バラクーダネットワークスジャパン株式会社:2019年のメール脅威を総括、ソーシャルな手法が進化(吉澤 亨史氏メールセキュリティ・コラム)

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

バラクーダネットジャパンはコラム「2019年のメール脅威を総括、ソーシャルな手法が進化(吉澤 亨史氏メールセキュリティ・コラム)」を公開しました。
###

企業や個人を狙うサイバー攻撃は、現在もメールが大きな割合を占めています。その目的はマルウェア感染や情報を盗み出すことで、手法も多様化しています。マルウェア感染を目的とした手法では、マルウェアを添付したり、本文のURLリンクから悪意のあるウェブサイトに誘導したりするほか、脆弱性を悪用するケースも増えています。また、ログイン情報などを盗み出すことを目的とした手法では、フィッシングの手法が取られています。ここでは、2019年のメール脅威をまとめます。

「Love_You」メールから始まった2019年

2019年におけるメール脅威は、マルウェア「Emotet(エモテット)」とフィッシングの急増が特徴的でした。もちろん、標的型メール攻撃やBEC(ビジネスメール詐欺)も特定の業界を標的として、継続して行われています。メールは依然として、サイバー攻撃者の主要な攻撃ツールとなっています。

この続きは以下をご覧ください

https://www.barracuda.co.jp/mailsucurity2019/

Go SOZO Tokyo 2020 Spring に出展

TOPへ戻る

Peach株式会社が、キャリアコンサルティングサービスを提供している方に、福利厚生サービスとして、「不動産カウンセリングサービス」をリリース。

RECOMMENDおすすめの記事