAPAN.com) ※審査員長
久保田雅也(株式会社ビームス 第1事業本部 BEAMS1部 ウィメンズ課 統括ディレクター)
中根 大樹(株式会社TOKYO BASE STUDIOUS BRAND DIRECTOR / BUYER)
芳之内史也(株式会社レコオーランド FASHIONSNAP.COM シニア編集記者)
関根 千紘(株式会社 三越伊勢丹 婦人子供雑貨統括部 新宿婦人・子供商品部 TOKYO・C バイヤー)
※敬称略・順不同
協賛:ウルトラスエード、三井物産アイ・ファッション株式会社、MODA TOKYO(モーダトーキョー)、SIXTY PERCENT(シックスティパーセント)、TONI&GUY JAPAN(トニーアンドガイジャパン)、シタテル、宇仁繊維株式会社
後援:コリア ファッション インダストリー アソシエーション、台湾テキスタイルフェデレーション、サイアム・ピワット(タイ)
※ショー形式の“東京ステージ”は台風の影響で中止いたしました。

【『AFC U-18 2019』】
審査内容:SNS審査 実施日:10月1日(火)~10月13日(日)
スタイル画審査 実施日:10月13日(日)
審査基準:オリジナリティ/今っぽさ/SNS発信力
審査員:大瀧 彩乃(スタイリスト)、伊達 めぐみ(スタイリスト)、四本 優子(スタイリスト)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

ヘイズ 2019/2020ヘイズ アジア ダイバーシティ&インクルージョンレポート>直属の上司が女性との回答、日本は33%で前年比5%増

TOPへ戻る

佐藤利奈さん、高野麻里佳さん、種崎敦美さんがお悩みに答えます! 異世界SRPG『社長、バトルの時間です!』第4回生放送のお知らせ

RECOMMENDおすすめの記事