バラクーダネットワークスジャパン株式会社:地方自治体のインフラストラクチャセキュリティの重大な問題

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

バラクーダネットジャパンはコラム「地方自治体のインフラストラクチャセキュリティの重大な問題」を公開しました。
###

2019年11月11日、Mike Vizard

米国下院国土安全保障委員会の委員は、ジョージア州アトランタ、メリーランド州ボルチモアなどの地方自治体が相次ぐランサムウェア攻撃によって活動できなくなったことを受けて、州政府と地方自治体がサイバーセキュリティインフラストラクチャの重大な問題に対処するために役立つ資金を蓄える法案を起草しています。

NVIDIAが今週ワシントンDCで主催したGTC(GPU Technology Conference)では、委員会を補佐するMoira Bergenが、この法案はインフラストラクチャを保護するために地方自治体と従来より密接に協力するようにDHS(米国国土安全保障省)の機関であるCISA(Cybersecurity and Infrastructure Security Agency)に指示するものであることを明らかにしました。

この続きは以下をご覧ください

https://www.barracuda.co.jp/critical-infrastructure-security-issues-get-local/

ロボットスタートのメディア音声化サービス「Audiostart」を利用したスキルがAmazon Alexaニューススキルの30%を突破

TOPへ戻る

「技術革新と社会変化から読み解く令和時代の10大ビジネスチャンス」と題して、株式会社メウビート 代表取締役 深田 智史氏によるセミナーを2020年1月29日(水)に紀尾井フォーラムにて開催!!

RECOMMENDおすすめの記事