「機械や電気分野も強い!? プログラミング教育で見えた女子の潜在能力」

記事提供:朝日新聞出版 AERA with Kids 編集部

「61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記」

61歳で公立小学校の校長を定年退職した福田晴一さんが「新入社員」として入社したのはIT業界だった! 転職のキーワードは「プログラミング教育」。全国を教員研修で回っているうちに63歳となり、現役時代を思い出しつつ「授業で見えた女子の潜在能力」に注目してみた。

私の名前は「晴一(はるかず)」であるが、校長現役時代は、なぜか「雨男」の異名をもらっていた。確かに、私が引率に同行する遠足や移動教室は雨になってしまうことが多かった。誕生日が梅雨のど真ん中の「夏至」の日だからだろうか。

今年も無事誕生日を迎え、「みんなのコード」では入社2年目の63歳になった。

「プログラミング研修」は天候に左右されないのがいい。

日々、学校現場の授業を拝見して指導助言をしたり、核となる先生を育成すべく地域内で授業を公開したり、推進校を指定して授業研究会を開催したりと全国を飛び回っている。

ところで、プログラミング研修に参加される先生方の顔ぶれをみると、どこへ行っても男性の先生が多い。やはり「プログラミング=男性」のイメージがあるのだろうか。

そこで、子どもたちもやはり女の子より男の子のほうが興味を持つものなのか考えてみた。

小学校のプログラミング教育を大きく大別すると、コンピュータを使用しない「アンプラグド型」、コンピュータでコンピュータの中のキャラクター等を動かしたりする「ソフトウェア型」、コンピュータでコンピュータの外のものを動かしたりする「ロボット型」に分類することができる。どの学年でどのコンテンツを使用するかは、各教育委員会や学校が決めることになるが、コンピューターに触れたこともない低学年の子にいきなり「コンピュータでロボットを動かしてみよう」といっても難しいように、ここ数年の学校現場からの蓄積から、ある程度の体系、段階が見えてきている。

さて、男女の差について、である。

低学年の児童のプログミラミング教育では、絵本などからコンピュータのしくみを学んだりする「アンプラグド型」の授業をすることが多いのだが、私が実際に子どもたちに教えたり、他の先生が教えている様子を見学した経験から言うと、とくに男女の差を感じたことはない。

中学年はどうか? 3、4年生では「ソフトウェア型」の体験をさせることが多いので、当然、コンピュータを使用する。そうすると、普段からゲームに興じる男子が多いせいか、ステージをクリアするスピードは男子のほうが早く感じられる。

この場合の授業は、一人一台端末を使用しているので個別学習に近い。男子はディスプレイに映し出される課題に、黙々と取り組む姿が多いが、女子は隣の友達に尋ねてみたり、クリアした喜びを友達と言い合ったりしている子が多いのが特徴だ。特に、コンピュータにあまり慣れていない女子にこの傾向が見られる。

最初はスロースターターだった彼女たちでも、目の前の課題を丁寧にこなし、ときには隣の子たちとのコミュニケーションを通してスキルの情報を得て、クリアした達成感を共有したりしていくうちに、ステージをクリアするスピードは早まり、男子との差は縮まっていく。

高学年の授業でさらに新しい教材を使用すると、女子の潜在化していた力が顕著に現れることがある。

以前、6年生理科の「電気の性質」の分野でプログラミングを使った授業を見学したことがあったのだが、それは印象的であった。

その授業では、「micro:bit(マイクロビット)」という、小さな電子基板のような名刺サイズのボートの教材を活用し、公園等でよく見られる「暗くなったら、灯りがつく」という仕組みを、実験を通して理解する、というなかなか高度な内容だった。

多くのセンサーを搭載した「micro:bit」を初めて手にする子供達。当初、私はこのような回路がむき出しの無機質なモノには子どもたちは興味を示さないかな?と思っていたのだが、それは杞憂であった。

三人に一枚配布された「micro:bit」に、男女全く関係なく、皆、熱心に触れて観察していた。もちろん、学級の中には自身の興味が先行してしまい、やたらめったら触りまくり、先生の話は馬耳東風という児童もいたのだが、全体的にみると先生の話をしっかり聞いている女子の方が、一つ一つのセンサーの位置を確認したり、説明されている機能について頷いたりして基礎的な理解を深めていたように感じた。

この後、実際に「micro:bit」とコンピュータをUSBケーブルでつなぎ、特有のソフトウェアでブロックを組み合わせてプログラミングをしていった。

「暗くなったら、灯りがつく」と言うことは、「暗くなければ、灯りはつかない」という条件分岐を理解し、「暗くなったら」と言う条件をコンピュータにわかる「明るさ」の数値に置き換えることを説明する。

多くの児童は、この時点で早く実験がやりたいオーラが漂っている。さらに、先生の説明は「明るさを数値に置き換える」ためのセンサーについてが続く。先生の話を真剣に聞いている児童は、配布されたワークシートに実験の手順や簡単なフローチャートを書き入れ、実験のイメージを確実につけている。

