CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス):Ruby on Rails 海外事情コラム > 第52回 2019年世界でよく読まれたRuby on Railsの記事を紹介

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

CTC教育サービスはコラム「Ruby on Rails 海外事情コラム > 第52回 2019年世界でよく読まれたRuby on Railsの記事を紹介」を公開しました。
###

こんにちはー。野田貴子です。

今回も海外のRailsコラムを意訳してご紹介します。

2019年を振り返って、Ruby Weeklyのサイトから、2019年でよく見られた記事をダイジェストでご紹介します。

Railsアプリを遅くしてしまう間違ったActiveRecordの使い方 3選

一番人気のリンクは、今年の第3号に掲載されたものです。Nate Berkopecによる、count、where、present? のパフォーマンスの危険性に関する詳細な記事で、これらの使用を改善するためのアドバイスが書かれています。

NATE BERKOPEC

Rails 6.0のリリース

今年は非常に重要なRailsのリリースがありましたが、現時点では、おそらく皆さんはすでにこのバージョンに使い慣れていることでしょう。

この続きは以下をご覧ください

https://www.school.ctc-g.co.jp/ruby/columns/trans/trans52.html

Go SOZO Tokyo 2020 Spring に出展

TOPへ戻る

Peach株式会社が、キャリアコンサルティングサービスを提供している方に、福利厚生サービスとして、「不動産カウンセリングサービス」をリリース。

RECOMMENDおすすめの記事