イリュージョニスト HARA マジック界のアカデミー賞マーリン・アワード「Most creative illusionist」を日本人初受賞!

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

「マジックキャッスル」のステージで新作を披露するまでの様子に密着した毎日放送『情熱大陸』は11月24日放送!

イリュージョニスト HARA マジック界のアカデミー賞マーリン・アワード「Most creative illusionist」を日本人初受賞!

高校生の時にアメリカ・ラスベガスにて開催されたマジック世界大会「World Magic Seminar Teens contest」にて日本人初のグランプリを受賞したことで、世界中の注目を浴び、以降数々の賞を獲得。日本人イリュージョニストの歴史をも塗り替えてきた、HARA。そんな彼がこの度、マジック界において最も名誉ある賞の1つである、Merlin Award“Most creative illusionist2020”の受賞を日本人イリュージョニストとして初めて成し遂げた。
“世界一のイリュージョニスト”HARAが、選ばれしマジシャンしか立つことの出来ないアメリカ・ロサンゼルスにあるマジックの殿堂「マジックキャッスル」のステージで新作を披露するまでをMBS『情熱大陸』が密着しており、その模様がついに11月24日に放送される。世界が認めたイリュージョンの、普段絶対に見ることの出来ない禁断の舞台裏は必見である。

イリュージョニスト HARA マジック界のアカデミー賞マーリン・アワード「Most creative illusionist」を日本人初受賞!

【世界一のイリュージョニストHARA】
HARAは、最寄りのコンビニまで車で1時間かかる奈良県十津川村に生まれ、幼い頃、父親に付いて上京した際に井の頭公園で見たマジックに心を奪われたことから、独学でマジックを修得し、2009年高校生の時にアメリカ・ラスベガスにて開催されたマジック世界ジュニア大会「World Magic Seminar Teens contest」にて日本人初のグランプリを受賞した。その軌跡を追ったドキュメンタリー映画『Make Believe』も、ロサンゼルス国際映画祭にてグランプリを受賞している。この大会を主催していたマジック界の重鎮ランス・バートンに見初められ、マジックの本場ラスベガスへの移住を決意。ここで自身の特徴である独創性が磨かれていく。
その後、世界的に有名なマジックの殿堂ハリウッド『マジックキャッスル』にて開催された、未来のスターマジシャンを集結させた「Future Stars Week」に日本人史上最年少で初出演し大トリを務め、2012年アメリカ、ラスベガスで開催されたS.A.M(The Society of American Magicians)世界大会で優勝。観客投票により決定されるPeople Choice Awardも併せて受賞するなど、数々の賞を獲得していく。
2014年には、世界で初めて無重力状態でのマジックに成功させ、2016年アメリカの人気オーディション番組『Americas got talent』に出演した際に披露した演目「IBUKI」は、スタンディングオベーションを浴び、以降アメリカ、アジア、中米、ヨーロッパ、アフリカ、中東等、世界30カ国以上のTV/ショーにゲスト出演するなど、活躍の場が全世界に広がっている。

今回受賞した、マーリン・アワードは、世界最大のメンバー数を誇るマジック団体『インターナショナル・マジシャンズ・ソサエティ』(以下IMS)が選定する、マジック界において最も名誉ある賞の1つで、マジック界の“アカデミー賞”ともいわれ、過去には自由の女神を消すイリュージョンで有名なデビッド・カッパーフィールドなどが受賞しており、今回HARAは、最も独創性あるパフォーマンスを行うイリュージョニストに与えられる賞“Most creative illusionist”を日本人イリュージョニストとして初めて受賞することとなった。

イリュージョニスト HARA マジック界のアカデミー賞マーリン・アワード「Most creative illusionist」を日本人初受賞!

【『情熱大陸』世界を飛び回る異端のイリュージョニスト その奇跡の瞬間を刮目せよ―。】

そんな注目度、実力ともに世界一のHARAが満を持して毎日放送『情熱大陸』に登場する。スタンディングオベーションを受けた『Americas got talent』に出演した際に披露した演目「IBUKI」同様、和の心を大事にし、ストーリー性のあるイリュージョンで世界を魅了してきたHARAが、選ばれしマジシャンしか立つことの出来ないアメリカ・ロサンゼルスにあるマジックの殿堂『マジックキャッスル』のステージで披露する新作の制作現場にカメラが密着しついに放送される。

世界中からオファーが殺到しているHARAのイリュージョンは、2020年1月25日の焼津文化会館を皮切りにスタートする、自身初の日本全国ツアーで体感する事が出来る。新時代のイリュージョンを是非自身の目で確かめて欲しい。

HARA オフィシャルサイト
https://www.hirokihara.com/

イリュージョニスト HARA マジック界のアカデミー賞マーリン・アワード「Most creative illusionist」を日本人初受賞!

<HARA コメント>
歴史あるIMSマーリンアワードの受賞は、奈良の山奥で生まれ、独学で開発してきた作品や活動を認めて頂いた証ということで、大変嬉しく、そして光栄に思います。
この賞を励みとし、これからもまだ誰も観たことのない、新しいイリュージョンの創作に励んでいきます。

マジックは花火に似ていて、一瞬で終わります。
でもその一瞬の驚きを生み出すために、我々は地味で孤独な研究や開発に時間を費やしています。
今回、初めてマジックが生まれる裏側に密着して頂いたのですが、
私はイリュージョニストとしてカッコつけることを諦め、全てをさらけ出しています。
華やかなイリュージョンからは想像できない裏側も見せてしまっているので、どのような番組になっているのか、私自身も放送を非常に楽しみにしております!

——————————————————————————
『情熱大陸』
世界を飛び回る異端のイリュージョニスト
その奇跡の瞬間を刮目せよ―。
HARA イリュージョニスト Vol.1078
■放送日     11月24日(日)よる11:00~
■ディレクター 赤坂康一
■プロデューサー 中村卓也 石井伸幸
■制作協力     フリーピット
■製作著作     毎日放送
——————————————————————————
HARA イリュージョンマジックショー Japan tour 2020「inspiration」
2020年1月25日@焼津文化会館(静岡) お問い合わせ先:054-627-3111
2020年2月9日@葛城市新庄文化会館(奈良) お問い合わせ先:0745-69-4600
2020年2月15日@幸手市民文化体育館(埼玉) お問い合わせ先:0480-48-0048
2020年3月20日@フェニーチェ堺大ホール(大阪) お問い合わせ先:072-228-0440
2020年3月21日@ウインクあいち(愛知) お問い合わせ先:052-582-4311(中京テレビ事業)

その他随時追加予定

※IMSとは?
IMS (International Magicians society ) 世界国際マジシャン協会は、ギネス世界記録に記録されている世界最大のマジック協会。
1968年創設、加盟メンバーは世界中に約37000名。
芸術としてのマジックの促進と保存を支援し、マジシャンが秘密やアイデアを共有できる形式を提供するために結成された団体である。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

今なら先着でもらえる!サッカー選手御用達ブランド「BALR.」限定ショッピングバッグが登場~バランススタイル各店舗で開催

TOPへ戻る

瀬戸内国際芸術祭で使われた祝祭バナーを再利用した限定グッズ販売と、オリジナルサコッシュワークショップを「WeBase 高松」で開催します!

RECOMMENDおすすめの記事