プライム・ストラテジー株式会社:「高速化ツールは用途を考えて採用するべき」

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「「高速化ツールは用途を考えて採用するべき」」を公開しました。
###

吉政忠志顧問のWebビジネス千里眼コラム第29回がディーアイエスソリューションで公開されました。興味がある方はご覧ください。



Webサイトの所有者は単純に高速化したいという要望があります。思いとしては単純で、サイトの表示速度が速くないと、離脱率が上がったり、そもそも見にくいのWebサイト閲覧者の満足度が下がるからです。そして、Googleの検索順位を決めるうえで、表示速度は重要な要素なので、表示速度が遅いと検索順位が上がりにくかったり、順位が下がっていきます。

この続きは以下をご覧ください

https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3484

ロボットスタートのメディア音声化サービス「Audiostart」を利用したスキルがAmazon Alexaニューススキルの30%を突破

TOPへ戻る

「技術革新と社会変化から読み解く令和時代の10大ビジネスチャンス」と題して、株式会社メウビート 代表取締役 深田 智史氏によるセミナーを2020年1月29日(水)に紀尾井フォーラムにて開催!!

RECOMMENDおすすめの記事