井上天極堂 葛の伝道師「葛ソムリエ」養成講座を、奈良県御所市にて4月に開催!~葛の話と葛料理実習で伝統産業を学ぶ~

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

1870年創業、葛の老舗、葛専門店の株式会社 井上天極堂は、年1回『葛ソムリエ』認定試験を実施しています。試験を受けるためには4月に行われる講義を受ける必要があり、5月に行われる認定試験に合格すれば『葛ソムリエ』に認定させていただきます。
2019年は4月10日(水)までにお申込み・ご入金いただければ、4月16日(火)もしくは4月20日(土)に奈良県御所市の天極堂本社で行われる講義にご参加いただけます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/179416/LL_img_179416_1.jpg
葛ソムリエ募集中

■「葛ソムリエ」の詳細
募集期間:2019年4月10日(水)
開催場所:株式会社 井上天極堂 本社(奈良県御所市戸毛107)
開催日時:2019年4月16日(火)もしくは20日(土)の10時~17時
費用 :1万円(テキスト代、昼食代、葛菓子代、受験代、
合格者はバッチ・証書・名刺・授与式でのランチ代をすべて含みます)
定員 :各回20名
試験日 :2019年5月11日(土)11時~12時
合格発表:5月下旬(郵送)
講義内容:
(1)座学では吉野本葛に関する知識のほか、歴史から見た葛、植物としての葛、薬としての葛、食べ物としての葛を学びます。講師は社内の葛ソムリエ、畿央大学健康科学部客員教授の北田 善三先生、神戸大学名誉教授の津川 兵衛先生の3名が担当します。
(2)調理実習としてお昼に昼食(葛あんかけうどん、胡麻豆腐)を作り、午後から葛菓子(葛もち、葛きり、葛まんじゅう)を作ることで、実践的な葛粉の調理方法を学びます。
(3)工場見学をすることで実際に吉野本葛がどのように作られるのかを目で見て体験していただけます。
葛ソムリエはあらゆる角度から葛について学んだ葛のエキスパート(伝道師)です。さあ、あなたも「葛ソムリエ」になって私たちと一緒に葛の良さを広めていきましょう。

■葛ソムリエ協会について
株式会社 井上天極堂では「吉野本葛」の良さをより多くの人に知ってもらおうと2012年から「葛ソムリエ」を育成しています。発足当時は社員の人材育成を目的とし、吉野本葛の歴史、製法、調理法等の知識を習得してきました。今では一般の方もご参加いただけるようになりました。「葛ソムリエ」資格者は吉野本葛の魅力を伝える活動および葛の調理法やレシピ提案など、葛の伝道師として活躍しており、現在120名の葛ソムリエが誕生しています。

◆設立の趣意
葛は日本最古の書物とされている「古事記」にも記載があるように、日本という国ができるはるか前からこの地に生きていた植物です。ツルは布になり、根は食用や薬として利用され、我々の生活と密着し、切り離すことのできない植物でした。太古の昔から存在し続け、今なお産業に生かされている植物、それが葛なのです。
ところが、機械紡績の綿が普及したことで葛布産業が減り、西洋薬の登場で漢方薬である葛の生産が減り、さらに工業用のでんぷんが作られるようになり葛粉の製造も減ってきました。大量生産・大量消費という社会構造やライフスタイルの変化もあり、家内工業的な産業が激減してしまったのです。
しかし近年は、健康への意識の高まりや日本の伝統産業が見直されるようになり、日本の素晴らしい技術が海外でも注目されています。
葛ソムリエ協会は、葛に係る全ての産業に光を当て各分野の伝承と産地の活性化を支援するとともに、わが国が誇る伝統食材である葛粉を食育活動によって新規需要開拓し消費拡大をさせることで、葛文化のさらなる発展を目指していきます。

◆目的
本会は、吉野本葛に関して次に示す事業活動を行うことで、消費者の食生活の向上による健康増進や食文化の育成および国内の葛文化の発展に寄与することを目的とする。

◆葛ソムリエ協会の事業活動
(1)吉野本葛の普及・啓発
(2)吉野本葛の機能性・保存性等の研究および有効性の提唱
(3)吉野本葛に関する料理・加工品の開発
(4)吉野本葛に関する資格制度の運営
(5)その他本会の目的を達成するために必要な事業活動及び関係団体・個人との連携

