風がなくても泳いでくれる『どこでも鯉のぼり』を新発売!お部屋やベランダなど、自由に飾れる全7タイプ(3サイズ)を展開

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

株式会社東旭こいのぼり(埼玉県熊谷市、代表取締役:徳永 夕子)は、ポールや矢車といった器具を使わずに、お部屋の中や、軒下など、ちょっとした場所に、誰でも手軽に鯉のぼりをかわいく飾れる『どこでも鯉のぼり』(特許出願中 P18013)を新発売いたしました。
付属のロープをお好きな場所に固定したら、小さめサイズの鯉のぼりを横並びに飾っていくだけ。飾る場所に合わせて鯉のぼりの大きさや数を選べるよう、0.6mセット、0.8mセット、1mセットの3サイズ※、全7タイプをご用意しております。※ サイズにより、鯉のぼりのデザインが異なります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/178983/LL_img_178983_1.jpg
どこでも鯉のぼりの説明

■『どこでも鯉のぼり』発売の背景
最近は住宅事情などの問題から、鯉のぼりを揚げる家庭が減ってきています。「こどもの日に鯉のぼりを揚げた思い出」が、子供たちの中からなくなっていくのは、寂しいものです。そこで、東旭こいのぼりは、これからも鯉のぼりの思い出を作ってもらおうと、もっと手軽に、アイデア次第で、いろいろな場所に飾れる「どこでも鯉のぼり」をつくりました。基本は、小さめサイズの鯉のぼりを、ロープに対して横に飾るだけ。風がない日でも、きれいに泳いで見えます。ロープへの固定も、付属のスナップ(バネ式口金具)でワンタッチ。室内や屋外など、お好きな場所に飾って、これからも子供たちに、鯉のぼりの思い出を。

■『どこでも鯉のぼり』の特長
1. 横向きに泳いでいるように飾るので、風がなくてもきれい
2. スナップで固定するので、位置の調整が簡単
3. 付属のロープへはもちろん、フックなどにひっかけてもOK
4. 必要に応じて、固定用のスナップを取れば、従来の鯉のぼりと同様に飾れます

■「どこでも鯉のぼり」の商品概要(3サイズ・全7タイプ)
※サイズにより、鯉のぼりのデザインが異なります。※特許出願中 P18013

(1)どこでも ちりめん金彩 0.6m
セット(吹流し付):47,000円(税別)

(2)どこでも 優輝 0.8m
3匹セット:20,700円(税別)
4匹セット:26,300円(税別)
5匹セット:31,900円(税別)

(3)どこでも スターゴールド 1m
3匹セット:39,600円(税別)
4匹セット:51,500円(税別)
5匹セット:63,400円(税別)

化粧箱の大きさ:幅 約21.5cm×奥行 約22.5cm×高さ 約13.5cm
販売店 :全国の節句専門店・人形専門店など

■会社概要
社名 : 株式会社東旭こいのぼり
代表者 : 徳永 夕子
所在地 : 〒360-0024 埼玉県熊谷市問屋町3-1-5
設立と沿革: 1948年
東旭の前身となる小菅商店を設立
1960年
日本最初の合成繊維(ナイロン)製こいのぼりを開発・発売
1961年
社名を東旭株式会社に変更
1997年
山本寛斎デザインの鯉のぼりを発売
2017年
社名を株式会社東旭こいのぼりに変更
事業内容 : 鯉のぼりの製造および販売
資本金 : 1,000万円
URL : http://www.tokyoku.co.jp/

【本製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社東旭こいのぼり
TEL:048-524-6511

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press

「決裁者にYes!と言わせる社内プレゼン&「資料作成・話し方」ブラッシュアップ術 」と題して、プレゼンクリエイター 前田 鎌利氏によるセミナーを2019年4月9日(火)SSK セミナールームにて開催!

トップへ戻る

飯沼英樹氏の個展「デジタルに変換されたはずの彼女がまさかの天然木変換」を開催

RECOMMENDおすすめの記事

Recommended by Outbrain