&notes

海外初の「星のや」、バリ島ウブドにオープン

海外初の「星のや」、バリ島ウブドにオープン

「星野やバリ」の運河を模したプール。客室から直接入ることができる=星野リゾート提供

全国各地でリゾートや旅館を運営する星野リゾートは20日、インドネシア・バリ島ウブドに「星のやバリ」をオープンした。高級ホテル「星のや」ブランドとしては海外で初めての開業。星野リゾートとしては、国内外合わせて37施設目となる。星野佳路代表は19日の会見で「星のやクオリティーを反映したいい施設になった。3年後には80%の稼働率になると確信している」と自信をみせた。

海外初の「星のや」、バリ島ウブドにオープン

「星野やバリ」エントランス=星野リゾート提供

星野リゾートは、タヒチでもリゾートホテル「キアオラ ランギロア」を運営しているが、企画やデザイン、建設までを手がけ、「星のや」ブランドとして海外進出するのはバリが初めてとなる。

星のやバリがあるウブドはバリ島中部に位置する高原リゾートで、バリ・ヒンドゥー教徒の信条「トゥリ・ヒタ・カナラ」を体感できる人気の観光地だ。リゾート周辺は美しい棚田の田園風景が広がり、水を管理し棚田を守る伝統的な水利組合「スバック」もリゾートの一部になっている。

海外初の「星のや」、バリ島ウブドにオープン

スバリ村ライスフィールド=星野リゾート提供

海外初の「星のや」、バリ島ウブドにオープン

テガラランライステラス(棚田)=星野リゾート提供

3ヘクタールの施設内には、バリ建築を取り入れたヴィラタイプの客室(30室)や渓谷を臨むレストラン、スパなどが立ち並ぶ。

海外初の「星のや」、バリ島ウブドにオープン

朝食は和食、アメリカン、インドネシアンの3種類から選べる。35万ルピア(税金・サービス料別)=星野リゾート提供

売りの一つは、建物の間を運河のように流れる3本のプール。熱帯雨林の中を流れるような最長70メートルの運河プールはヴィラへも流れ込み、部屋から直接入ることができる、ぜいたくなつくりになっている。

海外初の「星のや」、バリ島ウブドにオープン

リゾート内を流れる運河プール=星野リゾート提供

ジャングルの一部のように建てられたガゼボ(西洋風あずまや)にもこだわった。カフェ・ガゼボは、鳥かごが渓谷の上に浮かぶように建てられ、大自然に囲まれた空間で、インドネシアの地ビールやマンゴーやパッションフルーツなどを味わえる。

海外初の「星のや」、バリ島ウブドにオープン

渓谷の上に建てられたカフェ・ガゼボ=星野リゾート提供

海外初の「星のや」、バリ島ウブドにオープン

カフェ・ガゼボでは飲み物や軽食を楽しめる。コーヒー・紅茶は無料。12万ルピアから(税金・サービス料別)=星野リゾート提供

また、家具や外壁には、伝統的な彫刻カービングが施されるなど細部にも工夫が凝らされ、バリ島の集落に住んでいるような滞在が楽しめるようになっている。

海外初の「星のや」、バリ島ウブドにオープン

「星野やバリ」では、家具や外壁にカービングが施されている=星野リゾート提供

19日の会見で星野代表は、今後の海外進出について「3~5年のうちに数件、海外で展開できると思う」と明かした。また「現地で採用したスタッフをサービスのクリエーターとして考え、意見を積極的に取り入れた。顧客満足度につながるだけでなく、スタッフのやる気や自信にもつながっている。(こうした手法は)今後の海外展開でも重要だと思っている」と話した。

海外初の「星のや」、バリ島ウブドにオープン

会見で「星野やバリ」の魅力や今後の海外展開について語る星野代表

星のやバリ
所在地: Br. Pengembungan, Desa Pejeng Kangin,Kecamatan Tampaksiring, Gianyar 80552 Bali, Indonesia
http://hoshinoyabali.com/
交通:デンパサール空港(バリ国際空港)より車で70分
料金:1泊1室900万ルピア(1円=約0.009ルピア、約8万円台)から。

PROFILE

編集部員・ライター

気になる旅のニュース、お得な旅情報をキャッチした編集部員やライターが、随時情報を掲載していきます。

萬田久子さんら5人、プリンセスクルーズのPRアンバサダーに就任

一覧へ戻る

フロントに恐竜ロボ、部屋にもAIコンシェルジュ “変なホテル”が舞浜に登場

RECOMMENDおすすめの記事