あの街の素顔

世界中のワイン文化を網羅する必見の博物館 ボルドー(2)

街の中心にある荘厳なブルス広場からトラムでガロンヌ河に沿って北上すると、街並が徐々に近代化していく。無機質なビルやかつて倉庫だった建物に入るアウトレットショップを通りぬけ、10分ほどでぽっかりと空が開けた。水辺に連なる工場の先、何世紀にもわたりボルドーの玄関口だった港にワイン文明博物館がある。

デザインはパリの建築事務所XTUによるもの。「ブドウの幹やグラスのなかで揺れるワイン、ガロンヌ川の渦巻き」をイメージした

デザインはパリの建築事務所XTUによるもの。「ブドウの幹やグラスのなかで揺れるワイン、ガロンヌ川の渦巻き」をイメージした

今年6月にオープンしたばかりの博物館は、蛇がとぐろを巻いたような外観が目を引く。ボルドーで出会った人が「もう行った?」と聞けば、フランス語で「La Cite du Vin(ワインの街)」と名付けられたこの博物館のことだ。一方で、外観のデザインには賛否両論あったようで、教えてくれた地元の運転手は「僕はモダンで良いと思っているよ」とウインクした。

地球儀をまわすと、世界中のブドウ産地やワインの経済効果などが画面に表示される

地球儀をまわすと、世界中のブドウ産地やワインの経済効果などが画面に表示される

ワインの一大産地、ボルドーが街をあげて造り上げたこの博物館では、歴史や文化、経済に地学など、多岐にわたる観点から世界中のワインを探求している。ワインに関して思い浮かぶどんな疑問にも明確な回答が、そして思いもよらない発見が見つかるような博物館だ。
とはいえ、子供も楽しめるようにデザインされたスタイリッシュな展示は、ゲーム感覚でまわることができる。同時に、幅広い情報や最新のデジタル技術を駆使した、驚くような切り口に、ワイン好きの大人も満足の内容だ。

「赤いベリー」や「タバコ」、「黒こしょう」など、ワインの香りを構成する要素を嗅いでみよう

「赤いベリー」や「タバコ」、「黒こしょう」など、ワインの香りを構成する要素を嗅いでみよう

例えば、文明のコーナーでは、「ワインとまじない」や「ワインの黄金時代」など、トピックスごとにまとめられた寸劇調の展示を見ながら、ワインの歴史をたどる。1分ほどの快活な寸劇をいくつも重ねると、最終的には古代エジプトから20世紀まで、壮大なワインのドキュメンタリーを鑑賞したような充実感があった。

世界各地のワイン生産者たちが、自分たちのワインについて語る映像展示も圧巻だ。聖者のような東欧の男性やカウボーイハットをかぶった南米の生産者など、歴史や文化、背景が違っても皆一様にワイン作りにかける情熱が伝わってくる。

解説は、日本語を含む9カ国語から選べるので、フランス語や英語ができなくても内容を理解できるのも嬉しい。

ワインをベースにした肝臓の薬のレシピが書かれた古代エジプトのパピラスが展示されている。本当に効くのだろうか

ワインをベースにした肝臓の薬のレシピが書かれた古代エジプトのパピルスが展示されている。本当に効くのだろうか

受付でもらう「トラベルコンパニオン」をかざすと、連動する展示のアトラクションがスタートする。表示言語の選択もこれで行う

受付でもらう「トラベルコンパニオン」をかざすと、連動する展示のアトラクションがスタートする。表示言語の選択もこれで行う

ワインの香りや、色のサンプル、触感など五感に訴える展示も楽しく、実用的だ。「葉巻」や「ベリー」など、ワインの解説で目にする香りを実際に嗅いでみると、自分が想像していた香りとギャップがあるのも新鮮で面白い。

8階のテイスティングバーでは、日本語が堪能なジルダさんが何でも質問に答えてくれる

8階のテイスティングバーでは、日本語が堪能なジルダさんが何でも質問に答えてくれる

7階のレストランには3人のソムリエが常駐し、好みによってワインをお勧めしてくれる

7階のレストランには3人のソムリエが常駐し、好みによってワインをお薦めしてくれる

地元産の素材がふんだんに使われたメニューは、おいしくてボリューム満点だ。

地元産の素材がふんだんに使われたメニューは、おいしくてボリューム満点だ。

味覚も忘れてはならない。入場券には、常時20地域のワインとジュースが揃う最上階のバーで、テイスティングが一杯ついてくる。ズラリと並ぶ世界中のワインをじっくりと吟味する表情は皆真剣そのもの。バーを囲む展望スペースからは、ガロンヌ河とそのほとりにボルドーの街が一望できる。

8階の展望台からは、ガロンヌ河沿いに広がるボルドーの街を一望できる。

8階の展望台からは、ガロンヌ河沿いに広がるボルドーの街を一望できる。

ワインの街にふさわしい新しい玄関口だ。ぜひ、1日かけてゆっくりワインの奥深さを楽しみたい。

ワイン文明博物館ガイド

開館時間:8月31日までは午前9時半~午後7時半。その後は多少変動するので、要確認。
入場料:大人20ユーロ
住所:150, 134 Quai de Bacalan, 33300 Bordeaux, France
http://www.laciteduvin.com/en(英語)

取材協力:ボルドーワイン委員会

PROFILE

「あの街の素顔」ライター陣

こだまゆき、江藤詩文、太田瑞穂、小川フミオ、塩谷陽子、鈴木博美、干川美奈子、山田静、カスプシュイック綾香、カルーシオン真梨亜、シュピッツナーゲル典子、コヤナギユウ、池田陽子、熊山准、藤原かすみ、矢口あやは、五月女菜穂、遠藤成、宮本さやか、小野アムスデン道子、石原有起、高松平蔵、松田朝子、宮﨑健二、井川洋一、草深早希

新旧、東西が交差する魅惑の街 香港(1)

一覧へ戻る

激動の歴史と未来が交差するPMQ周辺を散策 香港(2)

RECOMMENDおすすめの記事