坂手洋二 (さかて・ようじ)

劇作家・演出家。1962年岡山生まれ。慶應義塾大学卒業。1983年に〈燐光群〉を旗揚げ。国内外で公演を重ねる。1993年、劇作家協会創設に参加。2006〜2016年、同会長。日本演出者協会常務理事。岸田國生戯曲賞、鶴屋南北賞、紀伊國屋演劇賞、読売文学賞、読売演劇大賞最優秀演出家賞、朝日舞台芸術賞等を受賞。主な作品に『屋根裏』『天皇と接吻』『だるまさんがころんだ』『くじらの墓標』『ブラインドタッチ』『最後の一人までが全体である』、著書に『私たちはこうして二十世紀を越えた』(新宿書房)等がある。

LATEST 最新の記事