クリックディープ旅

人を寡黙にさせるマイナス20度の車窓風景 世界の長距離列車・シベリア鉄道編(2)

人を寡黙にさせるマイナス20度の車窓風景 世界の長距離列車・シベリア鉄道編(2)

世界で最も長い距離を走るシベリア鉄道のウラジオストク発モスクワ行き列車。9259キロを6泊7日かけて走る。列車のひと晩が明け、ハバロフスクへ。そこから進路を西に向け、ひたすらモスクワに向けて走り続けることになる。今回のハバロフスクからウランウデまでの区間は、シベリアの深部。最もシベリアらしい風景が広がる一帯でもある。この区間を走り抜けるのに丸2日かかった。

《世界最長。シベリア鉄道の旅。下の「ギャラリー」に沿ってクリックを》

前回の旅「今が“行き時”のロシアで6泊7日の列車旅 世界の長距離列車・シベリア鉄道編(1)」は、こちらへ

※取材期間:2017年3月1日~3月3日
※価格等はすべて取材時のものです。

長編動画(再生時間:約60分)


【動画】極寒のシベリア。森には音がなく、動物の気配もない。この光景、どこか吸いこまれていくような透明感がある。じっくり1時間。その怖さ、感じてみてください。

短編動画


【動画】ベロゴルスク駅。点検のために列車の台車を叩く音が、マイナス20度に迫る寒気のなかを流れてくる。耳に届く音も寒さのせいでどこか違う?

今回の旅のデータ

シベリアは広大だ。そのなかを列車は、西へ、西へと進んでいく。その都度、シベリアは違った顔を見せるが、いちばんシベリアらしいエリアといったら、ハバロフスクからバイカル湖までの一帯である。そこから西は、同じシベリアといってもだいぶ開けてくる。シベリアらしさを味わいたかったら、このエリア。人を寡黙にさせる2日間の列車旅だ。

PROFILE

下川裕治

1954年生まれ。「12万円で世界を歩く」(朝日新聞社)でデビュー。おもにアジア、沖縄をフィールドに著書多数。近著に「一両列車のゆるり旅」(双葉社)、「週末ちょっとディープなベトナム旅」(朝日新聞出版)、「ディープすぎるシルクロード中央アジアの旅」(中経の文庫)など。最新刊は、「12万円で世界を歩くリターンズ 【赤道・ヒマラヤ・アメリカ・バングラデシュ編】」 (朝日文庫)。

阿部稔哉(あべ・としや)

1965年岩手県生まれ。「週刊朝日」嘱託カメラマンを経てフリーランス。旅、人物、料理、など雑誌、新聞、広告等で幅広く活動中。最近は自らの頭皮で育毛剤を臨床試験中。

今が“行き時”のロシアで6泊7日の列車旅 世界の長距離列車・シベリア鉄道編(1)

一覧へ戻る

バイカル湖を越え、沿線の各都市へ 世界の長距離列車・シベリア鉄道編(3)

RECOMMENDおすすめの記事