ホエールウォッチングシーズン到来!小笠原にザトウクジラが帰ってきた!

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

画像 : https://newscast.jp/attachments/08eZX9qo7b3lw9s3bc4J.jpg
ザトウクジラのブリーチング

今年もホエールウォッチングのシーズンが到来!

2019年11月27日に母島で、28日には父島で今年初のザトウクジラが観察されました。
小笠原ではザトウクジラが出産、子育てのために北の海から、毎年この季節に戻ってきます。
もう、何年も連続で観察されているクジラもいます。
12月から5月初旬までがホエールウォッチングの季節となります。
実は、小笠原は、1988年に日本で初めてホエールウォッチングツアーが行われた場所なんです。

画像 : https://newscast.jp/attachments/WxQa9EnX7g3uMGi7V5XD.jpg
船からのホエールウォッチング

陸からもホエールウォッチングができる!?

小笠原でのホエールウォッチングは、もちろん船からも行いますが、小高い丘の上からも観察できるほど、多くのクジラがやってきます。
父島ではウェザーステーション展望台、母島では御幸之浜や鮫ケ崎展望台が有名です。
ウェザーステーション展望台では、2月から4月のおがさわら丸入港後に、小笠原ホエールウォッチング協会の職員がクジラの陸上観察会を行っています。

画像 : https://newscast.jp/attachments/b8Jo97lB5PZKO9XOYPea.jpg
ウェザーステーション展望台 写真提供:小笠原ホエールウォッチング協会

画像 : https://newscast.jp/attachments/kSGNe0oxQ6TGXHBS3p6c.jpg
鮫ケ崎展望台 写真提供:梅野ひろみ

ホエールウォッチングツアー

船での観察はより近くでクジラを観ることが出来ます。ブローと呼ばれる噴気を見つけ、船でそっとクジラに近づきます。小笠原では自主ルールが決められていて、クジラから100m以内には近づけません。しかし、クジラの方から船に興味をもって寄ってくる場合もあります。
小笠原生まれのクジラは、子供のころからウォッチングのボートを見慣れているのかもしれません。
運が良ければ船の下をくぐっていくクジラやブリーチング(ジャンプ)を近くで観られるかもしれません。

画像 : https://newscast.jp/attachments/fLmtLiYtEJH63BV6WCCt.JPG
船上からのホエールウォッチング

画像 : https://newscast.jp/attachments/hPK4415wR440DtADPzTJ.JPG
ホエールウォッチング

2月~4月がベストシーズン

12月初めから5月初めまでが、例年ホエールウォッチングのシーズンですが、ベストシーズンは2月から4月となります。この時期はクジラの数も多く、船のウォッチングツアーに参加すれば、何頭ものクジラを観ることが出来ます。(野生動物なので100%ではありません)親子クジラが泳ぐ姿を観るにはオススメの時期です。
また、この時期はトレッキングにも適していて、固有植物が多く観られる森を歩きながら、小高い丘から「トレッキング&ホエールウォッチングツアー」を楽しみに、多くの観光客が訪れます。
この冬の旅行先は、暖かい小笠原で大自然を感じる旅はいかがでしょうか?

画像 : https://newscast.jp/attachments/LXzQRsIu7gRyyphtRMaO.jpg
トレッキング

情報

小笠原でのホエールウォッチング関連記事
http://bit.ly/38nTfAr

ホエールウォッチング Archives – 小笠原村観光局 : http://bit.ly/38nTfAr

小笠原ホエールウォッチング協会
http://www.owa1989.com/

小笠原ホエールウォッチング協会 : http://www.owa1989.com/

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press

使いやすい角度に調整ができるクランプ式キーボードスライダーを12月11日発売

TOPへ戻る

ふるさとチョイス、寄附金の使い道への共感で寄附を募る「ガバメントクラウドファンディング(R)」の2019年総括を発表

RECOMMENDおすすめの記事