Editors' Choice

スイミングでも使える最新GPSスポーツウォッチ

  • 文・LockUP
  • 2017年5月19日

商品画像をクリックすると外部サイトへ移動します

 「もっと記録をのばしたい」「トレーニングを効率的に行いたい」。そんなアスリートをサポートするアイテムが、運動に関するさまざまな計測ができるGPSスポーツウォッチだ。

 新登場のGARMIN「ForeAthlete 935」は、約50グラムの軽量ボディーにランニング/マルチスポーツ機能を装備。ラン、スイム、バイク、トライアスロンほか幅広いスポーツに対応し、状態の把握や分析に役立つ各種のデータを提供してくれる。

 本体には光学心拍計内蔵で、簡単に心拍トレーニングが可能。また、高精度な電子コンパス(GPS/GLONASS/みちびきに対応)や気圧高度計を搭載しており、ハイキングやボート、ゴルフ、スキーなどのアウトドアアクティビティーでも活躍する。

 また、各種のセンサーとの連携もポイント。例えばランニング用アクセサリーとペアリングして使えば、接地時間バランス、ストライド幅、上下動比などのランニングデータを得ることも可能。自転車用の互換アクセサリーと接続すれば、パワーやケイデンスなども計測できる。

 バッテリー稼働時間の長さも見逃せない。1回のフル充電で、UltraTracモードなら最長44時間、GPSモードでも最長21時間稼働するので、トライアスロンやウルトラマラソンにも十分に対応できるだろう。日常のスマートウォッチとして使用するモードなら、最長2週間使える。

 トレーニング時にはもちろん、日常の運動の把握や健康管理にも「ForeAthlete 935」を取り入れて、パフォーマンスの向上を目指そう。

⇒ この商品の価格を検索

 GPSや光学式心拍計にも対応したアウトドアウォッチ「ガーミン fēnix 5S」。ランナーのための機能が充実したGPSウォッチ「エプソン WristableGPS SF-850P」。手ごろな価格のGPS&心拍対応モデル「ポラール M200」。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!