武田双雲、初となる大規模現代アート個展「ピカソ、ごめん。」展のご案内

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

あの男がやってきた!アーテイストSouun誕生!日本の「書」に革命を起こした稀代の天才書道家 武田双雲が現代アートへ。

書道家 武田双雲が、書とアートを融合させ、現代アート作家Souunとして本格始動!代官山ヒルサイドフォーラムにて、
500点を超える作品を披露する個展を開催。入場無料、期間2020年2月5日(水)~16日(日)、開場時間11:00-18:00。
期間中、日々進化するアートライブを実施! Souunのトークライブイベントは、11日と15日 14:00-実施予定。

Souunの作品であるアブストラクトカリグラフィー™は、絵画から言葉のイメージを喚起し、現代アートの世界へと誘う新たな「書」の創造だ。これは、ひとつの文字を無数の表現へと導くだけでなく、現代アートの起源を問い、日本の美の表現としての二極的な縄文、弥生の連続性に言及し、さらにはこのアートそのものが鑑賞者の心に音を

武田双雲、初となる大規模現代アート個展「ピカソ、ごめん。」展のご案内
奏でるという可能性を示してみせる。しかし、現代アート、そして抽象表現にありがちな難解さはない。全ての作品に通じるモチーフが"文字"であるからだ。そして、もうひとつ、このアートは幸せを生み出すチカラ "感謝"を広めたいとするSouunの願いと「毎日がパラダイス」「いきあたりばっちり」という武田双雲の生き方そのものの表現の親近感が作品ににじみ出ているからでもある。個展に並ぶ、何百の"楽"をモチーフとした作品群は、大量のポジテイブな著作を出版する別名"ポジティブモンスターである作者が鑑賞者を「楽園」に招待したい、楽しい時間を過ごして欲しい、あるいは心をラクにして欲しい、平面も立体も、そういう想いの詰まった"パワースポット"作品たちだ。あなたを"楽"にするフォトスポットもあるので、アート鑑賞!という意識よりも、「元気になれる場所」という感覚で気軽に訪れてもらえるとうれしい。「いきあたりばっちり!」という感じで。

問い合わせURL
(株)イーブレインズ 武田双雲アートプロジェクト事務局
souunart@gmail.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

加藤和樹の第三弾配信シングル「片想い」配信記念!“片想いから両想いになるまで”をテーマにプレイリストを作成!

TOPへ戻る

Uru TBS系 日曜劇場『テセウスの船』主題歌「あなたがいることで」2/9の配信・ストリーミングに先駆け、歌詞を先行公開!ツアー東京追加公演のチケットFC最速先行受付もスタート!

RECOMMENDおすすめの記事