先生の説明が終わり、実験が始まる。ほとんどのグループが男女混合の三人である。

まずは、やりたいオーラ満載の児童が率先して動く。コンピュータと「micro:bit」をUSBケーブルでつなぎ、ソフトウェアを立ち上げ準備万端、実験環境を整える。そして、ブロックを組み出すわけだが、意外と上手くいかない。コンピュータの前に陣取り、いろいろと試行錯誤をするが成功しない。

そこに、しっかりとワークシートを仕上げ、実験イメージをもっている女子の登場となる。彼女の頭には「暗くなったら」という条件の設定や数値化の意義が理解されており、ワークシートの内容を「やりたいオーラ満載」の児童に説明しながらブロックを組んでいく。プログラミングを終えた後、そうっと「micro:bit」に手をかざして暗くしてみると、見事に「micro:bit」のLEDが点灯した。グループに歓声が上がる。

このようなシーンは、ひとつのグループに限ったことではない。

漠然とだが、男子はトライ&エラーを通して取り組み、女子は説明を聞き論理的な理解から取り組む姿が比較的多く見られた。これは、男子、女子それぞれの発達特性の一面かもしれない。

また、このクラス男女数の違いから、女子だけのグループがあったので注目して見ていた。彼女達は、みなワークシートを仕上げ、順序立てて、三人が一人ずつ手順を踏んで、配線、ソフトウエアの立ち上げ、ブロックの組み立て、実験と整然と行なっていた。女子同士、「これでいいんだよね」「次はこのプロックだよね」等々の確認をしながら、効率よく協働し、実験が進む。もちろん、実験は大成功。

クラスで一番早く終えた彼女たちのグループは、「明るさの数値を変えてみない?」と『条件を変える』いう発展的な学習にまで進んでいる。明るさの数値を大きくして、再度、ブロックを組み実験をしてみた。明るさの数値を大きくしたので、わずかな覆い(暗さ)でLEDが点灯し、自分たちの仮説が正しかったことを喜んでいる。

この発展の実験に取り組んでいたのは、このグループだけである。

この授業によって、私の既成概念が完全に崩れた。

私の深層に「理系に強い男子、文系に強い女子」という構図があったことは間違いない。理系の男子、特に電気分野においては……という偏った考え方である。元来、体格差、性差を問わない、理科の電気の領域をにおいて、この概念は失礼極まりないものであった。

男子、女子、それぞれ心身の発達段階において特徴はある。特に、第二次性徴を迎える小学校高学年では、それは顕著だ。

しかし、それと子どもの能力は全く別だ。従来の偏った概念で子供達の無限の可能性にブレーキをかけてはいけない。プログラミングに男子も女子もないのだ。

そのためには、「コンピュータは苦手……」と尻込みしている女性の先生方にこそプログラミングの楽しさを体感してほしい。意外にも先生自身がその面白さに目覚めてしまうかもしれない。先生の気持ちは必ず子どもたちに必ず伝染するはずだ。

記事提供:朝日新聞出版 AERA with Kids 編集部

PROFILE

福田 晴一さん(ふくだ・はるかず)

昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

アクセスデータの利用について

本ページでは、株式会社朝日新聞社及び富士通クライアントコンピューティング株式会社が、Cookieを使用してユーザーの端末情報(IPアドレス、オペレーティングシステムやブラウザーの種類等)及びユーザーの行動履歴(アクセスした時刻、URL、訪問回数等)等のアクセスデータをそれぞれ取得し、以下のような目的に利用します。

(1)アクセス状況の把握・解析や広告効果の測定
(2)ユーザーに最適と推定されるコンテンツの配信
(3)行動ターゲティング広告等の広告配信
(4)広告配信事業者・調査会社・広告主等の顧客・提携企業等の第三者への提供

朝日新聞社及び富士通クライアントコンピューティング株式会社は、上記(1)~(4)の目的に必要な範囲で、各社が有する個人情報や単独では個人を特定できない属性情報(生年や性別、職業等)と組み合わせ、過去のデータを含めて用いる場合があります。


本ページのアクセスデータの取得・管理・利用に使用されるツールは下記の通りです。

・Treasure Data(トレジャーデータ株式会社)
・Audience One(デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社)

行動ターゲティング広告の表示を希望されない場合は、下記の各ツールのページから非表示設定(以下「オプトアウト」)をしてください。ただし、オプトアウトの設定内容によっては、本ページの一部機能がご利用になれない場合があります。ユーザーがブラウザの変更、クッキーの削除および新しいコンピューターヘの変更等をされた場合にはクッキーの設定もリセットされるため、再度オプトアウトが必要となります。

・TreasureDataのオプトアウトページ
・Audience Oneのオプトアウトページ(デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社)


その他のアクセスデータの利用は下記を参照下さい。

・その他のアクセスデータの利用に関して