子どもたちの創造性を培う「マインクラフト」の魅力

コロナ禍で自宅にいる時間が増えた今、子どもたちがゲームばかりして困っている保護者の方は多いでしょう。しかし、子どもたちが夢中になっているゲームの中には、教育的な効果が得られると教育者に注目されているゲームがあるのをご存知でしょうか。

それは、「Minecraft(マインクラフト)」、通称“マイクラ”と呼ばれるゲームです。世界中で爆発的なヒットを記録しているゲームで、日本でも小中学生を中心に絶大な人気を誇っています。どのようなゲームで、何がそんなにも子どもたちを惹(ひ)きつけるのでしょうか。マインクラフトの魅力に迫ります。

やりたいことを自分で決める「自由」だから面白い

マインクラフトは、3Dブロックで構成された仮想空間の中で、ものづくりや冒険が楽しめるゲームです。仮想空間の世界には、草原や湿地、砂漠、雪原など多様な地形が広がっていて、プレーヤーはその中で、木や岩、鉄や金など、さまざまな種類のブロックを集めて道具や建物を作ったり、知らない場所に冒険に行ったりして楽しみます。マイン(=mine)が鉱山、クラフト(=craft)が手仕事・手作業を意味し、マインクラフトは砂場で自由に遊べる感覚と似ていることから、「サンドボックス(=砂場)ゲーム」と呼ばれています。

マインクラフトは3Dのブロックで作られた仮想空間の世界。その中にジャングルや砂漠、草原など、さまざまな地形が広がり、冒険やものづくりを楽しむ

なぜ、マインクラフトはこれほど人気があるのでしょうか。子どもたちにマインクラフトの面白さについて聞くと、ほとんどの子が“自由だから”と答えます。というのも、マインクラフトには他のゲームのように、勝敗や得点を競い合ったり、制限時間内にステージをクリアしたりするような達成すべきゴールがありません。あるのは、3Dブロックで作られた仮想空間の世界のみ。その中でプレーヤーが、「今日は家をつくろう」とか、「知らない場所に行ってみよう」という具合に、自分で“やりたいこと”や“作りたいもの”を決めてゲームを進めるのが特徴です。子どもたちから見ると、自由度の高さが面白くて仕方ない。自分に主導権がある、マインクラフトがもたらす一番の魅力です。

「情報収集力」と「試行錯誤」がゲームを進める鍵

マインクラフトの遊び方は、大きく2つあります。ひとつは「サバイバルモード」といって、自分の命を守りながら、ワールドを開拓し生活を豊かにする遊び方です。木を切って、道具や家を作って食べ物を栽培したり、敵から身を守ったりと、徐々にワールド内でできることを増やしながら自分の世界を築きあげていきます。もうひとつは「クリエイティブモード」といって、さまざまな色やテクスチャーのブロックを組み合わせて建造物を作る「建築」に専念できる遊び方です。自分のイメージした家を建ててインテリアを工夫したり、歴史建造物や鉄道、遊園地、街などを作ったりと、さまざまなものづくりが楽しめます。

開拓者になったような気分で、山を切り開いて家を作り、食べ物を栽培したりしながら、自分の世界を築く

マインクラフトの特徴としては、どんな遊び方をしようともプレーヤーの情報収集力がゲームを進めるうえで重要になってきます。なぜならマインクラフトは、ゲーム中で“次はこれをやってみよう”という説明や指示がないからです。つまり、子どもたちは自分の目的を達成するために必要な情報を、自分で集めなければなりません。

たとえば空腹を満たすためのパンを作りたい場合。「小麦の種を集める」「道具で畑を耕す」「水を引く」「外敵から守るためにフェンスで畑を囲む」という作業が発生するのですが、こうした手順や情報をゲーム内では教えてくれません。子どもたちはウェブサイトや動画を見たり、または友だちに聞いたりするなど、自分で情報を取りにいくのです。ゲームを知らない大人から見れば、“なんと手間のかかることか……”と思われるかもしれませんが、子どもたちに話を聞くと、「分からないことを調べるのが楽しい」といいます。この“知りたい”という知的欲求と、集めた情報をもとに試行錯誤できる面白さに、子どもたちは“ハマってしまう”のかもしれません。

