伊藤知宏 (いとう・ちひろ)

1980年生まれ。東京・阿佐ケ谷育ちの現代美術家。日本政府から助成金を得てニューヨークへ渡米。武蔵野美術大学卒。東京や欧米を中心に活動。ポルトガル (欧州文化首都招待〈2012〉、CAAA招待〈2012-18毎年〉)、セルビア共和国(NPO日本・ユーゴアートプロジェクト招待〈12、14〉)、キプロス共和国(Home for Cooperation招待〈17〉)他。ギャラリー、美術館、路地や畑などでも作品展を行う。近年は野菜や花、音や“そこにあるものをえがく”と題してその場所にあるものをモチーフに絵を描く。谷川俊太郎・賢作氏らとコラボレーションも行う。ホルベインスカラシップ受賞。文化庁新進芸術家海外研修制度研修員(2018-19)および日米芸術家交換計画日本側派遣芸術家。

LATEST 最新の記事

希少なグラフィックアートがずらり NYの「パンク」展覧会

しる

On the New York City! ~現代美術家の目線から見たニューヨーク~

希少なグラフィックアートがずらり NYの「パンク」展覧会

NYチェルシーの画像

しる

On the New York City! ~現代美術家の目線から見たニューヨーク~

現代美術家が選ぶニューヨーク・チェルシーで見るべき14のギャラリー

衰退からの復興 ポルトガル・ギマランイスに見る文化・芸術の光

しる

On the New York City! ~現代美術家の目線から見たニューヨーク~

衰退からの復興 ポルトガル・ギマランイスに見る文化・芸術の光