60代の93%はボールペンを週1回以上使用している。 20代と比較し、24.1ポイント高い

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

株式会社ドゥ・ハウスは、自社のインターネットリサーチサービス『my アンケートlight』を利用し、20 代~60 代の男女を対象に「ボールペン」に関するWEB アンケートを実施いたしました。調査期間は2019 年7 月24 日(水)~7 月30 日(火)。有効回答は977 人から得ました。

調査サマリ

・ボールペンを週1日以上使用している人は83.4%、年代が上がるほど、「ほぼ毎日」ボールペンを使っている割合は高い。

・ボールペンの購入場所は、「100円ショップ」がもっとも高く31.2%、次に「文具店(29.7%)」「スーパー(27.7%)」が続く。

・ボールペンに求める機能・こだわりについては、「なめらかな書き心地」が約8割でもっとも高い。また、男性と比べ女性のほうが「好みの太さの芯がある」傾向にある。

・持ち歩きのときの機能、暗いところでの機能、なくしたときの機能、様々な利用シーンに合わせたボールペンへの要望がある。

約8割がボールペンを週1日以上使用している。年代が上がるほど、「ほぼ毎日」ボールペンを使っている割合は高い

普段、仕事やプライベートでどのくらいボールペンを使用しているか聞いたところ、週に1日以上ボールペンを使用している人は、83.4%になりました。(「ほぼ毎日」「週4~5日程度」「週1~3日程度」の合算)
また、年代別に見てみると「ほぼ毎日」使用している割合が高いのは60代で57.5%、次いで50代(54.5%)、40代(51.0%)となり、20代になると33.9%にまで下がっています(図1)。
ボールペンを使用するシーンは、授業のノート、手紙、仕事の書類、仕事のメモ、家事のメモ、スケジュール管理など多岐に渡ります。しかし、若年層ほどボールペンを使う割合が減っているのは、スマホなどのデジタルツールの浸透が影響しているのかもしれません。

                                            【図1】ボールペンの使用頻度(単一回答・n=977)

画像 : https://newscast.jp/attachments/oB1Bo51eErLjJQxXsJCZ.png

ボールペンの購入場所は、「100円ショップ」がもっとも高く31.2%、次に「文具店」、「スーパー」が続く

ボールペンの購入場所について聞いたところ、「100円ショップ」がもっとも高く31.2%となり、「文具店(29.7%)」、「スーパー(27.7%)」という順になりました。
また、「バラエティショップ」に関して男女別に見てみると、男性が10.5%、女性が21.6%となり、女性のほうが11.1ポイント高くなっています(図2)。
「東京インターナショナルペンショー」や「紙フェスKOBE 2019」や「文具女子博」といった女性ターゲットのイベントが開催されるなど文房具好きも多く、バラエティショップでも「プチ 文房具の女子会」(ロフト)など文具に関するイベントが開催されています。また、SNSでも便利さにおしゃれなデザインを兼ね備えた文房具が紹介されることが増えてきました。そのため、ボールペンなどの文房具の品揃えが多いバラエティショップに買いに行く女性が男性よりいるのではないでしょうか。

                                            【図2】ボールペンの購入場所(複数回答・n=909)

画像 : https://newscast.jp/attachments/ZKqkKJ3du4XbgLwIYIPj.png

約8割の人が、ボールペンに「なめらかな書き心地」を求めている。男性と比べ女性のほうが「好みの太さの芯がある」傾向にある

ボールペンに求める機能・こだわりについて聞いたところ、「なめらかな書き心地」が81.0%でもっとも高く、次いで、「持ちやすさ(43.1%)」「インク垂れがない(34.3%)」などの書きやすさに関する機能が上位に来ています。一方、「デザインがおしゃれ(8.8%)」、「カラーバリエーションが豊富(3.7%)」といったものはかなり低くなっています。ボールペンに求めることは、見た目やカラーバリエーションよりも書くときにストレスがないことなのかもしれません。
男女で差があったのは「好みの太さの芯がある」で、男性は13.0%、女性が26.1%となり、女性のほうが13.1ポイント高くなっています。(図3)

                                         【図3】ボールペンに求める機能・こだわり(複数回答・n=909)

画像 : https://newscast.jp/attachments/hmaMIQcILbBnfq9G5GH7.png

新しいボールペンのアイデア。「スマホ収納できる」「手元ライトがついているペン」「スマホで探せる」など様々な利用シーンに合わせたボールペンへの要望

次に、『こんなボールペンがあればいいな』という要望や新商品アイデアを聞いたところ、様々な利用シーンに合わせたボールペンの要望が上がってきました。下記に、興味深い回答を一部紹介いたします。

【小さいサイズのボールペン】

ボールペンを持ち歩くのは不便なので、スマートフォンに収納できるボールペンがあったらべんりだなと思う。(男性41歳)
どんな場所でも使いやすいように持ち歩きを気軽にできるコンパクトになる仕組みのつくりのボールペン。(女性29歳)
長さが通常より短めだけど持つところが太くて握りやすい、バックに入れる時通常の長さでは長すぎるので短めが欲しい。(女性61歳)
今あるボールペンの3分の2以下の小さなタイプがあると持ち歩きしやすいし、化粧ポーチなどにも入れやすい。(女性63歳)

【ライト付きのボールペン】

ペン先にライトがついていて暗い所でも書ける。(男性27歳)
暗くても使えるLED照明付き。(男性60歳)
暗いところでもかける手元ライトがついているペン。(女性34歳)

【所在が分かるボールペン】

無くしたときにどこにあるかスマホに通知が来る。(女性40歳)
所在不明になってもスマホで探せる。(女性66歳)

取得項目

ボールペンの使用頻度
ボールペンの購入場所
もっとも使用しているボールペンの種類
ボールペンでもっとも多く使用する色、その次に使用する色
ボールペンに求める機能・こだわり
もっとも使用する・好みである芯の太さ
ボールペンのインクが切れたら、とる行動
新機能がついたボールペンの認知
新機能がついたボールペンの使用状況
新機能がついたボールペンの今後の使用有無
「こんなボールペンがあったら、いいな」というアイデア

これらの詳細な数値は下記からダウンロードいただけます。

「ボールペン」に関する調査結果 : https://www.dohouse.co.jp/datacolle/rs20191119/

会社概要

国内・海外でマーケティング事業を展開し、生活と流通の2つのマーケティングフィールドに対する、クチコミプロモーション及び定性リサーチを実施しています。
会社名 :株式会社ドゥ・ハウス https://www.dohouse.co.jp/
設立  :1980年7月7日
代表者 :代表取締役社長 高栖 祐介

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press

公益財団法人コスメトロジー研究振興財団 法人名称を変更 ~2020年度よりコスメトロジー領域初の大学講座研究助成を開始~

TOPへ戻る

埼玉工業大学、播磨科学公園都市の自動運転実証運行に協力 ~自動運転バスを提供し実証運行を技術サポート~

RECOMMENDおすすめの記事