パンを作るときの作業プロセス。このような手順はゲームの中で教えられるのではなく、子どもたちが自分で情報収集しなければならない

そして、マインクラフトのもうひとつの魅力は、マルチプレーで仲間と楽しめることです。通信機能を使えば、複数のプレーヤーがひとつのワールドに同時に入り、一緒に冒険や建築を楽しむことができます。一人では小さな家しか作れなくても、仲間と一緒に作業をすれば、巨大な城を築くこともできます。友だちとコミュニケーションやコラボレーションが生まれやすいのもマインクラフトの良さです。

マインクラフトを学習に活用する教育者も!

ゲームとして大人気のマインクラフトですが、教育機関向けに作られた教育版マインクラフト「Minecraft:Education Edition(以下、教育版マインクラフト)」もあります。保護者の方の中には、“ゲームで勉強するの?”と思われるかもしれませんが、課題解決型学習やプログラミング学習にマインクラフトを使う教育者が増えています。

たとえば京都市の立命館小学校では、6年生で「京都の観光名所を案内しよう」をテーマにした課題解決型学習が実施されました。グループで協力しながら平等院鳳凰堂や金閣寺など京都の歴史建造物をマインクラフトで作成し、作った建造物の中をエージェントと呼ばれるキャラクターに案内させるプログラムをつくろう、という活動です。また他の小学校ではマインクラフトを使って「地域の活性化をめざし、観光客が訪れる街をつくろう」といった授業や、文化祭に訪れた子どもたちが楽しめるように「学校の校舎をマインクラフトで再現しよう」という学習に取り組む学校もあります。

立命館小学校の6年生がつくった平等院鳳凰堂。この中をエージェントと呼ばれるキャラクターに案内させるプログラミングにも挑戦した

このような学習の何が教育的なのでしょうか。多くの教育者が言うのには、子ども同士のコミュニケーションが圧倒的に増えることだといいます。たとえば、“マインクラフトで金閣寺をつくろう”という場合、子どもたちが一番むずかしく感じるのは、完成形の共有です。最初から同じ完成形を描いているわけではないので、マインクラフトで共同作業を進めるためにはコミュニケーションが欠かせないのです。設計図やラフスケッチでアイデアを可視化するなど、マインクラフトを通してコラボレーションの仕方を学んでいきます。

また作業の効率的な進め方、役割分担の大切さ、スキルの異なる友だちをどう巻き込んでいくか、協力し合う大切さなども学びます。ほかにも、“本物の金閣寺に近づけるためにはどうすればいいか”と、ネットの写真を見て追求する子どももいます。そして、完成した作品はどれも子どもたちの創造性があふれています。マインクラフトは遊びと学びの境界線がなくなる世界で、学びの原点はここにあることを思い知らされるのです。

一方で、マインクラフトを使わなくても、このような学習は可能だと思う方もいるでしょう。しかし、マインクラフトに対する子どもたちの“思い入れ”を大切にしたいものです。マインクラフトというだけで、やる気が倍になり、“不慣れなパソコンを使いこなせるようになりたい”、“良いものを作りたい”と、子どもたちがモチベーションを高めるのは、他の教材と圧倒的に異なります。子どもたちの原動力を引き出すマインクラフトを“単なるゲーム”と決めつけるには、あまりにもったいないです。

マインクラフトを親子で楽しむために

マインクラフトを“まだやったことがない”という方のために、マインクラフトをおうちで楽しむ方法をお伝えしましょう。

マインクラフトには簡単にいうと、パソコンで遊ぶ「パソコン版」、スマートフォンやタブレットで遊ぶ「モバイル版」、Nintendo Switchなどゲーム専用機で遊ぶ「コンソール版」の3つがあります。まずは簡単にマインクラフトをやってみたいという方は、「モバイル版」「コンソール版」が良いでしょう。この2つは、プレイヤーの人口が多いのでマルチプレイがしやすいというメリットがありますし、簡単なプログラミングもできます。