◆葛食育プロジェクト
株式会社 井上天極堂では奈良県の伝統産業である吉野本葛をより多くの子供たちに知ってもらうため、「出前授業」という形で吉野本葛に関する体験授業を2012年より実施しており、毎年約50校、年間3,000名以上の子供たちが参加しています。授業では葛という植物の根が白いでんぷん(吉野本葛)になるまでの工程を説明した後、実際に葛餅や葛まんじゅうを作り皆で食します。資料を眺めるだけでなく、聞いて、見て、触れて、調理して味わうという体験により、吉野本葛をより身近に感じることができます。また、その体験を通じて奈良県には吉野本葛という素晴らしい伝統産業があるということを忘れないでいただきたいという思いもあります。
現時点では「葛食育プロジェクト」とし、吉野本葛と吉野本葛を含む日本の食文化の発信に力を入れておりますが、今後は葛ソムリエの皆様の力をお借りし、先人たちの知恵と工夫によって培われた葛文化全体にスポットを当て、広く日本の歴史や伝統、文化を学び伝えることで、葛文化を再認識していただけるプログラムへと発展させていきたいです。

◆「葛ソムリエ」の特典
●葛ソムリエは、株式会社 井上天極堂の商品を最大2割引きの価格(ギフト、冷凍お菓子など一部商品を除く)で購入することができます。自身でご利用されるほか、販促活動としてもご利用できます。
(1)店舗・商品によって割引率が異なります。
(2)ポイントの付与、送料無料などほかのサービスは対象外とさせていただきます。
(3)飲食メニューは割引対象外です。
(4)店舗にて特典を受ける場合はソムリエバッチを提示し、名前を伝えてください。
(5)ネットにて特典を受ける場合は備考欄に葛ソムリエであることをご記入ください。自動返信メールの後に割引を適用した価格に訂正したメールをお送りいたします。
●葛ソムリエは、料理教室等のイベントを開催することができます。
イベントを通じて吉野本葛の魅力を伝える活動ができます。又、その際に葛ソムリエであることを掲げることができます。葛のイベント開催に当たっては、一部天極堂の施設も利用していただくことが可能です。
●葛ソムリエには認定証・葛ソムリエバッチ・名刺が授与されます。
●葛ソムリエを対象としたキャンペーンやイベントに参加できます。(詳細はその都度ご案内いたします。)

■「株式会社 井上天極堂」について
株式会社 井上天極堂(てんぎょくどう)は1870年に吉野本葛の製造を始めて以来、“皆様に美味しい葛をお届けしたい”と、伝統の「吉野晒」の技法を守り続けています。
「根は幹に、幹は枝に、枝は葉に、葉は花に、花は種に、生かし生かされる、天の恵み極む。」をモットーに、天と地の恵みへの感謝の気持ちを忘れず、今後も絶えることなく、皆様に安心していただける吉野本葛、またその葛を使った商品作りをしていきます。
店舗カフェの代表商品の「葛餅」は、開店以来人気商品で2011年にはモンドセレクションにて銅賞を受賞しております。受賞してからも日々最高の葛もちを追求しお客様に満足してもらえる商品づくりを日々行っています。

■企業概要
法人名 :株式会社井上天極堂
所在地 :奈良県御所市戸毛107番地
代表者 :代表取締役社長 井ノ上 昇吾
設立 :1870年
事業内容:吉野本葛及び製菓・食品材料の製造販売
主な商品:吉野本葛・葛城葛・わらび粉・冷凍とろろ・
各種冷凍野菜ペースト・つくね芋・柿葉・柏葉・サンキラ葉・
桜葉・よもぎ・各種FD商品・その他製菓食品材料

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press

ワントゥーテン、あらゆる面をタッチ画面化することができる「スマッチ」を使用し、すみだ水族館「万華鏡トンネル」にて、春を体感できるインタラクティブアート「桜とクラゲ」の企画・制作を担当

トップへ戻る

AfrojackやFedde Le Grandなど世界的アーティストが多数出演!「ROPPONGI MUSIC WEEKS」開催決定 東京のナイトライフをさらに加速させる極上のエンタテインメント!

RECOMMENDおすすめの記事

Recommended by Outbrain