ただマインクラフトで本格的なプログラミングもやってみたい方は「パソコン版」がおすすめです。パソコン版には「Minecraft:Java Edition」と「Minecraft for Windows 10」の2種類があり、前者はModと呼ばれる拡張データを使ったプログラミング、後者は「Microsoft MakeCode for Minecraft」というツールを使ったプログラミングが可能です。どちらを選べばいいか。傾向としては、マインクラフトにハマってしまう子供たちは、「いつか自分もModを使ってみたい」という思いを持ち、そこからプログラミングに興味を持つケースが多いようで「Minecraft:Java Edition」が人気です。とはいえ、どちらのバージョンも、マインクラフトの中で手作業を自動化したり、巨大建築を効率的に組み立てるなど、さまざまな場面でプログラミングを楽しむことができます。

マインクラフトを使ったプログラミング学習の様子。写真はWindows10で「Microsoft MakeCode for Minecraft」を使ったもの。マインクラフトではほかにも、「コマンドブロック」と呼ばれる特殊なブロックを使うなど、さまざまな方法でプログラミングが学べる

子どもたちとマインクラフトを楽しむためには、保護者の方も一緒にゲームをやってみるのが一番ですが、大人がゲームで遊ぶのはむずかしいものです。その場合は、子どもたちがマインクラフトで作った作品について聞いてあげることをお勧めします。前にも述べましたが、マインクラフトの世界には、子どもたちが自分のアイデアで作ったものがいっぱい。誰かに見せたくて仕方ないのです。「今日は何を作ったの?」「ワールドの中を紹介して」と声をかけ、作ったものについて話す機会が家庭の中にあると良いと思います。さらに、子どもたちが得意げに説明している姿を動画に撮ってあげるのもお勧めです。YouTuberになった気分を味わえます。

GettyImages

ちなみに、マインクラフトは子どもたちが夢中になりすぎるあまり、その中毒性を心配される保護者の方もいらっしゃいます。確かに、マインクラフトは面白すぎるので子どもたちはやり過ぎてしまうかもしれません。マインクラフトに限らず、ゲームをするときはご家庭でルールを決めて楽しみましょう。

PROFILE

神谷加代(かみや・かよ)

教育ITライター。「教育✕IT」をキーワードに教育分野におけるIT活用やプログラミング教育、EdTech関連の話題を多数取材・執筆。共著として『子どもにプログラミングを学ばせるべき6つの理由 「21世紀型スキル」で社会を生き抜く』(インプレス)、『マインクラフトで身につく5つの力』(学研プラス)などがある。

アクセスデータの利用について

本ページでは、株式会社朝日新聞社及び富士通クライアントコンピューティング株式会社が、Cookieを使用してユーザーの端末情報(IPアドレス、オペレーティングシステムやブラウザーの種類等)及びユーザーの行動履歴(アクセスした時刻、URL、訪問回数等)等のアクセスデータをそれぞれ取得し、以下のような目的に利用します。

(1)アクセス状況の把握・解析や広告効果の測定
(2)ユーザーに最適と推定されるコンテンツの配信
(3)行動ターゲティング広告等の広告配信
(4)広告配信事業者・調査会社・広告主等の顧客・提携企業等の第三者への提供

朝日新聞社及び富士通クライアントコンピューティング株式会社は、上記(1)~(4)の目的に必要な範囲で、各社が有する個人情報や単独では個人を特定できない属性情報(生年や性別、職業等)と組み合わせ、過去のデータを含めて用いる場合があります。


本ページのアクセスデータの取得・管理・利用に使用されるツールは下記の通りです。

・Treasure Data(トレジャーデータ株式会社)
・Audience One(デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社)

行動ターゲティング広告の表示を希望されない場合は、下記の各ツールのページから非表示設定(以下「オプトアウト」)をしてください。ただし、オプトアウトの設定内容によっては、本ページの一部機能がご利用になれない場合があります。ユーザーがブラウザの変更、クッキーの削除および新しいコンピューターヘの変更等をされた場合にはクッキーの設定もリセットされるため、再度オプトアウトが必要となります。

・TreasureDataのオプトアウトページ
・Audience Oneのオプトアウトページ(デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社)


その他のアクセスデータの利用は下記を参照下さい。

・その他のアクセスデータの利用に関して